メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
29
30
06

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【自殺との戦争】無料映画『Saving 10,000 – 自殺者1万人を救う戦い』

jisatuwar_01

日本の自殺者数の多さに警鐘を鳴らすアイルラン­ド人の作品。
無料で公開されている約50分のドキュメンタリー映画。

なぜ日本人に自殺者が多いのか。精神性や社会、マスコミ、風土、政府の問題点を細かく探っている。


日本はどうすれば自殺との戦いに­勝利できるのか



 
この作品の中ではリアルな自殺の実情が紹介されている。

・なぜ生命保険会社は自殺に保険を払うのか

・自殺で死亡する確率は約10分の1と驚くほど低い

・電車への飛び込み自殺で死ぬ確率は約60%と実は高くない。
生き残ってしまった人は自殺実行時よりさらに過酷な人生が待ち受けている

などなど。


『Saving 10,000 – 自殺者1万人を救う戦い』


監督:レネ・ダイグナン監督/撮影:マーク=アントアン・アスティエ
http://youtu.be/oo0SHLxc2d0



日本が自殺に反撃を開始する日はいつなのか


ちなみにイラク戦争における民間人死亡者はおよそ5,000人。日本は年間自殺者30,000人


自殺者1万人を救う戦い - SAVING 10,000 - Winning a War on Suicide in Japan
公式サイト:http://www.saving10000.com/





あと、日本の警察は犯罪検挙率を偽装して良く見せるために殺人の可能性が高い事件でも面倒だったり犯人逮捕が困難と判断したものを「自殺・病死」として処理しているようだ。闇は何重にも重なっている。
Japan's police see no evil
http://articles.latimes.com/2007/nov/09/world/fg-autopsy9


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 気になる映画    ジャンル : 映画


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい