メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

便利すぎてテレビで紹介・おすすめされないテレビ番組全録画レコーダー(最大4ヶ月まるごと録画)があるという話

garapon_tika_02
http://youtu.be/kSsUaGUvPrk

テレビ番組を見るのに「ガラポンTV」という録画レコーダーが便利すぎてなかなかヤバいという話。

ガラポンTVhttp://garapon.tv/

まず、名前は残念な感じですが、これがかなり優秀なものであると。
なんでこんな名前にしたんでしょうね。なんかガシャポンみたいなガチャガチャみたいなまるでおもちゃのような名前なんで軽く見てしまいますけど。

これまでのガラポンTVの経緯
ガラポンTV初号機(1号機):申し込みが多かったため抽選で販売。生産終了
ガラポンTV弐号機(2号機):初号機からより使いやすくパワーアップ。2012年で完売。
ガラポンTV参号機(3号機):チャンネル数も二号機より増加。

ガラポンTV四号機(4号機):価格を値下げ。リリース2週間で在庫切れに。

現在、正規の直販サイトは常に売り切れ状態で、残念ながら全くあてになりません。
買うなら、在庫のある「Amazon」か「ロジテックの通販ショップ」になります。

意外にも「Amazon」よりも「ロジテック」のほうが安い
ロジテックでのガラポンTVの状況
AmazonでのガラポンTVの状況

ロジテックで、「ガラポンTV」と一緒に録画期間を最大4ヶ月まで増やせる「外付けハードディスク」も一緒に購入するのがおすすめ。ロジテックダイレクトは、ハードディスクで有名なメーカーの直販サイトなので製品の品質も安心でさらに安く買えたりもできる。
ガラポンTVで全録期間を2ヶ月〜4ヶ月に増やす手順


garapon_review_01
» これは革命的!テレビ番組 全録機ガラポンTVの評判まとめ


まず、「ガラポンTV」というのは今までのレコーダー(録画機器)を超える
「テレビ番組全録画レコーダー」

手っ取り早く言うと、

「テレビの見方が変わる(かなり楽になる)」
とにかくテレビ番組が見やすくなる。テレビをあまり見ていなかった人でもネットのニュースをちょっと見る感覚でテレビ番組を見れるようになり、短時間で情報収集もしやすくなる。

「番組を見逃してしまった」なんて事が無くなる
テレビ番組表の記録を確認しながら録画予約をするという手間なことをする必要がありません。なぜなら8ch(全チャンネル)まるごと録画しているから。
「録画予約をし忘れた!」「番組を見逃した!」という失敗がありません。

「テレビは録画しているけど見る時間が無くて貯まっていくばかり…」というのが解消できる。
ネット経由で見れるのでネットがつながる場所であれば、パソコンでもスマホからでも好きな時間に見れます。



いままではテレビ番組を録画するとき普通は「Blu-rayレコーダー」とか「HDDレコーダー」を使って録画していたりしたわけです。

例えば、代表的なものだとこういうものや
HDDレコーダー(ハードディスクレコーダー)テレビ番組6チャンネルを約1週間分録画
テレビ番組6チャンネルをまるごと約一週間全録画できるHDDレコーダー

こういうもの
Blu-rayレコーダー(ブルーレイディスクレコーダー)約2週間分の番組を一時保管
3D対応 HDD搭載ブルーレイレコーダー REGZAブルーレイ DBR-M190【新品】【取寄品】[送料540円]

もちろん、これらのレコーダーは優秀なんですが、
値段がかなり高い上に同時に録画できるチャンネル数が少なかったりなど全部まるごと録画できるわけではありません。





で、ここで知っておくと便利なのが、「ガラポンTV」のライフハックな便利さ。


値段は通常のレコーダーより安く、便利さは通常のレコーダーよりも上。(個人的な見解ですが。)
そして月額利用料も無し。

一般のレコーダーなどは同じメーカーの違う機器と連携させることでめちゃくちゃ便利になりますが、一式揃えるにはお金がかかる(10万円越えは当たり前)。

そんな一式を高い金額で揃えるよりもガラポンTV一台でかなり便利になるならそちらの方がいいんじゃないかと。レコーダー一台分よりも価格も安いし。



ガラポンTVのスゴさ

・まず価格が安い

一般的なレコーダー(5〜10万円)よりも安い値段の約4万円。



・レコーダーとしての性能も文句無し ( » 製品仕様

(1)地デジ8チャンネル全ての番組を24時間2週間分全録画(4TBのHDを追加すれば4ヶ月分全録画が可能)
※もちろん関東以外の地方ローカル局も設定可能→チャンネル設定

(2)全てを録画するので見たい番組を決めて録画予約する必要がない

(3)ツイッターやネットニュースで話題になったものも後から簡単に見ることが可能なので「番組を見逃す」ということが無くなる

(4)検索機能が優秀。番組名はもちろん番組内の字幕からも検索できるので番組中の発言などから検索も可能でその検索したシーンから再生することも可能

(5)録画したものはネット経由で見るため国内でも海外でも場所に関係なく見れる

(6)もちろん録画中の番組も追っかけ再生で見れる。

(7)残しておきたい番組は「お気に入り」にいれておけば録画期間2週間〜4ヶ月を越えても消えません。



・今までよりも「時間の有効活用(時間の節約)」ができるようになる
録り貯めていたものをまとめて家で観るなんて非効率な作業をする必要がない。

(1)録画されたものはスマホ・タブレット等でも空いた時間にどこでも見れる

基本、ネットに接続して見るわけですが、事前に番組をダウンロードしておくこともできます。だからネットがつながらない場所でも前もってダウンロードしておけば、例えばネットが圏外だったりつながりにくい場所でも番組をスマホやタブレットで快適に見ることもできます。
(だいたい30分番組をダウンロードしておくのにかかる時間は1分程度)

料理中にスマホを立て掛けて料理しながら見ることも、スマホやタブレットを防水ケースに入れてお風呂で見ることも、電車通勤中に見ることも、休憩時間を利用してちょっと話題になっていた番組のワンシーンを見るなんてこともできます。

【スマホで毎月の料金を安くしながら動画見放題の環境にする技】
スマホで速度制限を受けずに、さらに毎月の料金も安くできる方法の話


(2)番組内の字幕検索までできるので番組中の見たいシーンから見ることも可能

番組・番組内検索ができるのでネットで話題になっていた気になる番組のワンシーンやコーナーも番組全体を見なくても検索で目的のシーンから見ることも出来てしまうので時間を無駄にかけないで済む。

もちろん録画されている期間全体の中で特定のキーワードを検索してそれに関わる番組・コーナーなどを見つけて観ることも可能。


3分でわかるガラポンTVのスゴさ



そして、もちろん欠点もあります。
ガラポンTVを検討する方は欠点も確認しておきましょう。

【ガラポンTVの欠点】
ガラポンTV(ガラポンテレビ)の「注意しておくべき欠点・ダメな点」



こんなに便利なのになんであんまり世間に注目されないんでしょうか。
名前ですかね、名前で油断してるんでしょうかね。と思ったらテレビ局はこれ使われるとみんなCM見なくなってスポンサーが付かなくなるとか後でコンテンツとしてDVDやBlu-ray、映像配信サービスで売る時に売上が落ちるからテレビ局はガラポンTVをテレビで紹介しないんだとか。
だからか。(気にし過ぎだとは思いますが)
テレビ局の敵か味方か、ガラポンTVの衝撃





ガラポンTVを始める手順

【ガラポンTVの録画期間を2ヶ月〜4ヶ月に増やす】
ガラポンTV(テレビ)で全録期間を2ヶ月〜4ヶ月に増やす方法と注意点(ロジテック外付けHDDの選び方と追加方法)





こちらはスマホ(Androidアプリ)でのガラポンTVの使用例



ガラポンTV
http://garapon.tv/









関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい