メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【フレッツ光・光コラボ】失敗しないための選び方&申し込み手順

flets_title_03
net_select_03
menu_flets
net_select_07
net_select_09
net_select_11



プランが複雑そうで混乱してしまうフレッツ光(光コラボ)の申し込み・契約。
あまりやる機会がない、前にやったことがあっても忘れてしまいがち。
ということでフレッツ光・光コラボの申し込み・契約の手順を分かりやすく説明していきます。

ちなみに最近はドコモ光SoftBank光が話題ですがあれも中身は「フレッツ光」です。

引越しの場合、フレッツ光はできれば引っ越す日の1週間前〜1ヶ月前の間に申し込んでおくほうが良い。

申し込みから開通までだいたい10日から長いと1ヶ月以上かかるので早めに予約しておく。


現在は、フレッツ系よりもauひかりのほうがおすすめです。
フレッツ系は光コラボという形式が2015年3月から可能になり、フレッツ光全体のキャッシュバック金額が減額され、しかも初期工事費も基本かかるので、まずはauひかりに申し込んでみてauひかりの工事がNGだった場合に光コラボ(フレッツ光)を申し込むという順番がおすすめです。

【続きを読む】

スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順

au_hikari_title_03.gif
損しないインターネット回線の選び方
menu_flets
キャッシュバックに割引にデカいauひかり7
インターネットの速度が20倍。NURO光
格安で穴場なADSL




ここではauひかりの特徴や、損しないために知っておくべき注意点、そして申し込み・契約・開通までの手順を分かりやすく解説していきます。

スマホやタブレットも家の中であればauひかり(光回線)を使って通信制限(速度制限)を気にする必要もなく安定してネット使い放題にできるのでauひかりを入れておくのはおすすめ。

引っ越し先でauひかりを入れたい場合は、できれば引っ越す日の1週間前〜1ヶ月前くらいに申し込んでおくのが良い。
申し込みから開通までだいたい2週間から長いと1ヶ月以上かかるので。

「細かい説明はいいからauひかりは結局どこから申し込めば得なのか知りたい!」という人のために先に結論を書いておきます。
» auひかり(正規代理店 NNコミュニケーションズ経由)
PCでのページ画面はごちゃごちゃしてて分かりづらいですが現在、知る限り一番良心的な販売代理店。
NNコミュニケーションズ経由でのauひかりの申し込み手順と注意点

※サイトに入ると「音声ガイド」を聞きますか?という黒い画面が出てきますが、「閉じる」で大丈夫です。

現在は、こちらのSo-netキャンペーンサイトから申し込んだほうが2000円程度お得です。
» auひかり(So-net限定キャンペーン)(NNコミュニケーションズ)
こちらも正規代理店NNコミュニケーションズの運営サイトです。
auひかり(So-net限定キャンペーン)の注意点と申し込み手順



まず、auひかりは
「フレッツ光・光コラボ系」等と比べてどちらが安いか

「戸建てプラン(ホームプラン)」も「マンションプラン」も月額料金は現在フレッツ光とauひかり、どちらもほぼ変わりません

一見、フレッツ光・光コラボ系のほうが安くみえますが、実際の料金には含まれるはずのプロバイダー料金を隠していたりほとんどの人が適用できない最大割引金額を適用していたり別途工事費がかかったり、有料オプションを追加するはめになったりなどで実際は結局安くはないことが多く、そもそも月額料金自体が大きく安くなっていることもありません。


それに対して、auひかりのほうが料金もシンプルでわかりやすく、もらえるキャッシュバック金額も大きく、工事費も実質0円にできて、乗り換えの場合も前のネット回線を解約する時に発生する解約金(違約金)も3万円まで代わりに払ってくれる場合もあるのでauひかりのほうが総合的に見て安くて品質もよくて得です。

料金や快適さも、選ぶプロバイダーによって大きく変わったりなどしないので選び方もシンプルで難しくないのも特徴。(フレッツ光等の場合、選ぶプロバイダによってはインターネットの速さ・快適さも落ちる傾向があります。)


さらに、auユーザーなら「auスマートバリュー」を適用すれば最大2年間は割引料金になり、さらに安くすることもできます。
※例えば家族2人がauユーザーなら最大毎月4,000円引きなど。
ついでに「auでんき」も契約すれば家の電気代が最大5%キャッシュバック。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

auひかり|NNコミュニケーションズの限定申し込み先の注意点と手順

前回記事:
【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順

ここでは、優良販売代理店NNコミュニケーションズ経由での「auひかり特別申し込みサイト」の申込手順や注意点などを解説していきます。


「auひかりを安くスムーズに契約する」

通常のNNコミュニケーションズのauひかり申し込みサイトではなく、プロバイダーがSo-net限定で特別に通常よりキャッシュバック金額が多い特別サイトです。


auhikari_NNコミュニケーションズ
※画像はパソコン(PC)で見た時のものです。スマホでは見た目が変わります。

» auひかり(正規代理店 NNコミュニケーションズ)
※サイトに入ると「音声ガイド」を聴きますか?という黒い画面が出てきますが、聞かずに「閉じる」で大丈夫です。

【NNコミュニケーションズとは】
安心の優良な販売代理店です。
キャッシュバックの高さを売りにしているところは悪質な契約をするところが多いなかでNNコミュニケーションズは現在auひかりの申し込みで条件も対応も良心的なので一番おすすめ。

他と違ってキャッシュバック金額を多く見せる水増し行為もなく、他と違って複数の有料オプションを追加しなくても大きめのキャッシュバックがちゃんともらえます。

そして、キャッシュバックのもらい忘れを狙ったような「罠」が無くすぐにキャッシュバックがもらえる良心的な販売代理店
知るかぎりでは一番評判の良いauひかりの申し込み先です。

※他のところから申し込むとキャッシュバックがもらえるのは約1年後でしかもその時の申し込み受付期間中に自分で申請しないともらえないなど「もらい忘れしやすい」条件になっています。(だいたい半数以上の人がもらい忘れしてます)


【NNコミュニケーションズ特別サイトの注意点】

(1)So-net限定のauひかり申し込みサイト

ここで紹介しているのはプロバイダーがSo-net限定の申し込みサイトです。

通常のNNコミュニケーションズのauひかり申し込みサイトからだとso-netのほかにBiglobeやniftyなど色々なプロバイダーの中から選べますが、この特別サイトは自動的にプロバイダーはSonetのみになります。
そのかわり通常の申込サイトよりキャッシュバック金額が高くてお得。

プロバイダーがSo-netだとどんなデメリット・欠点があるのかというと特にはありません
auひかりはどのプロバイダーを選んでも品質は基本的に変わりません。
ただし、So-netは嫌いだとか他のプロバイダーにすることで何かメリットがあるという人は通常の申し込みサイトをお勧めします。


(2)電話番号は問い合わせ専用。申し込みはネットから。
サイトには電話番号が記載されていますが電話からは問い合わせのみ受け付けていて、申し込みの受付はネットから(お申し込みフォーム)のみです。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

auひかり代理店NNコミュニケーションズの評判・注意点と申し込み手順

ここでは、販売代理店NNコミュニケーションズ経由でのauひかり申し込みの評判・注意点と申込手順などを解説していきます。


「auひかりを安く契約する」

NNコミュニケーションズauひかり申し込み画面
※画像はスマホで見た時のものです。パソコン(PC)では見た目が少し変わります。

» auひかり(正規代理店 NNコミュニケーションズ)

※現在、サイトを見に行くと「音声ガイドのナレーション」を聴くかどうかの画面が出てきますが、聴かないでそのまま「閉じる」でいいです。

このNNコミュニケーションズが現在auひかりの申し込みで条件が良心的なので一番おすすめ。

キャッシュバック金額を多く見せる水増し行為もなく、他と違って複数の有料オプションを追加しなくても大きめのキャッシュバックがちゃんともらえます。

そして、キャッシュバックのもらい忘れを狙ったような「罠」が無くすぐにキャッシュバックがもらえる良心的な販売代理店
知るかぎりでは一番評判の良いauひかりの申し込み先です。
※他のところから申し込むとキャッシュバックがもらえるのは約1年後でしかもその時の申し込み受付期間中に自分で申請しないともらえないなど「もらい忘れしやすい」条件になっています。(だいたい半数以上の人がもらい忘れしてます)

auひかりの申込みのやり方としては、
電話よりもまずネットから「申し込み・問い合わせ」したほうが話は早い。
電話で質問などをしようとしても一旦専門の担当スタッフが折り返し数時間後に連絡(営業時間内)しますと言わたりなど結局「問い合わせ・申し込み」フォームで必要な情報や質問などを入力していった方が基本的に手間もかからない。
そもそも混雑してて直接電話してもなかなか出ないケースも結構ある。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。

ccoverview_01
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の簡単な解説と何が便利で何が欠点か、賢い買い方・上手な買い方などをサクッと説明しておきます。

「今まで10万〜32万円もしてたAdobe(アドビ)ソフト一式が月額払いのレンタル方式にすることで月々5,000円(一部ユーザーは2,000〜3,000円)程度で全て利用できるようになったよ!」というもの。

「しかも新しい機能も新作ソフトも完成したらどんどん提供するし、それも追加料金とか一切無しで使えるよ!」
というもの。

今までのように大金を用意してソフトを買わなくても気軽にしかも常に最新のプロも使ってる高価なAdobe(アドビ)のソフト全部(まだまだ増える予定)をたった数千円で使えるようになったということ。実際にいままでのソフトを購入していた時より入りは安い。

買い方は大きく二つで
アドビストアから直接サービスに加入する月払い方式(クレジットカードが必要)』と
プリペイド式で購入して利用する方法(一定期間分 前払い方式)』があります。

どうすれば安く買えるかはアドビが値下げキャンペーンをやっているのでそれでどちらがどのくらい安く買えるかは変わります。現在のキャンペーンを見たい場合は、下の『キャンペーン一覧はこちら』から確認してください。

どちらでも値段がそんなに変わらない時は『プリペイド(ダウンロードカード)』の方を選んだほうが良いです。その理由はこの記事の真ん中あたりに書いておきました。

学生の場合は現在、学生版が大幅値下げ中なのでこちらから
【学生チャンス】Adobe CCの学生(学割)版が期間限定でかなり安い(1ヶ月2,000円以下)



Adobe Creative Cloud 値段チェック 〓ショートカットリンク〓

【要確認】Adobe(アドビ)の現在の『キャンペン一覧はこちら
・Adobe(アドビ)オフィシャルでのキャンペン一覧はこちら

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]
期間別一覧(プリペイド・ダウンロード)
3ヶ月版 (通常価格15,750円)
(※価格は変動します。安い時は14,800円〜12,000円の時があります。)
12ヶ月版 (通常価格63,000円)
(※価格は変動します。安い時は58,000円〜48,000円の時があります。)
消費税分安くなってさらにすぐに使える
12ヶ月版のダウンロード購入
[ Windows版 ]・[ Mac版 ] ※プラットフォームがwin・macと別々になっていますが両方とも両プラットフォーム対応です。どちらを買ってもwinとmac両方で使えます。

» Amazon(アマゾン)で安く買うための裏テクニック

Adobe CC それぞれのサブスクリプション一覧

価格をまとめてチェックする用ページはこちらから
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)購入基地

AdobeがCreative Cloud(クリエイティブ クラウド)にユーザーを移行させたがってるし、移行するメリットも結構そろってきたのでAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の知っておくべき事・上手な買い方などを解説します。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

【プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧】

Canon インクジェット複合機 PIXUS MG6230WH 光ナビUI 6色W黒インク 自動両面印刷 有線・無線LAN搭載 サイレントモード搭載 ECO設定付 ホワイトモデル PIXUSMG6230WH

プリンターのインクをちゃんと安く買えるようにマジで激安のお店をピンポイントでチョイスしておきました。


探すの結構面倒くさいはずなので


対象メーカーは、
canon(キャノン・キヤノン) / EPSON(エプソン) / brother(ブラザー) / hp(ヒューレッド・パッカード)


いろんなネットショップが、安い!激安!最安に挑戦!とかいろんな広告で謳ってますが、「じゃあどこが一番安いんだ!多すぎてわかんないぞ!」と迷うと思います。
というか、安い値段で買おうとすれば間違いなく迷って途方に暮れることでしょう。


そんなわけで、数百のショップから送料なども考えてトップクラスのマジで安いところをチョイスしておきました。


ここで紹介してる数サイトで比較するだけで「え!こっちで買ったほうが千円も安かった!損したー!」なんて思いをすることはまず無いはずです。

インクが切れた時はもちろん、年賀状とかいろいろ印刷・プリントする機会がある時期の前に、前もって買っておくことをオススメします。
時期によっては在庫切れの可能性もあるので。





【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

Adobe Creative Cloud(アドビ クラウド)は損か得かの結論【Adobeどうする勝手会議パート2】

【追記】ここのページ情報は現在古くなっております。
現在はいろいろとAdobeがルールを変えて、よりAdobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)が扱いやすくなってきています。


Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)で新しくルール変更された点は、

・今まではAdobe CCで新しいバージョンが出ると1年の猶予の後、強制的に新しいバージョンに移行させられるというルールだったが、猶予が「5年を検討」もしくは「強制移行そのものを撤廃」の可能性に変わった。

・CS6(旧バージョン)もダウンロードして使えるようになった

・学生料金が4000円という割高価格から3000円へとやっと学割といえるレベルに価格が下がった。



【最新記事・最新情報はこちらから】
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)購入基地。結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。

結局一番安く済ませるにはCS6のパッケージ(永続ライセンス)を購入して4〜10年くらい使い続けることです。だいたいプロの人でも6〜10年アップグレードもせずに使い続けている人もけっこういます。

OSが他のソフト等と合わなくなってきたらそのPC(パソコン)はCS6専用の作業用サブPCにして使い続ければ10年使い続けるのも可能です。

CS6で主要ソフト全部入りのマスターコレクションはだいたい10〜12万円。10年で比較すると、CS6は買った金額のまま10年で10〜12万円の最初の出費だけですが、クラウドだと約50〜60万円になります。

» 社会人(大人)がCS6を買うにはこちら
» 学生がCS6を買うにはこちら



adobe creative cloud
photographie.com
Adobeどうする勝手会議
【パート1】
どうすんのコレ? アドビのアップグレードポリシー変更がひどい

【パート2】
アドビクラウドは損か得か、利点・欠点・懸念すべき点

【パート3】
アップグレードすべきかクラウドに乗り換えかの答え

[ The Hope List ]
アドビへの要望リスト





【パート2】アドビクラウドは損か得か、利点・欠点・懸念すべき点

総額30万円以上のソフト群が月5,000円で使い放題のAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)


実際には「得」か「損」かの調査結果。

先に結論を言います。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

フォトショップをもっと効率的に安く買う、ちゃんとした方法とか色々と。


まだところどころ中途半端ですが、とりあえずPhotoshop(フォトショップ)の紹介ページをアップしました。

初心者向けのページなので説明はぬるく・広く。
安く買うための方法は熱く記述してます。

【続きを読む】

テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース


amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス