メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

Adobe CC(アドビ クリエイティブクラウド)を格安価格で購入する方法と注意点

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の買い方


Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)は月額料金5,000円でアドビのソフトが全部使えるというかなりお得なものです。

プロが使っている写真加工ソフトも、イラストを描くソフトも、雑誌を作るソフトも、ハリウッドで使われている映像ソフトもその他もろもろプロ御用達のAdobeソフトが全部使い放題

全部使えるうえに利用者にとっては重要な「自分のパソコン環境に合わせて好きなバージョンを入れられる。」
そして一つのAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の契約だけでインストールは2台まで入れられます。(※つまり家にあるデスクトップパソコンと外出用のノートパソコンの合計2台に入れるなど。)

ですが、
月額5,000円ということは、
一年間で6万円です。


そう考えると高い


ということで
格安価格で購入する方法と注意点を教えておきます。


【先に結論】
最後までこの記事を読むのが面倒だという人のために最初に簡単な結論だけ書いておきます。理由や手順は記事を読んでいけば分かります。

Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)は、

Amazon

Adobe認定パートナー

のどちらか安いほうで買う。
学生ならAmazon(アマゾン)で「学生・教職員個人版」を購入。
学生ではない人はAdobe認定パートナー校で「通信講座と学生・教職員個人版」のセットを購入。といった感じ。

「Photoshop(フォトショップ)」か「Lightroom(ライトルーム)」が使えればいい人は、Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)ではなく、
Adobe フォトプラン(Photoshop+Lightroom)
をAmazon(アマゾン)で購入。こちらのほうが圧倒的に安い。

マンガを描く目的の人はAdobeのソフト(アプリ)ではなく、
CLIP STUDIO PAINT EX
のほうが総合的に安くて使いやすい。マンガ制作ならまずはこっちを先に買うべき。

【続きを読む】

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

フォトショップ、スゲーってなる映像が話題になっていたので、いやもっとすごいの他にもあるやんと紹介してみる

matsuko_02
フォトショップを使っていまいちな写真を魅力的な写真に変えてしまうフォトショップマジック。

最近、またスゲエエエエエエエ!と話題になっていた動画があったのでご紹介しておきます。




Body Evolution - Model Before and After
http://youtu.be/17j5QzF3kqE



うん、スゲェ。

相変わらずスゲェんですが、前にもあった有名なヤツのほうがやっぱりもっとスゲェんじゃないかなと思うので知らない人のために紹介しておきます。

【続きを読む】

テーマ : 気になったニュース    ジャンル : ニュース

Photoshop ElementsとPremiere Elements。その実力は…

Adobe Photoshop Elements 11 Windows/Macintosh版Adobe Premiere Elements 11 Windows/Macintosh版Adobe Photoshop Elements 11 & Premiere Elements 11 Windows/Macintosh版

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)や
Premiere Elements(プレミア エレメンツ)を買おうかどうか迷っている人への指南。


Photoshop(フォトショップ)を買いたいと思った時によく『フォトショップは高いからPhotoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)のほうが圧倒的に安いし、こっちを代わりに買おうかな』と結構悩むひとが多いので、その特徴と誰が買うのに適しているか、他にどんな代わりのソフトがあるのかなどを分かりやすく解説しておきます。

ついでに学生版(学割版)はPhotoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)だけの単体では売ってなくて、Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)とPremiere Elements(プレミア エレメンツ)の2つ抱き合わせ版しか売っていないのでPremiere Elements(プレミア エレメンツ)もついでに誰が買うのに適しているかを解説しておきます。

学生版(学割版)のPhotoshop Elements&Premiere Elementsの解説は一番最後(一番下)でしてあります。

(※ただし、これらはあくまでも個人的な見解・意見です。)

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

フォトショップなどのAdobeソフトの「学生版(学割価格版)」やわらか解説 & 一覧リスト

 
<古い記事:この記事は2012年時点での情報記事です。>


あの有名なPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラスレーター)、Dreamweaver(ドリームウィーバー)、After Effects(アフターエフェクツ)などの

Adobeソフトの「学生・教職員個人版(アカデミック版)」をソフトの簡単な解説と共に全部並べました。

※必要になるパソコンの性能表は一番下のほうに記述しておきました。

» 学割版を買う前に知っておくべきルール・手順はこちら

【クラウド版(月額レンタル版)】はこちら
» 【学生チャンスだ!】 Adobe CCの学生(学割)版が期間限定でかなり安いぞ(1ヶ月2,000円台)



[初心者用]

学生・教職員個人版 Adobe Photoshop Elements 12 & Premiere Elements 12 (要シリアル番号申請)
Photoshop Elements(画像制作・写真加工系ソフト)
Premiere Elements(動画編集ソフト)
学割ダウンロード購入→[ Windows版Mac版 ](→始める手順
DVDのパッケージ(箱)で欲しい人用:[ WindowsとMacの両対応版 ]

※初心者が使うエントリーソフト2つのセット。動画編集ソフトをメインで使いたい人で簡易的なものでいい人にはオススメ。» 理由はこちら

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

学生が初めてAdobe(アドビ)のソフトを買う前に見るやわらか教科書。

学生・教職員個人版 Adobe Creative Suite 6 Design Standard Macintosh版 (要シリアル番号申請) 学生・教職員個人版 Adobe Photoshop CS6 Extended Macintosh版 (要シリアル番号申請) 学生・教職員個人版 Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Macintosh版 (要シリアル番号申請)


【注意】2015年2月15日確認
このページの情報は古いためほとんどの情報が現在とは異なります。参考にはなさらず、必ずご自身で各情報を確認するようにお願いいたします。

現在のアドビ関連ソフトはこちらから
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。




学生が初めてAdobe(アドビ)のソフト(※有名なフォトショップとか)を買う前に知っておくべきことを
「スパッと的確に手順を通してわかる解説書」として用意しました。


今、月額レンタル制(月3,000円か4,000円ぐらい)のAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)と、一回買えば永久に使える完全買取版(永続ライセンス)のCS6でどっちが安いのかというのがありますが、
基本的にレンタル制の方が様々なケースはありますが、使い始めて約1年から最大4年で普通にソフトを買うよりも高くなっていきます。

で、完全買取版のCS6を買った場合どのくらいもつのかといえばだいたい6〜7年はもちます。プロでも買ったバージョンを10年以上使っている人も少なくはありません。

高くなってもいいから最新機能を使いまくりたい人はAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)に加入すればいいし、安く済ませたいならまだ売ってるCS6の購入のほうがだいたいは良いでしょう。


高い買い物をする時はこちらのAmazonで安く買うテクニックもお忘れなく。うまくやれば数千円くらい安くなったりしますよ。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

【絶対知っておくべき買い方】Photoshopなどの高価格Adobeソフトを誰でも(会社でも)超得に買う方法

Adobe Photoshop Elements 12 Windows/Macintosh版Adobe Photoshop CS6 Extended Windows版

[最新追記]

現在、一般で販売されているのは、月払いのAdobe Creative Cloudのみです。

一応、まだCS6自体もAdobeサイトでのみ密かに販売継続中です。
「言語を選択」→「日本語」でダウンロード購入が可能。
» CS6正規品(永久ライセンス版)ダウンロード購入

買い切りタイプ(永久ライセンス版)をもっと安く買いたい方はこちらの中古品・新中古品などから。
Adobe ソフトウェア
こちらで買う場合には以下の事に気をつけながら買ってください。

1. 新品か?それとも中古か?
失敗したくないなら新品か新品未開封のものを。

2. それはWin版(ウィンドウズ版)ですか? Mac(マック版)ですか?
自分が欲しい方を見落としたり間違えたりしないように気をつけましょう。

3. それは通常版ですか?アカデミック版(学生版)ですか?アップグレード版ですか?
通常版が普通のソフトウェア。
アカデミック版(学生版)は学生でないと購入できません。
アップグレード版は古いバージョンのAdobeソフトをすでに持っている人専用。

4. 中古の場合、ユーザー登録できるものか
できないと持ち主が違うので商用利用ができない(仕事で使えない)などの問題がでてきます。
5. 中古の場合、譲渡申請の手続きはできるのか
ユーザー登録同様、譲渡申請をしないと購入しても自分は所有者にはなりません。
6. 中古の場合、ライセンス認証は解除されているか
解除されていないとソフトを使えない場合があります。

7. 間違ってソフトじゃなくて解説DVDとか買わないように。



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の賢い買い方はこちらから
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました

【学生はこちら】2014年7月1日確認で学生版が大幅値下げ中。
約3万6,000円→約2万4,000円。

» 【学生チャンス】Adobe CCの学生(学割)版が期間限定でかなり安い(1ヶ月2,000円以下)


2014年『 4月25日 』まででCS6の販売終了が決定
●この記事にある絶対知っておくべき買い方は終了しました。●


今のところ、
誰でも(会社でも)Adobeのソフトを最も安全・簡単・超得に買える方法をご紹介しておきます。
※現在の月額レンタル方式(2,200〜5,000円)のAdobe CC (アドビ クラウド)との比較は後の方に記述してあります。


先に教えておくとここで買うという方法なんですが、
アドビのプラチナスクールパートナー認定校での購入
オススメする理由は以下に↓



Photoshop(フォトショップ)を始めとするIllustrator(イラストレーター)やAfter EffectsなどのAdobeソフト(通常販売品)は値段が高額。一回買ってしまえば半永久的に使えるわけですが単品で約5〜12万円、セットでも15〜33万円というべらぼうな価格帯。

しかし、学生だとその通常価格の半額以下(だいたい6〜8割引き)という価格で買えます。

参考例:学割価格なら約12万円のものがこのくらいまで安くなります。
『フォトショップ』 左がウィンドウズ(Windows)版、右がマック(Mac)版

学生・教職員個人版 Adobe Photoshop CS6 Extended Windows版 (要シリアル番号申請)

新品価格
¥33,831から
(2012/5/25 03:55時点)



学生・教職員個人版 Adobe Photoshop CS6 Extended Macintosh版 (要シリアル番号申請)

新品価格
¥33,831から
(2012/5/25 03:59時点)



でも当然この学割価格、一般の社会人は買えません。
(買える条件が"学生である証明"が必要なので。)

ですが、
実はちゃんと正規の方法で(違法ではなく)新品をほぼ学割価格で買う方法があります。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

写真修正ソフトPhotoshopってやっぱりすげぇなと思う動画(番外編)

rouba_08.gif
メモ辞典の「Photoshop(フォトショップ)」解説ページに入れる候補の動画だったけどワケあってボツにして、もったいないもんでここで公開しときます。

新たに追加した動画は「Photoshop(フォトショップ)」ページにあります。

その他、注目記事
» 「本当は半額以下で買える!?Photoshop(フォトショップ)などのアドビソフトは学生じゃなくても正規の方法で半額以下で買う方法がある!

【続きを読む】

テーマ : お知らせ    ジャンル : ニュース

フォトショップをもっと効率的に安く買う、ちゃんとした方法とか色々と。


まだところどころ中途半端ですが、とりあえずPhotoshop(フォトショップ)の紹介ページをアップしました。

初心者向けのページなので説明はぬるく・広く。
安く買うための方法は熱く記述してます。

【続きを読む】

テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース


amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい