メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
02

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【Adobe警戒情報】Adobeソフトのパッケージ版が無くなる可能性。

Adobe Photoshop CS6 Windows版Adobe Illustrator CS6 Windows版Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Windows版Adobe Creative Suite 6 Master Collection Windows版

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)を買う予定の人はこちらから
Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)。結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。

【2013年3月初旬時点情報】

最初に情報を見かけたのは2月28日ですが、PCソフトを扱っている小売店あたりからAdobeのCS6ソフトが「もう入荷予定が無いので在庫限り」という情報を目にしました。

追加情報(3月末の公式発表)
パッケージ販売のCreative Suiteの注文受付は2013年4月30日までとのこと。(※現段階では通常版とアップグレード版が対象。)


この時点ではただその小売店の都合かと思っていたのですが、

【続きを読む】

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース

【緊急拡散!】Adobe Creative Cloudが月1900円くらいでいけるっぽいという秘密。

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]
このキャンペーンは終了しております
現在、Adobeのソフトが1年契約で全部使い放題になるサービス「Adobe Creative Cloud」がかなり叩き売りみたいな価格になっているのでお知らせしておきます。

対象はAdobeのソフトをアップグレードしようか迷っている人。
すでにCS3〜CS6を持っている人ですね。



今、2つのキャンペーンを併用することで実質月額1,890円くらいで買えるっぽいです
(通常は月々5,000円。アップグレードユーザーはキャンペーン中で月々3,000円

ちなみにパッケージソフトのアップグレード版の早見表はこちら
» Adobeソフトのアップグレード早見表(単体ソフト編)
» Adobeソフトのアップグレード早見表(セットパッケージ編)

【続きを読む】

テーマ : ソフトウェア    ジャンル : コンピュータ

Adobe。アップグレードかAdobe Creative Cloud(アドビ クラウド)に乗り換えかの答え。【Adobeどうする勝手会議パート3】

※この記事は2012年7月時点のものです。現在の状況とはかなり変わっており、当てはまらない状況が多々あります。

既存Adobeユーザーはそのままパッケージ版のアップグレードをすべきか、Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)に乗り換えるべきかの答え。



Adobeどうする勝手会議
【パート1】
どうすんのコレ? アドビのアップグレードポリシー変更がひどい

【パート2】
アドビクラウドは損か得か、利点・欠点・懸念すべき点

【パート3】
アップグレードすべきかクラウドに乗り換えかの答え。

[ The Hope List ]
アドビへの要望リスト





【パート3】アップグレードすべきか、アドビクラウドに乗り換えかの答え。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

Adobe Creative Cloud(アドビ クラウド)は損か得かの結論【Adobeどうする勝手会議パート2】

【追記】ここのページ情報は現在古くなっております。
現在はいろいろとAdobeがルールを変えて、よりAdobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)が扱いやすくなってきています。


Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)で新しくルール変更された点は、

・今まではAdobe CCで新しいバージョンが出ると1年の猶予の後、強制的に新しいバージョンに移行させられるというルールだったが、猶予が「5年を検討」もしくは「強制移行そのものを撤廃」の可能性に変わった。

・CS6(旧バージョン)もダウンロードして使えるようになった

・学生料金が4000円という割高価格から3000円へとやっと学割といえるレベルに価格が下がった。



【最新記事・最新情報はこちらから】
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)購入基地。結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。

結局一番安く済ませるにはCS6のパッケージ(永続ライセンス)を購入して4〜10年くらい使い続けることです。だいたいプロの人でも6〜10年アップグレードもせずに使い続けている人もけっこういます。

OSが他のソフト等と合わなくなってきたらそのPC(パソコン)はCS6専用の作業用サブPCにして使い続ければ10年使い続けるのも可能です。

CS6で主要ソフト全部入りのマスターコレクションはだいたい10〜12万円。10年で比較すると、CS6は買った金額のまま10年で10〜12万円の最初の出費だけですが、クラウドだと約50〜60万円になります。

» 社会人(大人)がCS6を買うにはこちら
» 学生がCS6を買うにはこちら



adobe creative cloud
photographie.com
Adobeどうする勝手会議
【パート1】
どうすんのコレ? アドビのアップグレードポリシー変更がひどい

【パート2】
アドビクラウドは損か得か、利点・欠点・懸念すべき点

【パート3】
アップグレードすべきかクラウドに乗り換えかの答え

[ The Hope List ]
アドビへの要望リスト





【パート2】アドビクラウドは損か得か、利点・欠点・懸念すべき点

総額30万円以上のソフト群が月5,000円で使い放題のAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)


実際には「得」か「損」かの調査結果。

先に結論を言います。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

【連絡事項】 Adobeどうする勝手会議のパート2記事近々アップ予定

よりAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)が現状で有効な商品かどうか、どうすれば一番安いのかなどの比較情報などを記載する予定です。

微妙に過去記事の要望すべきリスト【The Hope List】などの情報は更新していたりします。

読んでない人はどうぞ。

» Adobeどうする勝手会議 【The Hope List】

» Adobeどうする勝手会議 パート1

テーマ : 新商品    ジャンル : ニュース

Adobeどうする勝手会議 【The Hope List】

まだまだどうする中...
※Adobeサポート担当の方に「せっかくだから参加して」って言ったら、「諸事情で直接参加はできませんが、ちゃんとこの要望リストは責任をもってフィードバック対象とし関係部署に送ります。」だそうです。
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)

» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)に関するよくある質問
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)FAQ

» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)購入基地
 (結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。)

» Adobeどうする勝手会議パート3
 (アップグレードすべきかクラウドに乗り換えかの答え)
» Adobeどうする勝手会議パート2
 (アドビクラウドは損か得か、利点・欠点・懸念すべき点)
» Adobeどうする勝手会議パート1
 (どうすんのコレ? アドビのアップグレードポリシー変更がひどい)

現段階(2012年6月24日)でのAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の状況。

【追記(2013年10月時点)】
Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)。結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。


    クラウドがオトクな人は
  • 年間6万円程度でアドビソフトが全部使えるなら安いと思うヘビーユーザー(元から仕事で複数のアドビ製品を使いこなし、複数のPCやiPadなどを使っている人など)
  • もともと最上位パッケージのマスターコレクションを買おうと思っていた人。
  • 一括で10万円以上ものソフトを買うのはちょっと怖いけど毎月5,000円で全部のソフトが使えるなら全然いい!という人

    逆にクラウドをオススメできない人は
  • すでにアドビのパッケージ版ソフトを2つ以上持っている人。
  • できるだけトータルで(総合的に)出費を安く抑えたいと思っている人
  • 学生

で、現状での一番お得な選択は?

実質、新しいバージョンが発表されてもそのアップグレード金額に見合った「こんなに使いやすくなった!」とか「こんなスゴイこともできるようになった」とかいうのをあんまり感じないので一番安上がりな買い方はパッケージ(製品)版を買って、そのバージョンで5〜6年ぐらい使い続ける事が一番ベストな選択かと。

で、そろそろこのソフト古いし買い替えようかなと思った時にアドビのソフト(クラウドも含む)を新しく買いなおすか、他の競合ソフト(かなり安い)を買うか選べばいい。その時にはアドビも安くなっているかもしれないし、2年半以上使っていれば確実にクラウドよりトータルコスト(出費した金額の合計)は安くなってる。

ただ、最近のAdobe(アドビ)はクラウドに誘導するためにアップグレードの価格をわざと高くしたり、購入ルールを厳しくしてきているのでAdobe(アドビ)のソフトを買うかどうかまだ検討している人はいまのうちに買っておくことをオススメします。

今のところ、学生ならアカデミック版(学生・教職員向けパッケージ)で超格安の学割価格(60%〜80%以上割引)で買えますし、

学生以外の社会人でも今なら、指定校ライセンス版で超格安で買えます。(※もしかしたらそのうち廃止になるかもしれません。可能性はあります。)



指定校ライセンス版のことがすぐに分かる記事
» 意外と知らない。社会人でも新品のAdobe(アドビ)ソフトを半額以下で買える正規の方法。


» 指定校ライセンス版のわかりやすい解説はこちら


具体的にこれから要望を出すとすれば…
「現在のAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の欠点」

【続きを読む】

テーマ : クリエイティブなお仕事    ジャンル : 学問・文化・芸術

Adobeどうする勝手会議 パート1

Adobeどうする勝手会議パート2、パート3を公開しました。

【パート2】Adobe Creative Cloud(アドビ クリエーティブ クラウド)は損か得か、利点・欠点・懸念すべき点

【パート3】アップグレードすべきかAdobe Creative Cloud(アドビ クリエーティブ クラウド)に乗り換えかの答え




まだまだどうする中...
2011年10月だか11月の衝撃的な出来事。
アドビがスティーブ・ジョブスの独裁スタンスのマネをしたのかどうかは定かではありませんが、いきなり超横暴な発表がなさたわけです。

» アドビ製品のアップグレードルールの衝撃的な変更
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)

» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)に関するよくある質問
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)FAQ

ということで、本題へ

Adobeどうする?勝手会議:要望すべき事柄リスト[ The Hope List ]だけのページはこちら

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス