メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
10
12
13
15
16
17
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。

ccoverview_01
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の簡単な解説と何が便利で何が欠点か、賢い買い方・上手な買い方などをサクッと説明しておきます。

「今まで10万〜32万円もしてたAdobe(アドビ)ソフト一式が月額払いのレンタル方式にすることで月々5,000円(一部ユーザーは2,000〜3,000円)程度で全て利用できるようになったよ!」というもの。

「しかも新しい機能も新作ソフトも完成したらどんどん提供するし、それも追加料金とか一切無しで使えるよ!」
というもの。

今までのように大金を用意してソフトを買わなくても気軽にしかも常に最新のプロも使ってる高価なAdobe(アドビ)のソフト全部(まだまだ増える予定)をたった数千円で使えるようになったということ。実際にいままでのソフトを購入していた時より入りは安い。

買い方は大きく二つで
アドビストアから直接サービスに加入する月払い方式(クレジットカードが必要)』と
プリペイド式で購入して利用する方法(一定期間分 前払い方式)』があります。

どうすれば安く買えるかはアドビが値下げキャンペーンをやっているのでそれでどちらがどのくらい安く買えるかは変わります。現在のキャンペーンを見たい場合は、下の『キャンペーン一覧はこちら』から確認してください。

どちらでも値段がそんなに変わらない時は『プリペイド(ダウンロードカード)』の方を選んだほうが良いです。その理由はこの記事の真ん中あたりに書いておきました。

学生の場合は現在、学生版が大幅値下げ中なのでこちらから
【学生チャンス】Adobe CCの学生(学割)版が期間限定でかなり安い(1ヶ月2,000円以下)



Adobe Creative Cloud 値段チェック 〓ショートカットリンク〓

【要確認】Adobe(アドビ)の現在の『キャンペン一覧はこちら
・Adobe(アドビ)オフィシャルでのキャンペン一覧はこちら

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]
期間別一覧(プリペイド・ダウンロード)
3ヶ月版 (通常価格15,750円)
(※価格は変動します。安い時は14,800円〜12,000円の時があります。)
12ヶ月版 (通常価格63,000円)
(※価格は変動します。安い時は58,000円〜48,000円の時があります。)
消費税分安くなってさらにすぐに使える
12ヶ月版のダウンロード購入
[ Windows版 ]・[ Mac版 ] ※プラットフォームがwin・macと別々になっていますが両方とも両プラットフォーム対応です。どちらを買ってもwinとmac両方で使えます。

» Amazon(アマゾン)で安く買うための裏テクニック

Adobe CC それぞれのサブスクリプション一覧

価格をまとめてチェックする用ページはこちらから
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)購入基地

AdobeがCreative Cloud(クリエイティブ クラウド)にユーザーを移行させたがってるし、移行するメリットも結構そろってきたのでAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の知っておくべき事・上手な買い方などを解説します。



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の今までの過去のソフト(買い切りタイプ・永久ライセンス版)よりも優れている点

・今まで10〜32万円もしていたAdobe(アドビ)ソフト一式が月額払い5000円(一部ユーザーは3000円)程度で全て利用できるようになった

・しかも新しい機能も新作ソフトが出ても追加料金など一切無しで月々の固定料金を払っていれば使える
※今までは新しいバージョンが約1.5〜2年周期で出ていて新しいバージョンが欲しければその度にさらに追加で数万円払わなければいけなかった

・PC(パソコン)2台に入れられる。(家のPCに入れて、出かける時用のノートPCに入れて使うなどが可能に。)※2カ所同時起動はできません。

【追加】
ついでに、Creative Cloud(クリエイティブ クラウド)サービスに加入すれば旧バージョンの「CS6」も使えるようになりました。
Creative Cloud(クリエイティブ クラウド)がまだ不備が多くて「使えない!」となった時もCS6を使えるので安心。
Creative Cloudは”CS6以降のアプリケーションがいつでも全て使えるサービス”となります。
Creative CloudでCS6をインストールする方法


Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]

Adobe Creative Cloud
製品内容
使える有名なソフト群のものすごく簡単な説明一覧

» 3ヶ月版 [プリペイドカード]
» 12ヶ月版 [プリペイドカード]

» 12ヶ月版 [ダウンロード]

個別クラウド(単体サブスクリプション)一覧

推奨スペック

» 直接アドビから加入(30日の無料体験加入もあります)
(※注意)クレジットカードによる毎月自動引き落としです。



あと、現在の普通に購入するタイプ(永久ライセンス版)はCS6を最後にもう新しいバージョンCS7などは出ません。
最新バージョンは月額レンタルのCreative Cloud(クリエイティブ クラウド)しか選択できないということです。




でも、Creative Cloud(クリエイティブ クラウド)略して「CC」にも欠点はいくつかあります。
Creative Cloud(クリエイティブ クラウド)略して「Adobe CC」の
欠点(デメリット)



1. 月額と書いてありますが一応、年契約による割引価格です。

つまり月々5000円とありますが、それは1年間必ず払い続けることが前提の価格。
途中で解約するにはまだ払っていない残りの月の半額分(ひと月2,500円分)をキャンセル料として払わなければなりません。
実際の月たびの契約の場合は月8,000円です。

※ただし、これはクレジットカードでの毎月払いでの話で、プリペイド(ダウンロードカード)で購入した場合は関係ありません。


2. 契約のバリエーションがまだ少ない。

『アドビのソフトを全部レンタルで月5000円』・『ソフト1つをレンタルで月2200円』
今のところこの二つしか選択肢がありません。
ちなみにソフト1つずつのレンタル契約は「単体サブスクリプション」という名前です。

【追記】現在、限定で月1000円でPhotoshop&Lightroomのレンタルセットも出たり出なくなったりしています。

アドビのソフトは主要なもの(有名なもの)だけでも10個ぐらいあります。それなのにこの「Adobe CC」は全部まとめて契約か、一つずつ契約(サブスクリプション)の基本選択肢は2つだけです。
ソフト単体でのレンタル料金は高いのでソフトを3つ以上使う人は自動的に全部レンタルの月5000円の契約しかありません。


3. まだ不備やバグなどが多々改善されていない。

一番多いのは認証関係。認証に失敗して一時的に使えない状態になったとかの報告が散見されています。違法コピーに対抗すべく認証システムを導入しているのでしょうが、違法コピー犯罪者よりも正当な購入者に迷惑をかける状況に。

あとは、バージョン別の互換性の問題。意味わからない人は特にわからなくていいですが、仕事をしている方ではこれの問題でCCをやめて以前使っていたバージョンを再び使う人も結構います。


4. 露骨に"罠"が仕掛けてある。

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)に入ると自動的に契約が更新されるように設定されていることがあるため、気付かずに契約期間を過ぎると勝手に契約が更新されます。ずっと使い続けると決めていない人は「契約を更新しない設定」にちゃんと設定されているか確認しておきましょう。
※ダウンロードカード(プリペイド)で契約した人はクレジットカード情報を登録しなければそういったことは気にする必要はありません。料金が自動で引き落とされる状態になっていませんので。

あと、契約を途中で解除したくなってもネットからは契約の解除がかなり困難です。基本電話での解約申し込みをしなければいけません。あからさまに少しでも契約解除を断念させるような作りになってます。
[ 参考 ] Adobe Creative Cloud 年間プラン解約の手順がとんだ無理ゲー


とりあえず、以上のデメリット(欠点)があることは把握しておいてください。




Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の
賢い買い方・上手な買い方


上手な購入の仕方を指南しておきます。
ここで教えるのはAdobe CCの新規購入・継続購入を検討している人向けの指南です。
 ・学生用(学割価格版)は現在2014年7月1日時点で確認したところ大幅値下げ中です。
 ※会社での複数購入(グループ版)の買い方の指南はまた後日記事を追加します。

ちなみにソフトひとつずつの契約(サブスクリプション)も同様の買い方が合理的です。
Adobe(アドビ)のソフトを1つか2つしか使わないという人は単体サブスクリプションで買ったほうが安く済みます。(※アドビのキャンペーンやセールの内容によっては普通のクラウドのほうが安くなる場合もあります。)


できるだけ安くおさえたいならAdobe CCよりも「CS6」を買って4年〜10年程度使い続けるほうが一番安く済みます。

学生が「CS6」を買う場合はこちら【この買い方は終了しました】
「CS6」を一般人(社会人)や会社で買う場合はこちら【この買い方は終了しました】

CSシリーズをすでに持っている方はこちらから
「Adobe ソフトのアップグレード早見表」早わかりまとめ(単体ソフト編)
「Adobeソフトのアップグレード早見表」早わかりまとめ(セットパッケージ編)


Adobe CC(クリエイティブ クラウド)を安く買うには、結構アドビがキャンペーンをやっているのでそのアドビのキャンペーン内容Amazonでのキャンペーン・セール一覧ページによって一番安く買う方法はそれぞれ変わってきてしまいますが、

とりあえず、一番合理的な買い方は、

直接Adobe CC(クリエイティブ クラウド)に加入するのではなく、
Amazon(アマゾン)で売ってる「3ヶ月版のプリペイド(ダウンロードカード)」を購入して使うことです。

Adobe Creative Cloud 3ヶ月版 [ダウンロードカード]

それはなぜか、

【1】本来、年契約で月5,000円という価格ですが、プリペイド式なら3ヶ月版でもだいたい月5000円分になります。(だいたい15,000円前後。アドビで直接3ヶ月だけ契約するとなると24,000円です。)



【2】出費(価格)が大きくない。
12ヶ月版だと一括で約6万円の出費。アドビから直接サービス加入だと毎月小額の5,000円で使えるようになるのが大きなメリットですが、12ヶ月版だとそのメリットがありません。
しかし、3ヶ月版なら約15,000円。小額で払える範囲としてお財布にもやさしい。



【3】「3ヶ月版は3ヶ月単位で契約更新の有無を確認することになるが、そのたびに購入するのは面倒じゃないか?」という意見もあると思いますが、別に3ヶ月たびに毎回買う必要はありません。直近で必要だと思う期間分だけ「まとめ買い」すればいいので。

3ヶ月版を2つ買えば半年分の購入。3つ買えば9ヶ月分の購入。無理矢理1年縛りに固定されないところが魅力。3ヶ月使ってしばらくは使わないがまた数ヶ月後に使うとなればその使わない期間、無駄に払わなくて済む事にもなります。



【4】常に効率よく安いときに買って使える体制にしておける。

ダウンロードカードは日によっては急激に安くなったり値段が高くなったりと価格が結構変動します。

定期的に価格を確認していれば安いときに買い溜めできます。

※だから定期的に価格を確認しやすいように、このページの上の部分や下の部分にすぐにダウンロードカードの値段がチェックできるようリンク一覧を用意してあるわけです。
定期的に価格をチェックしやすい一覧だけのページはこちら(Adobe CC 購入基地)

例として、12ヶ月版は高いときは63,000円ですが、2〜3ヶ月に1日ぐらいは48,000円ぐらいにまで下がることもあります。(※普通に安いときは56,000円くらい)
3ヶ月版の「CC」なら15,000円が12,000円台になっていたり等。



【5】時間がない時の「とりあえず買い」。
できるだけ安く購入したいのは当たり前。でも「すぐ必要になったから安く買いたいけど今の値段で買うしかない!」という場合にも3ヶ月版なら値段が高くても3ヶ月分です。

直接契約なら年契約なので1年分の高い買い物になってしまいます。ダウンロードカードの12ヶ月版も同様です。が、3ヶ月版ならとりあえず高い値段で妥協しても12ヶ月分よりも損する分が少ないということ。

買ったその3ヶ月分を使っている期間(3ヶ月)の間にここでアドビのキャンペーンやAmazonの価格変動を定期的にチェックしておけば、安く買えるチャンスはやがてやってきます。
※その前にAdobe CCは初めて使う人には「無料で約1ヶ月使える体験版」を用意しているので最初は買わなくても無料で30日は使えます。
30日間の無料体験(左のやつ)



【6】自分に適した新サービスプランが出た時に臨機応変に対応できる。
3ヶ月単位の購入なのでアドビが新しくもっと安くて自分にあったサービスプランを発表した時にもし1年契約していて残りがまだ9ヶ月ぐらい残っていたらどうですか?
3ヶ月版なら3ヶ月単位で切り替えができるのでそうした無駄の発生期間をかなり短くできます。



【7】クレジットカードを使わなくていい。

クレジットカードを持っていない人なら普通に助かるのですが、クレジットカードを持っている人でも個人情報の流出事故によってカード情報が流出して勝手にクレジットカードが悪用されてしまう可能性があります。

実際にサイバー攻撃によってAdobeは290万人の個人情報・クレジットカード情報を流出しました。(2013年10月4日)
» Adobeのオンラインサービスで290万人の個人情報流出 最重要ソースコードの流出も
» 【アドビ、後でこっそり発表】顧客情報、実は3800万件をハッカーに盗まれてました
» Adobeから流出したパスワードでのFacebookへの不正アクセスが判明

Adobeに預けていた個人情報は流出し、流出したメールアドレスには実際に大量の迷惑メールが届くようになるという多くのユーザーへの実害が発生しています。


ダウンロードカード(プリペイド)でクラウドに加入していた人は最小限の被害と最小限の手間が発生しましたが、クレカで加入していた人には大問題の被害です。自分のクレカが勝手に使われる可能性が出てきたわけですから。







もちろん、12ヶ月版の価格がかなり安くなっていた場合(4万2000円ぐらいとか、キャンペーン適用で実質3万円とか)、12ヶ月版を買ってしまうのもアリです。それは自分の状況によって得か損かはご自分でご判断を。



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)のダウンロードカードの使い方はカードに書いてある手順どおりにやるだけ。

↓ 記載されてるウェブサイトにアクセス(https://creative.adobe.com/redeem

↓ Adobe IDをまだ持ってない場合はそこでAdobe IDを作成

↓ カードに記載されてるシリアルコードを入力

↓ クラウド契約完了(すでに契約中で追加購入ならそのまま利用期限が延長します)

・ クラウドページに入って使いたいソフトをダウンロードして使う。

正式な手順説明ページはこちら
ダウンロードカードでAdobe CC (アドビ クリエイティブ クラウド)を開始する手順





Adobe Creative Cloud 値段チェック

【要確認】Adobe(アドビ)の現在の『キャンペン一覧はこちら
・Adobe(アドビ)オフィシャルでのキャンペン一覧はこちら

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]
期間別一覧(プリペイド・ダウンロード)
3ヶ月版 (通常価格15,750円)
(※価格は変動します。安い時は14,800円〜12,000円の時があります。)
12ヶ月版 (通常価格63,000円)
(※価格は変動します。安い時は58,000円〜48,000円の時があります。)
消費税分安くなってさらにすぐに使える
12ヶ月版のダウンロード購入
[ Windows版 ]・[ Mac版 ] ※プラットフォームがwin・macと別々になっていますが両方とも両プラットフォーム対応です。どちらを買ってもwinとmac両方で使えます。

» Amazon(アマゾン)で安く買うための裏テクニック


楽天での価格は…と言いたいところですが、楽天のショップはいまのところ正式な販路ではないようなので売っていても今のところそこで買うのはオススメしません。


CSシリーズを持っていて永続ライセンスのCSソフトのアップグレード版を買いたい人はこちらから
「Adobe ソフトのアップグレード早見表」早わかりまとめ(単体ソフト編)
「Adobeソフトのアップグレード早見表」早わかりまとめ(セットパッケージ編)



〓 ソフト1つ(単体)単位のサブスクリプション一覧 〓

Adobe Creative Cloudの中のソフトは個別にも販売されています。
※オンラインコードというのはプリペイドカードのデータ販売版です。消費税分だけちょっと安くなっています。(中身はプリペイドカードと同じ)

Photoshop(フォトショップ) CC
Adobe Photoshop CC (最新版) 3ヶ月版 [ダウンロードカード]
 [ 3ヶ月版 ]・[ 12ヶ月版 ]・[ 買ってすぐ使えるオンラインコード12ヶ月版 ]
持ってて損することがまずない、画像作成・写真加工などに使う最強ソフト(アプリ)。
これがあれば静止画系の作業で不可能なことはほぼ無い。



Illustrator(イラストレーター) CC
Adobe Illustrator CC (最新版) 3ヶ月版 [ダウンロードカード]
 [ 3ヶ月版 ]・[ 12ヶ月版 ]・[ 買ってすぐ使えるオンラインコード12ヶ月版 ]
印刷系のデザインの仕事に必要なソフト(アプリ)。商品のロゴデザイン・ポスターデザイン・パンフレットデザイン・看板デザイン・名刺デザイン等々の制作に必要。



Adobe InDesign CC (最新版) 3ヶ月版 [ダウンロードカード]
InDesign(インデザイン) CC [ 3ヶ月版 ]・[ 12ヶ月版 ]
出版系デザインで使うメジャーなソフト(アプリ)。ページ数の多いもの、雑誌や書籍のデザイン・作成に威力を発揮する。



Adobe Muse CC (最新版) 3ヶ月版 [ダウンロードカード]
Muse(ミューズ) CC [ 3ヶ月版 ]・[ 12ヶ月版 ]
ホームページやWebサイトを作ったことが無い人でも簡単に作れちゃうソフト(アプリ)。



Adobe Dreamweaver CC (最新版) 3ヶ月版 [ダウンロードカード]
Dreamweaver(ドリームウィーバー) CC [ 3ヶ月版 ]・[ 12ヶ月版 ]
Muse(ミューズ)よりも高度なWebやスマホアプリが作れる人用のWeb制作ソフト(アプリ)。これがあると制作がかなり楽に。



Adobe Premiere Pro CC (最新版) 12ヶ月版 [ダウンロードカード]
Premiere Pro(プレミア プロ) CC [ 3ヶ月版 ]・[ 12ヶ月版 ]
映像編集ソフト(アプリ)。映像や音を切ったり貼ったりつなげたり。実写映像系の映像制作に強い。



After Effects(アフター エフェクツ) CC [ ダウンロードカードなぜか発売日未定 ]
映像制作ソフト(アプリ)。モーショングラフィックスや特殊効果・エフェクトの追加など色々できる動画制作ソフト。アニメ系・CG系の映像制作に強い








●ダウンロードカード価格一覧
それぞれの左から3番目にあるのはオンラインコードといってプリペイドカードのダウンロード版で消費税がかからない分だけ安く買えてすぐに使えます。中身は同じです。
※Windows版と書かれていますが、WindowsでもMacでも両方使えます。(問い合わせて確認済み)

  


  


  


  


 

 

 

 



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい