メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
25
26
27
28
02

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

楽天スマホ(楽天モバイル)を買う前に知っておくべき注意点メモ。




月額料金が安くて電話料金も「楽天でんわ」を使えば半額以下になり、選べるスマホも多くて安い、格安スマホの中でも多くの人が使っている楽天スマホ(楽天モバイル)ですが、

買う・申し込む前に知っておくといい注意点を書きだしておきました。


» 楽天モバイル(楽天スマホ)


楽天モバイルの魅力は、「スマホの安さ」と「電話料金の安さ」と大手としての回線スピードの「安心感」です。
特にスマホの安さは圧倒的にすごいです。
2000円引きや1万円引きがあるのは当たり前で、たまに期間限定で90%値引きもあったりします。


現在、格安スマホ(格安SIM)サービスのインターネットのスピードや快適さは楽天モバイルを含めた主要会社がほとんど横並び状態。
だいたいどこの格安スマホサービスもお昼12時台にはつながりにくくなり、夜11時くらいにはスピードが遅めになります。使っていて不便は感じませんが、安い分キャリア(docomoなど)と比べれば快適さは当然劣ります。

格安スマホサービスで最も快適なところを求めるのであれば、現在、スピードが快適で満足度が高いのはUQ mobileです。
安心・快適を最優先にするならUQ mobileがおすすめですが、
選べる料金プランが少なく複雑。楽天モバイルよりも料金が高いという欠点があります。

その次が、mineo(マイネオ)
マイネオは料金プランが安めで自由度も高くインターネット品質も良い。その代わり選べるスマホが少ない。楽天モバイルよりも料金プラン選びがちょっと複雑という欠点があります。

インターネットの「スピード・快適さ」は基本的に月額料金に比例します。
1位 キャリア(docomo・au・Softbank)
2位 UQ mobile
3位 楽天モバイル・mineo(他、主要格安サービス会社)

こういった感じです。
ちなみに個人的な感想でいうと楽天モバイルで特に不便は感じません。

とにかくスマホ込みで安く始めたい人には「楽天モバイル」がおすすめ。
インターネット品質の良さを優先したいなら「mineo(マイネオ)」がおすすめ。

【続きを読む】

スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

楽天モバイル( 楽天スマホ )で失敗しないためのスマホの選び方

 
前記事:
楽天スマホ(楽天モバイル)を買う前に知っておくべき注意点メモ。


楽天モバイルで選べるスマホは現在「約13種類」もありますが、
選びやすいようにそれぞれをわかりやすく説明しておきます。


楽天モバイル(楽天スマホ)



【先に結論】
楽天モバイル(楽天スマホ)でのスマホ選びの結論を先に書いておくと、

おサイフケータイ機能も付いていて各性能も安心の日本メーカースマホの
arrows M03

性能は低くてもいいからとにかく安さ最優先なら
ZTE BLADE


スマホ自体は高くてもいいから高性能優先なら

スマホ自体の性能が一番高い(おサイフケータイなどの日本的な機能は無し)
HUAWEI Mate 9

このどれかがおすすめ。



楽天モバイル:スマホ一覧】
楽天スマホ一覧
http://mobile.rakuten.co.jp/product/?l-id=header_pc_product

【続きを読む】

テーマ : AV機器・家電製品    ジャンル : ライフ

【楽天モバイル】販売終了した端末(楽天スマホ)一覧

楽天モバイルで販売されていた格安スマホですでに終了したものを記録しています。
2017年時点からの記録です。

2016年以前で販売終了した端末の記録はありません。

関連記事:
» 楽天モバイル( 楽天スマホ )で失敗しないためのスマホの選び方

» 楽天スマホ(楽天モバイル)を買う前に知っておくべき注意点メモ。




スマホ(1)ASUS ZenFone 2 Laser 台湾メーカー おすすめ
スマホの性能★★★☆☆
これが、現在の「The 格安スマホ」。
安くて性能もそこそこ良い格安スマホの基本。

欠点は、
Wi-Fiは少し弱め。安いぶんメーカーサポートは貧弱。

支払いは、「※メモリ2GB・ストレージ16GBの場合
分割払い:月約1,251円(税込)×24ヶ月 / 一括払いなら27,800円(税込30,024円)
ストレージ(データ保存容量):16GB/画面の大きさ:5インチ/カメラ:1300万画素
ワンセグ(テレビ)機能:× /お財布ケータイ機能:× /テザリング:○

(ZenFone2 Laserでの料金例)通常の3.1GBプランでの月額料金なら
月額1,600円(税込1,728円) + スマホ代金約1,251円で
24ヶ月間は月額2,979円(税込)|24ヶ月以降は月額1,728円(税込)






スマホ(2)ZenFone2 台湾メーカー 
スマホの性能★★★★☆
ZenFoneスマホの上位機種。
サイズは大きめ。普通のスマホの一回りほど大きい。安さを犠牲にした性能重視の作りだがバッテリーの持ちがあまり良くないので性能面でも価格面でもあまりおすすめはできない。

支払いは、「※メモリ4GB・ストレージ32GBの場合
分割払い:月約2,061円(税込)×24ヶ月 / 一括払いなら45,800円(税込49,464円)
ストレージ(データ保存容量):32GB/画面の大きさ:5.5インチ/カメラ:1300万画素
ワンセグ(テレビ)機能:× /お財布ケータイ機能:× /テザリング:○

(ZenFone2での料金例)通常の3.1GBプランでの月額料金なら
月額1,600円(税込1,728円) + スマホ代金約2,061円で
24ヶ月間は月額3,789円(税込)|24ヶ月以降は月額1,728円(税込)



【続きを読む】

テーマ : デジタル家電・AV機器    ジャンル : 趣味・実用

UQモバイルの格安スマホ(UQスマホ)の失敗しない選び方と注意点

uqmobile_smaho_00.jpg

格安スマホ・格安SIMの中で一番つながりやすくネットのスピードも速くて快適といろいろある格安SIMサービスのなかでも評判が最も良いUQモバイル(UQmobile)。

そんなUQモバイルですが、選べるスマホが多くて料金プランも複雑。
だいたい12種類くらいあって選びにくいです。(2017年1月17日時点)

なので、
選びやすいように簡単で分かりやすい説明を交えてUQモバイルのスマホの特徴や注意点などをサクッと紹介していきます。

» UQ mobile(ユーキュー モバイル)


【選び方のコツ】
先に「料金プラン」を決めておいたほうが選びやすいです。プランとスマホの組み合わせによってスマホ代金の割引(マンスリー割)があったり無かったりするので。
ただし、スマホ代金の割引狙いで料金プランを選ぶと高い月額料金になって結局 損するので、普通に料金プランだけでまず選んだほうがよいです。

「いやだ!スマホがほぼタダで付いてきて始められるヤツがいい!」という人は、
● iPhone 5s(料金プラン:ぴったりプラン|たっぷりプラン)
● ZenFone 2 Laser(料金プラン:ぴったりプラン|たっぷりプラン)
● P9 lite PREMIUM(料金プラン:ぴったりプラン|たっぷりプラン)
の3つから選びましょう。
端末(スマホ)の購入方法を「端末アシスト(24回払い)」にすれば、この3つのスマホは実質100円で買えます。
ただし、「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」だと3年目以降は月額料金が通常よりも1000円から3000円ほど高くなってしまうので注意です。



スマホの説明の前に簡単におすすめの料金プランの説明をしておきます。

電話はほとんどしないインターネットをメインにした利用なら
●「データ高速プラン」月980円

電話番号は欲しい、もしくはキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換え(MNP)予定の人は、
●「データ高速 + 音声通話プラン」月1680円

※「データ無制限プラン」というのもありますが、普通の人は選ぶ必要はありません。インターネットのスピードが遅くてさらに料金が高いので。



電話を結構多くするという人は
●「ぴったりプラン」月2,980円
電話料金がお得。ただし、高速インターネットのデータ容量は「1GB」(※最初の約2年間だけ2GBに増量)。

●「たっぷりプラン」月3,980円
ぴったりプランのさらに約2倍のプラン。
電話料金がさらにお得。高速インターネットのデータ容量は「3GB」(※最初の約2年間だけ6GBに増量)。


料金プランはざっくりこんな感じです。
基本は電話を多くする人でないかぎり、「データ高速プラン」「データ高速 + 音声通話プラン」がおすすめ。(データ容量は3GBです)

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

mineo(マイネオスマホ)の申し込む方法と確認しておく5つの注意点

mineo_title_01.jpg

» mineo(マイネオ)

料金プランとかの選び方がよく分からないという人はこちらの記事から。
mineo・マイネオ格安スマホを買う前に知っておく注意点・デメリットのメモ


mineo(マイネオ)の申し込み手順・契約手順

ここではマイネオで格安スマホを始める人を基準に申し込む方法と申し込む時の注意点5つを順番にわかりやすく説明していきます。

【注意点1】
<まず、申し込む前に用意しておくもの>


・クレジットカード(本人名義)
mineo(マイネオ)の申し込みにはクレジットカードが必要になります。

クレジットカードを持っていない人は楽天カードがおすすめです。審査が他のクレジットカードと違って厳しくなくすぐ作れるのが魅力で、楽天ポイントも貯まります。

他には支払い額が自動で1%引きになる「P-oneカード」もおすすめ。

【クレジットカードを作る時の注意点】
「キャッシング枠」「リボルビング払い(リボ払い)」は「0円・利用しない」にするようにしましょう。この2つは借金する機能なので。
それと、
20代でクレジットカードをまだ持っていない人は1枚は作っておきましょう。30代以上でクレジットカードを1枚も作った事がない人はカード審査にも通りづらくなります。注意です。


他に用意するものは、
「デュアルタイプでの申し込み」。または、「スマホを分割払いで購入」の場合は、
・本人確認書類2つが必要になります。
1つめが、本人確認書類。免許証とか保険証といったものの中でどれか1つ。
2つめが、補助書類。電気ガス水道などの公共料金の領収書(3ヶ月以内のもので住所がわかるもの)

「シングルタイプだけどスマホを分割払いにしたら本人確認書類も用意しなきゃいけないの面倒くさいな。」と思う人はスマホを一括払いにするのも手です。一括払いなら本人確認書類の提出は必要ないので。


あと、申し込む途中でmineo(マイネオ)のアカウント「eoID」というものも作るのでその「ID」と「パスワード」を何にするか前もって決めておくと楽です。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

mineo・マイネオ格安スマホを買う前に知っておく注意点・デメリット



「新しいフツー」始まる。ということで、
ここではマイネオ(mineo)で格安スマホを始めようとしている人のために買う前・利用する前に知っておくべき注意点やメリット・デメリットをわかりやすく書き出しておきました。

» mineo(マイネオ)
※よく読み方をミネオと間違えてしまう人がいますが、mineoでマイネオと読みます。スペルはmyneoじゃなくてmineo。

現在、格安スマホサービス会社の中でもマイネオ(mineo)は品質も悪くなくサービスプランの自由度が高くてコストパフォーマンスも高いので利用者の好感度も評判も良いおすすめできる格安スマホサービス会社です。


ということで、
格安スマホを始めるうえで失敗した!と後悔しないためにマイネオ(mineo)の特徴や「料金プランの選び方」・「スマホ(端末)の選び方」・「申し込む手順と注意点」などのポイントを分かりやすく説明しておきます。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

ドコモの格安スマホに騙されるな!docomo格安スマホ悪い評判・評価

docomo_smaho.jpg
http://news.mynavi.jp/articles/2016/10/20/mono/


ドコモが648円の格安スマホ「MONO」を発表しました。


これはうまいですねー。

だまし方が。



やっぱり超大手企業だけあって優秀な商人根性・商人センスを持った人がいるのでしょうか。


はい、結論を先に言うと
この「ドコモの648円格安スマホ」は他の格安スマホと比べて
まったく安くありません。


それはなぜか。


【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

学生ならワイモバイル?その前に知っておくべきYモバイルの注意点3つ

ymobile_title_01
http://www.ymobile.jp/cp/2016gakuwari/
» ワイモバイル


学生ならY!mobileというようなCM。
新生活を始める学生のためにワイモバイルのスマホ料金は安いのか?高いのか?と注意点を解説しておきます。



【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

【au】WiMAXに合わせてauスマホを最安プランにする5つの方法

 
スマホを通信制限無しのネット使い放題にするためにWiMAXの契約とスマホの料金を安くしてトータルで毎月安くする方法を紹介しておきます。

目標は「スマホの毎月の料金」と「WiMAXの毎月の料金」を合わせて月6,000円〜7,000円台。

元記事:
スマホで通信制限を受けず、快適なまま毎月の料金も安くする方法の話


auのスマホの場合、どう組み合わせればWiMAXと合わせて毎月安い料金にできるのかをまとめました。

【au(エーユー)の場合】

auでは残念ながらデータ定額プランのままではそこまで安くすることはできません。
データ定額プランのままで最安にした場合、旧プランと新プランどちらも月7,000円を超えます。

他の方法(月1,000円〜)も含めて月額料金を最安プランにする方法としては、現在5つの方法があるのでその5つをご紹介しておきます。

おすすめは、
解約金を払わないで済むauスマホを最小プランにして「auスマホ」と「格安スマホ」と「WiMAX」の3つ持ちで月約6,000円〜7,000円。
または、
auから格安スマホに完全乗り換え(MNP)して「格安スマホ」と「WiMAX」の2つ持ちで月約6,000円〜7,000円。


まず、auのデータ定額プランのなかで最安プラン2つ
【1】<旧プラン>
・LTEプラン    :934円
・インターネット接続サービス料(LTE NET) :300円
・LTEフラット(7GB)   :5,700円
合計:7,488円(税込)

【2】<新プラン(カケホとデジラ)>
・電話カケ放題プラン   : 2,700円
・インターネット接続サービス料(LTE NET) :300円
・データ定額2(2GB)   :3,500円
合計:7,020円(税込)
料金プランの各項目はこちらを参考
旧プラン:http://www.au.kddi.com/iphone/ryokin/lte-charges-simulator/
新プラン:http://www.au.kddi.com/iphone/ryokin/charges-simulator/


次に、
auの契約プランから「ネットを利用できる項目」を外して安くする方法

※auのスマホ自身から直接ネットにつなぐ機能は無くなりますが、WiMAXを使えばWi-Fiで普通にスマホでネットできます。
【3】<旧プランからネット利用プランを排除>

・「LTEプラン」(通話基本料)だけの契約(LTE NETとLTEフラットは外す。):934円
合計:1,008円(税込)誰でも割を適用時。適用しない場合は、2,017円

新プランの人も旧プランに変更できます(2015年4月確認時点)。ただし、au側がいつルールを変更するかわからないので直接auのサポートセンターかauショップで実際に確認してください。

<新プラン(カケホとデジラ)からネット利用プランを排除>
不可
※新プランの電話カケ放題プランとデータ定額はセットなのでデータ定額だけを外すことはできない。

このネット利用プランだけを外す場合の欠点
(1)auのメールアドレスが使えなくなる。
(2)WiMAXのスマホ割が適用対象外になってしまう(auスマートバリューmine
(3)やっぱりスマホのネット回線は優秀。
WiMAXでネットはできますが、やはりスマホのネット回線はWiMAXよりも優秀でつながりやすいわけです。
WiMAXが使えない場所や混雑してつながりにくくなった時などには「困った時のスマホのネット回線」ということで使える状態にしておけないのが欠点。
※一応、WiMAXでもauのスマホ回線(au 4G LTE)を使えますが、利用料が月+約1,000円かかり選ぶルーターによっては使えない場合もあります(月の利用量は7GBまで)。


この方法でWiMAXとセットで利用する場合、

・auのLTEプラン(通話基本料)だけの契約:1,008円(税込)
・WiMAX(BroadWiMAX最安プラン)3,084円(税込)
※WiMAXでauのスマホ回線(au 4G LTE)を使う場合、追加で月1,084円(月7GBまで)

「スマホ」と「WiMAX」の合計月額料金:4,092円でスマホをネット通信制限無しの使い放題にすることが可能。(利用3年目以降は月4,632円)

通常料金のWiMAXの場合だと月3,991円なので合計で月4,999円。(利用3年目以降は月5,538円)


【続きを読む】

テーマ : au    ジャンル : 携帯電話・PHS


amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス