メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【ネット生活向上術】LTE(4G)のポケットWi-Fi回線はどれを選ぶべきかの結論


LTE(4G)のモバイルインターネット回線(WiFiルーター)契約はどれを選ぶべきかという話


LTE(4G)のモバイルネット回線(モバイルWiFiルーター)を検討しているということは、
WiMAXが「サービスエリア対象外」か「対象エリアだけど遅い・使えない」という状態の人でしょう。

<前回記事>
スマホの速度制限(通信制限)を受けずに、さらに毎月のネット料金も安くする方法の話
http://memogoto.blog.fc2.com/blog-entry-230.html



一度おさらいすると、

「モバイルルーター」を使ってネットをするメリットは、
スマホでもタブレットでもパソコン(ノートPC)でもそれぞれインターネット回線契約しなくてもこのモバイルネット回線一つだけでネットすれば、ネット料金を大きく抑えることが可能ということ。
わかりやすく例を出すと、
・スマホのネット回線:毎月約5,000円
・タブレットのネット回線:毎月約5,000円
・家の固定回線:毎月約4,000円
合計:毎月約1万4,000円
 ▼
モバイルネット回線に一本化:毎月約3,000円〜7,000円

といった感じで人によっては毎月のインターネット料金を半額以下にまでできる。


そしてWiMAXの場合ならネットの使いすぎによる速度制限も無いのでいくらでもネット使い放題という大きな魅力があったのですが、
その第一候補のWiMAXがもし「生活範囲では電波が弱くて使えない。」という状態なら
「LTE(4G)」のモバイルインターネット回線からしか選ぶことができません。

ということで、
LTE(4G)のモバイルインターネット回線(モバイルルーター・WiFiルーター)契約はどれを選ぶべきか



 


<追記>2015年3月1日時点
現在は、ここの記事で紹介しているところよりもこちらのほうがおすすめです。
ワイモバイルの2000円台でネット使い放題ポケットWiFi
http://memogoto.blog.fc2.com/blog-entry-250.html




選べるモバイルネット回線の種類は3つ。

(1)docomo(ドコモ)の回線(Xi・FOMA)

(2)auの回線(au 4G LTE)

(3)Softbank(ソフトバンク)の回線(EMOBILE LTE・Softbank4G)

auの回線(au 4G LTE)が使えるのがWiMAX 2+ということでここでは除外。

なので選べるのは、「docomoの回線(Xi・FOMA)」と、「Softbankの回線(イーモバイル・ワイモバイル・ソフトバンク4G)」のどちらか。



まず、モバイルルーター(WiFiルーター)の代表格、
Softbank回線の『イーモバイルLTE・ソフトバンク4G』
※現在イーモバイルは名前がワイモバイルに変わりました。


イーモバイルといえば、Pocket WiFi(ポケット ワイファイ)、略してポケファイ。

これ、たまに「モバイルルーター」のことを総称してポケファイ(ポケットWiFi)と言っている人もいますが、これはイーモバイル(現在、ワイモバイル)の商品・サービス名です。


昔は、無線インターネット(WiFi通信)のモバイルルーターといえばイーモバイル(EMOBILE)のポケットWiFiが一番速くてつながりやすくて安かったのでそれ以外はほとんど選択肢には無くモバイルルーターの総称でもよかったのですが、
今は、他にも複数出てきてイーモバイル自体も変わってきているので現在は違います。


イーモバイルのネット回線の現状
元々、無線インターネット(モバイルWiFi)の代表格だったEMOBILE(イーモバイル)ですが、イーモバイルを所有する会社が変わり続け、
イーモバイル→ イーアクセスの子会社化 → ソフトバンクの子会社化(ワイモバイルに名前変更)と変わっていき、

最近は経営会社がソフトバンクに変わったせいか、
現在は、サービスの質が悪化したとかなり評判は悪い
※もちろん環境は人それぞれなので使っている人全員の意見ではありません。イーモバイルは快適だという人も相当数います。

ただし、ソフトバンクのモバイル回線といえば「動画などを見ようとすると接続を遮断させられる」とか「動画を見る時にはかなりネットの速度が落ちる」「大容量のデータのやりとりの時は速度が制限されるようになっている」など悪いウワサもいろいろあり
現段階ではあまりオススメはできません
(今後、改善していくのかもしれませんが。)



ということで残るは、
docomo(ドコモ)の回線(Xi・FOMA)


イーモバイル・ソフトバンクのLTE・4G回線の評判が悪いからじゃあ、ドコモのLTE(Xi)は圧倒的に優れているかといったらこれも結局使う人の環境によるので確実に優れているとは言いきれません。

でもドコモなので質はまず大丈夫。

欠点としては、
イーモバイル(ソフトバンク)の回線よりも速度制限を受けやすい。


速度制限を受けるまでの基準が、
3日間で500MBを超えたら一時的に速度制限。ひと月に5GBを超えたらその月が終わるまで速度制限。

これイーモバイル(現ワイモバイル)だと、
激安&高速のモバイル回線なら【Broad EMOBILE LTE】
速度制限を受けるまでの基準は、
3日間で1023MBを超えたら一時的に速度制限。ひと月に7GBを超えたらその月が終わるまで速度制限。


ということで比べると、LTEのスピードで使えるデータ量がちょっとだけ少なめ。


でも、そのかわり
月額料金はそんなに高くはない。

『docomo(ドコモ)の回線(Xi・FOMA)』
人口カバー率100%のモバイルインターネット![ So-net モバイル LTE ]
月額2,619円(税抜)
※割引期間中の価格なので利用1年後からは通常料金の3,619円(税抜)
(2014年11月確認)


『Softbankの回線(イーモバイル・ワイモバイル・ソフトバンク4G)』
イーモバイル(現ワイモバイル)だと、
激安&高速のモバイル回線なら【Broad EMOBILE LTE】
「Broad LTE フラットS/Broad LTE フラットS 4G」月額2,856円(税抜)
「Broad LTE フラット/Broad LTE フラット 4G」月額3,695円(税抜)

フラット「S」というプランのほうがなぜ安いかというと、初期費用18,857円を最初に払ってくれたら月額料金からずっと839円割引きます。というプラン。中身自体は2つとも一緒。
だから初期費用約2万円を払った場合、1年以上使いつづければ初期費用0円の月額3,695円プランよりもトータルで安くなっていく。というもの。
(2014年11月確認時点)



LTEでインターネットできる通信量の料金を比較してみると、
通常のスマホで速度制限解除→データ量(通信量)の追加購入だと1GBあたり平均で1,000円〜1,250円。

モバイルwifiも一緒に組み合わせて使えば、
Sonet モバイル LTEの「ドコモのXi回線」だと、1GBあたり、約560円〜780円。
イーモバイル(現ワイモバイル)の「LTE・4G回線」だと、1GBあたり、約440円〜570円。

だから、スマホで速度制限によくかかる人は、「スマホのネット回線」と「モバイルWiFiのネット回線」の2つをうまく利用すれば速度制限を受けづらくなおかつ月額料金を安くできるということになります。



ということで、結論。
LTE(4G)のモバイルインターネット回線(モバイルWiFi)はまず、docomo(ドコモ)のXi回線のところで契約するのが無難。

ただ、安さ優先ならイーモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fi。ただし、安かろう悪かろうの危険性も高いので注意する。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活向上のために    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい