メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【フレッツ光・光コラボ】失敗しないための選び方&申し込み手順

flets_title_03
net_select_03
menu_flets
net_select_07
net_select_09
net_select_11



プランが複雑そうで混乱してしまうフレッツ光(光コラボ)の申し込み・契約。
あまりやる機会がない、前にやったことがあっても忘れてしまいがち。
ということでフレッツ光・光コラボの申し込み・契約の手順を分かりやすく説明していきます。

ちなみに最近はドコモ光SoftBank光が話題ですがあれも中身は「フレッツ光」です。

引越しの場合、フレッツ光はできれば引っ越す日の1週間前〜1ヶ月前の間に申し込んでおくほうが良い。

申し込みから開通までだいたい10日から長いと1ヶ月以上かかるので早めに予約しておく。


現在は、フレッツ系よりもauひかりのほうがおすすめです。
フレッツ系は光コラボという形式が2015年3月から可能になり、フレッツ光全体のキャッシュバック金額が減額され、しかも初期工事費も基本かかるので、まずはauひかりに申し込んでみてauひかりの工事がNGだった場合に光コラボ(フレッツ光)を申し込むという順番がおすすめです。

【続きを読む】

スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

フレッツ光の安心申し込み先。ラプター経由での申し込み手順と注意点

元記事:【フレッツ光】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順



フレッツ光の申し込み手順

rapter_top1

フレッツ光(販売代理店ラプター経由)

このラプターのウェブサイトがフレッツ光を申し込む時、条件が良心的なので現在のところ一番おすすめ。

<申し込みの時のコツ>
直接電話よりネット(申込フォーム)から申し込む

※この手の販売代理店の申込みや問い合わせは、直接書かれている電話番号に電話するよりも申し込みページ(申し込みフォーム)からしたほうが結果的にスムーズで速い。
電話でも受け付けているがちょっと質問などをしようとしても一旦専門の担当スタッフが折り返し数時間後に連絡(営業時間内)します等と言われてしまうなどがあり結局ネットからの申し込みの方がスムーズなケースが多い。


※ネットからインターネット回線を「申込み」や「問い合わせ」する時、必ず折り返しの連絡は「電話」で来ます。
この手順はどこから申し込んでも、必ず同じ手順。
なぜかは知りませんがどこも全て同じ対応だったので何かルールでもあるのではないかと。


申し込みの手順、
まず、「現在のキャンペーン」の確認。

ラプターはウェブサイトの作りが結構ごちゃごちゃしていて分かりづらいので以下に書いておきます。

キャッシュバックはたしか、
「ビックローブ光」ならキャッシュバックで1万円もらえる。
「So-net光」ならキャッシュバックで1万円もらえる。
「Marubeni光」ならキャッシュバックで2万円以上もらえる。
「OCN光」ならキャッシュバックで5000円もらえる。

となっているかと思います。(※金額が変更される可能性もあるので一応ご自身でも確認を。)

※他の販売代理店だと現在、キャッシュバックは0円か5,000円程度です。昔(2〜3年前)なら多い所は3万円ほどのところもありましたがNTTの方針変更で現在はほとんどキャッシュバックはありません。ラプターは高額なほうです。


» フレッツ光(販売代理店ラプター)

販売代理店ラプターで申し込んだほうがいい理由
理由はいくつかありますが、全体的にお客さんが損しないような良心的な料金にしている点です。

他のところと違って毎月の料金が高額になる有料オプション込みの契約などをする必要がなく上記のような高額キャッシュバック金額がもらえるという良心的な点。(※So-net光は除く)

そして、キャッシュバックは「フレッツ光が開通、サービス利用を確認後すぐ申請」と他と違って「もらい忘れをねらった罠」が無い。


他のところで申込むとキャッシュバックの申請が7ヶ月後や11ヶ月後と忘れた頃に申請をする必要があり、その指定した月の内に申請しないともらえない等、結構な割合の人が「もらい忘れ」をしてしまうようにしています。

ラプターはそういった「もらい忘れ」を狙わず、最初のフレッツ光支払い確認後すぐ申請できてキャッシュバックがもらえるというところも良心的。



●キャッシュバックの適用条件は、

「フレッツ光 + プロバイダー」の申し込み。
または「光コラボ」での申し込み。

つまり普通にフレッツ光を契約するだけです。
フレッツ光とプロバイダーは必ずセットで契約しないとインターネットそのものが使えないのでこれは最低限の契約。光コラボも中身はフレッツ光とプロバイダーのセット。

それ以外の有料オプションをいろいろ付けないと実はキャッシュバックはもらえないといったような難しい条件などはありません。(※So-net光は除く)

※プロバイダーについては後のほうで説明します。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

auひかりをジェイ・コミュニケーション経由で申し込み・契約手順と注意点

元記事:【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順

ここでは、販売代理店(ジェイ・コミュニケーション)から申し込むことで総合的に安くauひかりを契約する方法を説明していきます。

「auひかりを安く契約する」

» auひかり(ジェイ・コミュニケーション)

この販売代理店を通して申し込むことで通常よりも最終的なキャッシュバック金額などが多く、結果的に安く契約できます。


【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

レジェンド経由でのauひかりの申し込み手順と注意点など。

ここでは、販売代理店レジェンド経由でauひかりを契約する方法を解説しておきます。

「auひかりを安く契約する」

» auひかり(販売代理店レジェンド経由)

ここの販売代理店を通して申し込むことでキャッシュバック金額が多く、結果的に安く契約できます。


注意しておく点は、キャッシュバックはちゃんと「申請の手続き」をしないともらえません。

申し込みの時にキャッシュバックなどはどういう手続きをすればもらえるのかを確認しておくことを忘れないように。

【続きを読む】

テーマ : インターネット関連    ジャンル : コンピュータ

【フレッツ光を安く契約する】エフプレインでの申込み手順(月額料金で安く編)

net_flets_fplain_title_03
http://www.bc-hikari.com/
【賢い引っ越し術】引越先でインターネット(固定回線)を始める手順
● フレッツ光、失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順
http://memogoto.blog.fc2.com/blog-entry-217.html



料金の確認とフレッツ光申し込み手順(エフプレイン経由)
 » フレッツ光

申し込むならここが安心。
キャッシュバックの申し込みにも面倒さ・もらい忘れ狙いなどの罠が無く良心的。
キャッシュバック金額はそれほど高くはないが、その代わり月々の料金のほうで安くしてる。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい