メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
02

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

楽天スマホ(楽天モバイル)を買う前に知っておくべき注意点メモ。




月額料金が安くて電話料金も「楽天でんわ」を使えば半額以下になり、選べるスマホも多くて安い、格安スマホの中でも多くの人が使っている楽天スマホ(楽天モバイル)ですが、

買う・申し込む前に知っておくといい注意点を書きだしておきました。


» 楽天モバイル(楽天スマホ)


楽天モバイルの魅力は、「スマホの安さ」と「電話料金の安さ」と大手としての回線スピードの「安心感」です。
特にスマホの安さは圧倒的にすごいです。
2000円引きや1万円引きがあるのは当たり前で、たまに期間限定で90%値引きもあったりします。


現在、格安スマホ(格安SIM)サービスのインターネットのスピードや快適さは楽天モバイルを含めた主要会社がほとんど横並び状態。
だいたいどこの格安スマホサービスもお昼12時台にはつながりにくくなり、夜11時くらいにはスピードが遅めになります。使っていて不便は感じませんが、安い分キャリア(docomoなど)と比べれば快適さは当然劣ります。

格安スマホサービスで最も快適なところを求めるのであれば、現在、スピードが快適で満足度が高いのはUQ mobileです。
安心・快適を最優先にするならUQ mobileがおすすめですが、
選べる料金プランが少なく複雑。楽天モバイルよりも料金が高いという欠点があります。

その次が、mineo(マイネオ)
マイネオは料金プランが安めで自由度も高くインターネット品質も良い。その代わり選べるスマホが少ない。楽天モバイルよりも料金プラン選びがちょっと複雑という欠点があります。

インターネットの「スピード・快適さ」は基本的に月額料金に比例します。
1位 キャリア(docomo・au・Softbank)
2位 UQ mobile
3位 楽天モバイル・mineo(他、主要格安サービス会社)

こういった感じです。
ちなみに個人的な感想でいうと楽天モバイルで特に不便は感じません。

とにかくスマホ込みで安く始めたい人には「楽天モバイル」がおすすめ。
インターネット品質の良さを優先したいなら「mineo(マイネオ)」がおすすめ。



 
<楽天モバイル料金表>
楽天モバイル料金表
http://mobile.rakuten.co.jp/fee(2016年時確認画像)
※一番安い「ベーシック」というのは電話利用が主でネットはほとんど使わない人用

だいたいの人は「3.1GBプラン(月額1,600円)」「5GBプラン(月額2,150円)」を選びます。
動画を結構たくさん見たりアプリをたくさん使う人などは「5GB以上のプラン」がおすすめ。

どのプランにするかはそんなに難しく悩む必要はありません。
契約したあとでも無料で変更が可能なので「3.1GBで足りなかったから5GBプランに変更」「5GBプランも必要なかったから3.1GBプランに。」というようにプラン変更できます。


<新しく出たコミコミプランがおすすめな人は?>
スマホで「電話を多く使う人」にお得なプラン。なので電話をかなり使うので毎月の電話料金が高い!という人にのみコミコミプランはおすすめ。
電話はあまり使わないという大多数の人にはコミコミプランよりも通常プランの方が総合的にみて安い。


  • MNP(現在の電話番号をそのままお引越し):可能

  • 初期費用(事務手数料):3,394円

  • 契約後のプラン変更:可能

  • 余ったデータ通信量の来月繰り越し:あり

  • 解約による違約金:契約から12ヶ月以内の解約は違約金9,800円が発生。13ヶ月目からはずっと違約金0円(※通話SIMのみ。データSIMは解約違約金は無し)

  • スマホが壊れた時の保証(端末補償):月額500円追加で2年間保証

  • 5分かけ放題オプション(楽天でんわ):月額850円追加で最初の5分までは国内通話が無料。

» 楽天モバイルのオプション一覧





現在、楽天モバイルで選べるスマホは主に13種類

選べるスマホの中でおすすめなのは、

おサイフケータイ機能が付いていて性能も安心の日本メーカーのスマホ
arrows M03」(アローズ スマホ)

性能は他の格安スマホの半分程度だがその分とにかく安い
(子供に買い与える用にも適したスマホ)
ZTE BLADE(ブレード スマホ)」


スマホ自体は高くてもいいからより高性能で使いやすさ最優先なら
HUAWEI Mate 9
(ただし、おサイフケータイ・防水などの日本的な機能は無し)

このどれかがおすすめ。

ただし、注意点としては楽天モバイル(楽天スマホ)は楽天カードでの支払いでないと「分割払い」は安くなりません
楽天カードを持っていない人が楽天モバイルでスマホをクレカ分割払いする場合、手数料が発生して一括払いより高くなります。

「楽天カード」は結構使えるカードな上、他のカードと違ってすぐ作れるので持っていない人はこの機会に作っておくことをおすすめします。
» 楽天カード
ちなみに20代でクレジットカードをまだ持っていない人は1枚は作っておきましょう。30代以上でクレジットカードを1枚も作った事がない人はカード審査にも通りづらくなります。



楽天モバイル:スマホ一覧 】
楽天スマホ一覧
http://mobile.rakuten.co.jp/product/?l-id=header_pc_product


スマホの種類が多くてどれがどれなのかよくわからない方はこちら
楽天モバイル( 楽天スマホ )で失敗しないためのスマホの選び方


※自分ですでにスマホを持っていてそれを使いたい場合はスマホ無しの「SIMカードのみ購入」の契約にすることも可能です。
ただし、
格安SIMは「auのスマホ」と「Softbankのスマホ」には対応していない物がほとんどなので注意!
自分のスマホが楽天モバイルで使えるものかどうかチェック




●電話の「5分かけ放題オプション」の注意点

5分かけ放題オプション(月額850円)
電話をよくする人にはうれしいサービスですが、これは通常の契約の通話SIM(電話回線あり)で、楽天でんわを使って電話するときに適用できるサービスです。

データSIM(電話回線なし)でも一応、電話はできますがそれは通常の電話ではなくインターネット電話(IP電話)になるので楽天でんわは使えません。楽天でんわのオプションサービスである5分かけ放題オプションももちろん使えません。5分かけ放題にしたい場合は通話SIMの契約にしましょう。



●スマホが壊れた時の保証(端末補償)の注意点

月額500円追加で2年間保証ですが、実際に壊れた時の交換は1年間で最大2回まで保証。交換時はさらに追加で4,000円〜7,000円の負担が必要です。


スマホの中のデータが壊れたり取り出せなくなった時の復旧作業はまた別で
データ復旧サービス:月額300円
に申し込んでおく必要がある。
これも1年間で最大2回まで復旧の依頼が可能で1回5000円を支払う必要がある。
ただし、100%復旧させてくれる保証はないのでこのサービスに加入するよりネット上のクラウドストレージなどに日頃からこまめにデータをバックアップさせておくのがおすすめ。





●「楽天モバイルの月額料金」SIMカードの種類と説明

楽天モバイル料金
http://mobile.rakuten.co.jp/fee/

  • 通話SIM
  • 050データSIM(SMSあり)
  • データSIM(SMS無し)


「通話SIM」が通常の契約。電話番号付きの契約。

5分かけ放題オプションが使えるのもこの通話SIMのみです。

※スマホや携帯をすでに契約していてその電話番号をそのまま楽天モバイルに引越し(MNP)する場合もこの「通話SIM」になります。




「データSIM」がインターネット利用がメインの契約。
これは電話番号(本物)が付きません。電話はメインではほとんど使わない人用で通話SIMよりも月額料金が安くなります。
さらにデータSIMは解約したときの違約金も0円(いつやめてもOK)

その代わりすでにスマホや携帯を契約していてこのデータSIMに引越しすると今まで持っていた電話番号は使えなくなります。


データSIMはネット回線を使った電話(IP電話)は使えるので電話自体はやろうと思えばできるのですが、普通の電話や電話回線を使った電話アプリは使えません。※楽天でんわは使えない。

ネット電話(IP電話)はIP-Phone SMARTアプリやViberアプリなどを使えば普通にできます。

●ネット電話(IP電話)のデメリット(欠点)
・音質が電話回線に比べると劣る
・ネットなので電話回線と比べれば場所や時間によっては途中で切れやすい
・緊急連絡先の110や119など特定の電話番号にはつながらない
・電話でもネットの通信量が消費される

●IP電話のメリット(利点)は
・基本的に普通の電話回線よりも安い(半額くらい)
・同じアプリ同士なら通話は無料


050データSIM(SMSあり)というのがありますが、普通のデータSIMと何が違うかカンタンに説明すると、

まず、050の部分。
これはおまけで「インターネット電話の電話番号」をつけます。というものです。

これ、別にあっても無くてもどちらでもいいものです。
050から始まる電話番号ですが、これはネット電話(IP電話)アプリのViberで使う電話番号でViberを無理矢理抱き合わせで使わせようとしているものです。
Viberは楽天が買収した会社なので楽天のサービス。カンタンに言うと、IP電話ができるアプリでついでにLINEみたいな使い方もできるアプリです。

ただ、Viberには何かと個人情報を抜き取ろうとしたりセキュリティの面などで悪い評判があります。
初めてのViber使い方と危険 バイバー使い方と危険

通話料金が安いし、音声品質も良いので多少悪い評判があっても大丈夫という人にはViberはおすすめ。

Viberがイヤな場合、Viberを使うことは強制ではないので使わなければいいだけです。
個人的にはネット電話(IP電話)はIP-Phone SMARTアプリのほうがおすすめです。
これも050の電話番号が発行されます。




050データSIMにあるSMSありとは何か

これも仮の電話番号みたいなものです。こっちは大事なものです。
最近は、ネット銀行などでお金のやりとりなどをする時に本人か確認するために電話番号(SMS)にパスワードを送ることもあるので、それに対応するものです。

自分の電話番号(IP電話は含まない)を全く持っていない人はこの「SMSあり」プランにしておいたほうがいいです。



電話はほとんど使わない。連絡は基本的にメールやLINEで充分。
という人には楽天モバイルの050データSIMがおすすめです。


格安スマホ ・格安SIMでLINEを使うための7つのポイント






まとめると、

新しくスマホを始めたい人の場合は、
 ▼
普通の電話機能も付けたいなら
「楽天モバイル(スマホと通話SIMのセットプラン)」

電話機能はそこまでいらない、連絡はメールやLINE、あとはネットやアプリを使うだけなら、
「楽天モバイルのスマホと050データSIM(SMSあり)」に申込み。





●現在、スマホをすでに持っていて楽天モバイルに乗り換えたい場合
 ▼
「楽天モバイル」にMNP(引越し)

スマホは今持っている物を使いたいならプラン契約(SIMカード)のみ。
※auとソフトバンクのスマホはSIMカードが対応していないためほとんど不可
自分のスマホが楽天モバイルで使えるものかどうかチェック

自分が持っているスマホが楽天モバイルに対応していなかった場合、
楽天モバイルで用意されている「格安スマホ(楽天スマホ)とSIMカードのセット購入」
もしくは、SIMフリーのiPhoneなどのスマホを事前に自分で買っておき、楽天モバイルでは「SIMカードのみ」で契約。





●現在、持っている携帯電話かスマホはそのまま電話専用やメイン利用にするなどして2台目持ちでネット閲覧・アプリ・ゲーム利用目的だけで楽天スマホが欲しい場合
 ▼
「楽天モバイル」のデータSIM(SMS無し)をスマホとセット購入か、
スマホは自分で買ってきて楽天モバイルでは「データSIM(SMS無し)」のみ契約。

そして現在持っているやつと楽天モバイルの2台持ちで合計の料金を安くする。




● 申し込む前に知っておくその他の注意点
楽天モバイルショップ・楽天カフェなどが、家の近くにある人はそこで申し込もうとする人も多いですが、そういった店舗は何時間待ちだったり申し込みの受け付けは一定数のみですぐ「今日の申し込み受付は終了しました」など言ってくるので申し込みする場合はネットの楽天モバイルから申し込んだほうが速いです。店舗で申し込むとかなりの時間・日数がかかることがあるので注意!



» 楽天モバイル(楽天スマホ)
<音声通話機能付き>
3.1GBプラン」
月額 1,600円(別途、スマホ代金があります)

5GBプラン」
月額 2,150円(別途、スマホ代金があります)

10GBプラン」
月額 2,960円(別途、スマホ代金があります)

20GBプラン」
月額 4,750円(別途、スマホ代金があります)

30GBプラン」
月額 6,150円(別途、スマホ代金があります)

音声通話は30秒20円


  • MNP(現在の電話番号をそのままお引越し):可能

  • 初期費用(事務手数料):3,394円

  • 契約後のプラン変更:可能

  • 余ったデータ通信量の来月繰り越し:あり

  • 解約による違約金:契約から12ヶ月以内の解約は違約金9,800円が発生。13ヶ月目からはずっと違約金0円(※通話SIMのみ。データSIMは解約違約金は無し)

  • スマホが壊れた時の保証(端末補償):月額500円追加で2年間保証

  • 5分かけ放題オプション(楽天でんわ):月額850円追加で最初の5分までは国内通話が無料。

» 楽天モバイルのオプション一覧


※この記事に書かれている金額は税込表記とそうでない金額が混在しています。最終的にはご自身で金額はご確認ください。


» 楽天モバイル

» 楽天カード


初めてのViber使い方と危険 バイバー使い方と危険



他、格安スマホ(格安SIM)サービス 関連記事

» mineo・マイネオ格安スマホを買う前に知っておく注意点・デメリット

» mineo(マイネオスマホ)の申し込む方法と確認しておく5つの注意点
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

asus、保証最悪。まともな保証なんて、してくれない。延長保証なんて、なんの意味もない。
Re: タイトルなし
> asus、保証最悪。まともな保証なんて、してくれない。延長保証なんて、なんの意味もない。

(゚¬゚)?
事前にドスパラドスパラ
端末補償。最大の注意点は新規加入時の一回のみ。2年後の買い増し、買い替え時には対応しない。解約->新規加入すれば良いが、MNPできないので電話番号が変わってしまう。
Re: タイトルなし
> 端末補償。最大の注意点は新規加入時の一回のみ。2年後の買い増し、買い替え時には対応しない。解約->新規加入すれば良いが、MNPできないので電話番号が変わってしまう。


さすがに2年でスマホの買い増し・買い替えをした場合の楽天モバイルの保証サービスのことは考えてなかったですね。

楽天モバイルの端末保証も以前よりかなりマシになったのであえてドスパラのスマホ保証サービスの紹介は消したんですけどそういう不安がある人のために再度紹介しましょうかね。

ドスパラ「モバイルセーフティサービス」
http://www.dospara.co.jp/support/share.php?contents=mobile_safety

「もしスマホが壊れたら!」と不安な人はこのドスパラのサービスに加入しておけば大丈夫ですよ。

それか「格安スマホ(3万円前後)なんだから壊れたら買い替えればいいや!」と割り切って端末保証を付けないかですね。
6万円とか10万円するスマホなら壊れたら絶望しますけど3万円(※安さを優先すれば2万円以下もある)なら壊れたら買い替え!と思って端末保証を付けなければ月500円〜900円分くらい毎月の出費は安くなるわけですし。

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス