メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

あの未来の道具レベルな防水スプレー「Never Wet」が買えるようになったそうだ

約1年半前に紹介したあの最強の超撥水、防水スプレー「Never Wet」の記事へのアクセスが急に増え始めたので原因はなんだ?と調べたらどうやらアメリカでついに販売を開始したらしいので売ってるところとNever Wetの使用方法をご紹介しておきます。

【前回の記事】
超撥水!最強の防水スプレー「Never Wet」が未来の道具レベル!


neverwet2_03



 
「Never Wet」を知らない人のためにこのスプレーのスゴさがわかる動画


NeverWet Arrives - Hands-On Product Demonstration
http://youtu.be/DZrjXSsfxMQ


スプレーを吹きかければ、服でも靴でもコンクリートブロックでもiPhoneでもあらゆる水や油をはじきます。


それが今回ついにアメリカの「ホーム・デポ」というところで販売(ネット通販)を開始。
価格は$19.97(約2,000円)


安くないですか?こんなにすごいのに。

neverwet_02
「Never Wet」販売ページ

今後、販路を拡大していく予定とのこと。


「Never Wet」の正しい使い方。


Rust-Oleum NeverWet Application Video
http://youtu.be/BmMGv8A4QvE


スプレーは2種類、最初に下地の「ベースコート」を吹き付けてしばらく乾かした後、「トップコート」のスプレーを吹き付けてまた30分ほどおいて完成らしい。


気になる点として、

・色は無色透明?それとも少し白くなる?
・耐久性は?
・摩擦には強い?
・効果が無くなる温度は?
・持続時間は?
・一缶でどれぐらい使える量なのか?
・人体への影響は?吸引した場合、体に付いた場合どうなる?

などなど色々疑問はありますが、やっぱり期待してしまいます。


【追加記事】
あの魔法な超撥水スプレーNever wet(ネバーウェット)がAmazonでしれーっと販売されてたけど…




探せば、「Never Wet」以外でも似たような超撥水スプレーはあります。
例えばすでに販売されている「Ultra-Ever Dry」や、
テレビのほこ×たてで出てきた「フロロサーフ」。

ただ、両方とも使用時にはしっかり専用のマスクやゴーグル・グローブを装着して注意しながら吹き付けなければいけません。
つまり、誤って吸ったりするなよ?体に付着したりしないように気をつけろよ?という気軽にスプレーするというフランクさはありません。

そもそも「フロロサーフ」は一般向けには販売されておらず業務用でしか販売していません。




その点からして「Never Wet」は、もし持続時間も長く摩耗性も問題なく人体への影響もほぼ皆無ならこれは世の中を変える魔法のスプレーです。

これ人体にも影響がなければ全身に吹き付けて水に飛び込んだら浮いたりとか…はしないか。
体にスプレーしたら水に浮けるスプレー欲しいですね。海難事故とか溺れ死ぬこととかなくなりそうじゃないですか。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス