メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順

au_hikari_title_03.gif
損しないインターネット回線の選び方
menu_flets
キャッシュバックに割引にデカいauひかり7
インターネットの速度が20倍。NURO光
格安で穴場なADSL




ここではauひかりの特徴や、損しないために知っておくべき注意点、そして申し込み・契約・開通までの手順を分かりやすく解説していきます。

スマホやタブレットも家の中であればauひかり(光回線)を使って通信制限(速度制限)を気にする必要もなく安定してネット使い放題にできるのでauひかりを入れておくのはおすすめ。

引っ越し先でauひかりを入れたい場合は、できれば引っ越す日の1週間前〜1ヶ月前くらいに申し込んでおくのが良い。
申し込みから開通までだいたい2週間から長いと1ヶ月以上かかるので。

「細かい説明はいいからauひかりは結局どこから申し込めば得なのか知りたい!」という人のために先に結論を書いておきます。
» auひかり(正規代理店 NNコミュニケーションズ経由)
PCでのページ画面はごちゃごちゃしてて分かりづらいですが現在、知る限り一番良心的な販売代理店。
NNコミュニケーションズ経由でのauひかりの申し込み手順と注意点

※サイトに入ると「音声ガイド」を聞きますか?という黒い画面が出てきますが、「閉じる」で大丈夫です。

現在は、こちらのSo-netキャンペーンサイトから申し込んだほうが1000円程度お得です。
» auひかり(So-net限定キャンペーン)(NNコミュニケーションズ)
こちらも正規代理店NNコミュニケーションズの運営サイトです。
auひかり(So-net限定キャンペーン)の注意点と申し込み手順

<追記2017年8月1日>
2サイトとも現在、表示されているキャッシュバックにさらに2000円増額でもらえるキャンペーン中です。8月10日までなので申し込む予定の人はお早めに。



まず、auひかりは
「フレッツ光・光コラボ系」等と比べてどちらが安いか

「戸建てプラン(ホームプラン)」も「マンションプラン」も月額料金は現在フレッツ光とauひかり、どちらもほぼ変わりません

一見、フレッツ光・光コラボ系のほうが安くみえますが、実際の料金には含まれるはずのプロバイダー料金を隠していたりほとんどの人が適用できない最大割引金額を適用していたり別途工事費がかかったり、有料オプションを追加するはめになったりなどで実際は結局安くはないことが多く、そもそも月額料金自体が大きく安くなっていることもありません。


それに対して、auひかりのほうが料金もシンプルでわかりやすく、もらえるキャッシュバック金額も大きく、工事費も実質0円にできて、乗り換えの場合も前のネット回線を解約する時に発生する解約金(違約金)も3万円まで代わりに払ってくれる場合もあるのでauひかりのほうが総合的に見て安くて品質もよくて得です。

料金や快適さも、選ぶプロバイダーによって大きく変わったりなどしないので選び方もシンプルで難しくないのも特徴。(フレッツ光等の場合、選ぶプロバイダによってはインターネットの速さ・快適さも落ちる傾向があります。)


さらに、auユーザーなら「auスマートバリュー」を適用すれば最大2年間は割引料金になり、さらに安くすることもできます。
※例えば家族2人がauユーザーなら最大毎月4,000円引きなど。
ついでに「auでんき」も契約すれば家の電気代が最大5%キャッシュバック。



 

【auひかりの料金】
フレッツ光とは違い、インターネット回線料金+プロバイダー料金という自分で足し算して計算する必要はなく、auひかり回線(プロバイダー料金込み)の月額料金一本の価格。

auひかり回線の月額料金(プロバイダー料金込み)

料金がシンプルで分かりやすい。
結局必ず一緒に払うプロバイダー料金を隠して安くみせたりなんてことがなく、シンプルなのでフレッツ光などのように複雑で得体の知れない有料オプションをこっそり仕込まれてたなんてケースも少ない。



【auひかりのスピードの種類】

スピードが2種類あるが、これは基本的に自分では選べない。建物の状況によりだいたい自動で決まる。

●普通スピード(100メガ)
光ファイバー方式(タイプF) > イーサ方式(タイプE) > VDSL方式(タイプV)
タイプ別で見るとこの順番に速い(スピードがスムーズ)。

建物の環境・設備の状況でどのタイプになるのか自動的に決まるので基本的に自分ではタイプを選べない
普通スピードを選べるのは部屋数20以上(20戸以上)の共同住宅(マンション・アパート)のみ。


●1G(ギガ)スピード(1,000メガ)
普通スピード(100メガ)よりも速い1G(1,000メガ)。
ホームプラン(戸建て)とマンションミニ(小規模の共同住宅)は自動的にこれになる。

集合住宅(マンション・アパート)は光ファイバーを建物内に入れられる所に限り1G(ギガ)スピードプランを選べる。




auひかりをより安く契約する

まずは基本料金の確認。

『集合住宅・マンションプラン』の場合、
●通常プラン(タイプV・タイプE・タイプF)←タイプは自動決定。自分では選べない。
月額料金 約3,400円〜4,100円

●ギガプラン(1ギガスピードプラン)
月額料金 約4,050円

集合住宅・マンションミニ(※3階以下でさらに8戸以上の一部建物)
●ミニギガプラン(1ギガスピードプランのみ)
月額料金 約5,000円

マンション・アパートのタイプによって3つのうちのどのプランかは自動で決定。たいていは通常プランかギガプラン。


『戸建て・ホームプラン』(※一軒家・一戸建て用のプラン)の場合、
●ギガ得プラン(2年単位の契約)
・通常のプランもあるが2年単位で契約縛りのギガ得プランのほうが圧倒的に安くなる。
月額料金 約5,200円

●ずっとギガ得プラン(3年単位の契約)
・ギガ得プランからさらに安くなる3年単位で契約縛りのプラン。
月額料金 約5,100円〜4,900円

※基本的に「ずっとギガ得プラン」を選びます。2年半以上auひかりを利用すれば総合的に見て「ギガ得プラン」より得になるので。


この料金が基本価格(プロバイダ料金も込みの価格)
どこで申し込んでもこの基本価格自体は変わりません。

この料金に対して、「2年間は月額料金が千円程度割引になります」という割引サービスだったり「契約後キャッシュバックで3万円もらえますよ」といった高額のキャッシュバックなどで総合的に安くなります。



そして注意しておく点。

● 新規加入(新規契約)でもらえるキャッシュバックは実際いくらか?

これは現在、だいたい普通の契約で2万円〜4万円台
よく「10万円キャッシュバック!!」や「なんと!最大13万円キャッシュバック!!」とか大きく見せているところがありますが、色々カラクリがあり、実際にはそんな金額はもらえません。
※「スタートサポート(乗り換え保証)」の金額は全員対象ではないので0円で計算しています。

なので、
ちゃんと表示されたキャッシュバックを適用してくれるところから申し込みます。

キャッシュバック金額のだましの例で言えばキャッシュバック6万円と書いていて実際に問い合わせてみると実は「スタートサポート最大3万円を足して合計で6万円(※実際には3万円)」そしてそのことはホームページには一切記載無しといったように本当のキャッシュバック金額よりも大きく「水増し」で表示しているところがあるので信用できるところから申し込みます。



● 初期費用の工事費が3万円以上するが大丈夫か?

そう。これにもちょっと注意です。
auひかりに申し込むと工事費が
マンションタイプだと約3万円、一戸建てタイプだと約3万7500円が本来ならかかります。

これを「工事費0円キャンペーンがある正規代理店から申し込む」ことで
キャンペーン利用によって実質0円にします。

例えば通常申し込みで工事費負担の場合、料金ページをよく見てみると回線工事費が
一戸建てだと、1,250円(税抜)× 30ヶ月 = 合計3万7500円(税抜)
マンションだと、1,250円(税抜)× 24ヶ月 = 合計3万円(税抜)
といった感じでかかることになっています。
なので、例えば4万円キャッシュバックがもらえるキャンペーンがあったとしても工事費を払う場合だと実際、最終的には0円〜1万円程度のキャッシュバックとなってしまうことがあるということです。



ということで、
ちゃんと高額キャッシュバックをしてくれるところで、
さらに工事費を実質0円にするキャンペーンがあるところ
でauひかりを申し込み・契約します。




ということを元に、「auひかりを安く契約する」

auひかりNNコミュニケーションズ画面
※画像はスマホで見た時のものです。パソコン(PC)では見た目が少し変わります。
※キャッシュバック金額は変更されている場合があります。


» auひかり(正規代理店 NNコミュニケーションズ)

※サイトに入ると「音声ガイド」を聴きますか?という黒い画面が出てきますが、聴かずに「閉じる」で大丈夫です。

プロバイダーはどれでもいいという人はこちらから申し込むのがオススメです。こちらのほうがキャッシュバック金額が1000円ほど高いので。
(※プロバイダーはどれを選んでも品質は同じです。)
» auひかり(So-net限定キャンペーン)(NNコミュニケーションズ)
これも正規代理店NNコミュニケーションズの運営サイトです。
auひかり(So-net限定キャンペーン)の注意点と申し込み手順

このNNコミュニケーションズが現在auひかりの申し込みで条件が良心的なので一番おすすめ

キャッシュバック金額を多く見せる水増し行為もなく、他と違って複数の有料オプションを追加しなくても大きめのキャッシュバックがちゃんともらえます。

そして、キャッシュバックのもらい忘れを狙ったような「罠」が無くすぐにキャッシュバックがもらえる良心的な販売代理店
※他のところから申し込むとキャッシュバックがもらえるのは約1年後でしかもその時の申し込み受付期間中に自分で申請しないともらえないなど「もらい忘れしやすい」条件になっています。(だいたい半数以上の人がもらい忘れしてます)

auひかりの申込みのやり方としては、
電話よりもまずネットから「申し込み・問い合わせ」したほうが話は早い。
電話で質問などをしようとしても一旦専門の担当スタッフが折り返し数時間後に連絡(営業時間内)しますと言わたりなど結局「問い合わせ・申し込み」フォームで必要な情報や質問などを入力していった方が基本的に手間もかからない。
そもそも混雑してて直接電話してもなかなか出ないケースも結構ある。



申し込みまでの手順は、

So-net限定サイトからの申し込み手順(申し込みの流れ)はこちらから確認してください。
» NNコミュニケーションズのSo-net限定申し込みページの注意点と手順
こっちのほうが1000円ほどキャッシュバック金額が多いです。


まず、一応
【1】上メニューにある「3社同時キャンペーン」から今やっているキャンペーンを確認。

※スマホの場合は、メニューの中の「キャンペーン」をタッチして確認。

» auひかり

キャンペーン一覧ページではキャッシュバックの総額などが分かりづらいのでここで解説しておきます。
(1)「auひかり」公式のキャンペーン
(2)「auひかりのプロバイダー」のキャンペーン
(3)「NNコミュニケーションズ」が提供しているキャンペーン

この3つが用意されており、ほぼ全部(※スタートサポートは除く)が適用できます。

(1)の「auひかり」公式のキャンペーンは、
工事費3万7500円〜3万円が実質0円になるキャンペーンや、乗り換えサポート3万円があります。

<初期費用相当額割引>
auひかりを入れるための初期工事費3万7500円〜3万円が実質0円になる割引サービス

<乗り換えサポート還元(スタートサポート)>
他のインターネット回線からauひかりに乗り換えする人のために前回線の解約金を最大で3万円まで補填してくれるサービス。

解約金は実際にはほとんどは1万円もしないくらい。マンションなら2000円〜5000円以下くらい。「西日本のフレッツ系」か「光コラボ」の場合だけ状況によっては解約金が2万円超えになるなどはありますが、普通は実際に3万円補填されるケースはほとんど無いです。
もらえる条件も「ネット+電話+電話オプションパック」での新規契約と少し面倒。


<スタートサポートプラス>
2017年7月末までの特別キャンペーン。
(1)月額料金が毎月1,000円(税抜926円)×12ヶ月間割引
(2)電話オプションパック利用料を12ヶ月間無料
これはスタートサポート(他ネット回線からの乗り換え)対象者でなくても適用できます。
適用条件は、
●ホーム:36ヶ月間以上の利用
●マンション(お得プランAのみ):24ヶ月以上の利用。
と誰でも適用可能。
※マンションのお得プランAとは月額料金は通常と変わらずおうちトラブルサポートが無料で付いているプラン。そのかわり2年自動更新型の契約。2年未満で解約すると契約解除料7,000円がかかる。
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/12/19/2216.html




(2)auひかりの「プロバイダー」のキャンペーン
(3)「NNコミュニケーションズ」が提供しているキャンペーン

この残り二つがキャッシュバックのキャンペーンです。

他でauひかりに申し込むのと違い、NNコミュニケーションズから申し込んだ場合、「キャッシュバックキャンペーンの適用条件」はカンタンです。
普通に申し込んで普通に利用することが条件。良心的です。


この2つのキャッシュバック合計金額、ちょっと分かりづらいですが、

・ネットだけの契約なら
合計4万0000円(3万円+1万円といった感じ)

・有料オプションのひかり電話(月500円)も付けての契約なら
合計4万7000円。(2万円+2万7000円といった感じ)
がもらえます。

(※ホームプラン・マンションプランどちらも合計額は同じです)

追記:2017年7月25日
2017年7月31日まで現在のキャッシュバックにさらに2,000円プラスでもらえるキャンペーン中。


※キャッシュバック金額は時期によって変動することもありますので一応、ご自身でも確認を。





【2】「プロバイダー」はどこを選ぶべきか?

主にSo-net(ソネット)、Biglobe(ビッグローブ)、その他があります。

「プロバイダーってなんだっけ?」という人に簡単に説明すると、インターネットを安定して利用するために必ず必要なサービス管理会社みたいなものです。実際には違いますがそういう感じで覚えておけばいいです。

プロバイダーはどれでもいいです。auひかりはどのプロバイダーにしてもフレッツ光や光コラボなどと違って速さが変わったりつながりにくくなったりなどは構造上無いそうです。

キャッシュバックの合計金額もSo-net(ソネット)、Biglobe(ビッグローブ)どちらを選んでも同じで品質もほぼ同じなのでどっちでもいいです。


あと、キャンペーンとして「プロバイダーの有料オプションが何ヶ月か無料!」といったのがあると思いますが、『プロバイダーのオプション』は基本的に付けなくていいです。まず必要ありません。

「セキュリティサービスは付けなくて大丈夫なの?」と思う人もいるかもしれませんが、無料のセキュリティがあります。それで十分です。
パソコンなら「avast(アバスト)」もしくは、「AVG」。
スマホは「Sophos(ソフォス)(※iPhoneの場合はセキュリティを入れる必要ありません。)
3つとも無料で高性能です。





【3】auひかりの利用料金(月額料金)の確認

最初に説明したとおり、auひかりの月額料金はどこで申し込んでも同じ金額なので特に確認の必要はないです。他と比べて高い料金ということもなくシンプルでわかりやすい料金。

・マンションならだいたい3,400円〜5,000円の間。
平均で4,100円前後。
(住宅の環境で月額料金は自動で決定します。)

・一戸建て(一軒家)ならだいたい5,200円〜4,900円。
(ホームプランでおすすめは3年単位契約の「ずっとギガ得プラン」)


auひかりの月額料金に必要だと思う有料オプションを付けた合計金額が最終的な実際の月額料金になります。


auひかりの主な追加オプション(有料オプション)は、

・電話機能を付けるか(→ 電話サービス)※
プラス月500円
・テレビの専門チャンネルが見れる機能を付けるか(→ テレビサービス
プラス月634円〜それぞれ
・無線LAN機器レンタル(→ 無線LAN機器レンタルサービス)※
プラス月500円
といったもので必要と思うなら付ける。いらないとかよく分からないと思ったものは付けない。

※戸建てプラン(ホームプラン)では「電話サービス」は基本的に付けます。
ひかり電話サービスを付けることが工事費0円キャンペーンの条件。付けないと750円×30ヶ月の2万2500円しか工事費が割引になりません。
月500円の有料オプションですが、ちょうどauひかりのネット料金に500円を足した金額がフレッツ系のネット料金と同じくらいになるのでそこまで割高な料金にはなりません。
マンションプランは「電話サービス」を付けなくても工事費は0円になります。


※無線LAN機器はスマホやタブレットでもauひかりが使えるようになるものです。自分で買うと7,000円くらいです。(auひかりでWiFi(無線LAN)の始め方





【4】一通り確認したら、申し込みページ(入力フォーム)に移動。

ページの上か下のほうに「WEBで申し込み」という緑のボタンがあると思うのでそこから「申し込みフォーム、に移動。

auhikari_NN05
こういう感じの緑色のボタン。スマホだと「WEB申込」というボタンが下に出てきます。

※申し込みボタンの近くに電話番号(電話するボタン)もありますが、それは問い合わせ専用でその電話番号から申し込みはできません。申し込みはWEBからのみです。

» auひかり





【5】申し込みページで必要事項を入力して申し込み・お問い合わせ。

名前や住所、連絡先などを入力していきます。

auユーザーで「auスマートバリュー」を適用できる条件の人は「スマートバリューを希望する」にします。毎月最大で2,000円引きになるので。

※auスマートバリューを適用するには「電話サービス(月500円)」のオプションに加入しておく必要があります。


これを機会にスマホ・携帯もauに乗り換えた(乗り換える予定)という人は、「ご質問等」のところに、
「スマホ・携帯もauに乗り換えた(乗り換える予定)なのでauスマートバリュー等どうすればいいのか詳しく知りたい。」とでも記入しておいてください。説明してくれます。




【6】申し込み後

申し込みページから申込み後に代理店から折り返しの連絡があり、
そこで実際の
  • 月額料金(料金プラン)
  • プロバイダー選び
  • auひかりのオプション(追加する有料オプション)
等を決めていき、契約内容が完全に決まったら本当の申し込みになります。
※プロバイダーにも独自の有料オプションがあったりもしますが、プロバイダーのは基本的にはいらないです。

折り返しの連絡は電話で来ます。「メールでお願いします」とメッセージ欄に書いていても確実に電話で来ます。ネット回線の申し込み関連はどこもこの手順。折り返しの連絡は必ず電話です。
どこも同じなので決まったルールがあるのかもしれません。



●あとは、最初のほうに確認しておいたキャッシュバックなどのキャンペーンで自分に適用できるものを確認してそれらのキャンペーンも申し込んでおきます。


» auひかり(正規代理店 NNコミュニケーションズ)



● ネット料金の支払いは色々と便利な「クレジットカード」がおすすめ。

※支払い方法はauひかりを契約した後でも変更できます。

20代でクレジットカードをまだ持っていない人は1枚は作っておきましょう。30代以上でクレジットカードを1枚も作った事がない人はカード審査にも通りづらくなります。


クレジットカードを持っていない人が選ぶなら
メジャーなのは「楽天カード」あたりでしょうか。

他クレカと違って審査も早くて通ればすぐカード発行されます。



【申し込み完了後の手順】
auひかりは申込みからインターネット開通まで短ければ2週間、長い場合だと2ヶ月以上かかることもあるので、引っ越しの場合は引っ越し日の1ヶ月前くらいから申し込んでおいて工事日の予約をしておけば、入居日からそんなに日数を空けずに家でネットが使える環境にしておけます。
※ただし、例えば3ヶ月以上前から申し込むと3ヶ月先の引越し日に予約などはできますがキャッシュバックの適用期間外になってしまう可能性があるためできれば最長でも2ヶ月以内がおすすめ


(1)「申し込み」→「申し込みの受付完了(申し込みの受理)」
これにだいたい申込から1〜3週間かかります。
(なぜそんなにかかるかはよく知りませんが結構時間がかかります。)


(2)「申し込みの受付完了」→「工事日の予約」
申し込み内容の受付が完了した後、インターネット工事をする日を決めます。
この工事日が予約制なので早ければ2〜3日先で予約できますが予約がいっぱいだと1ヶ月以上先になるなんてこともあります。


(3)「工事日に立ち会い」→「ネット開通完了」
という流れです。


開通後、キャッシュバック申請などをしてキャッシュバック金額をもらいます。



【一連の流れ】
申し込み→プロバイダーを決め、料金プランの確認(本申し込み)→必要書類が届く(だいたい1〜3週間かかる)→工事日を決める→室内で使う機器が届く→工事→室内機器設定→開通

あと、auユーザーで「auスマートバリュー」を適用できる条件の人はauひかりが開通した後に申し込みをすることもお忘れなく。




» auひかり(NNコミュニケーションズ)

» auひかり(So-net限定キャンペーン)(NNコミュニケーションズ)

» auひかり(公式サイト)




「インターネットとかパソコンとか苦手だから開通した後になんかトラブルでインターネットがつながらない!絶対に自分じゃ治せない!」といった不安がある場合は、こちらからどうぞ。
わからない人でもしっかり助けてくれます。

・So-net(ソネット)→「So-net 安心サポート

・BIGLOBE(ビッグローブ)「サポートセンター




※auひかりは魅力的ですが、地域や建物の状況で開通工事できない場合が結構多いので、auひかりが入れられる人はラッキーなほうです。auひかりがダメだった場合はすぐに次の候補のフレッツ系に申し込み先を切りかえましょう。





フレッツ光192,000円割引はこちら
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい