メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
03

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

日本とはレベルがちがう。これが本物の民主制デモ

さすがGIGAZINE。記事の質の高さといい、やっぱり格が違う。
日本のよくあるデモと一線を画すウォール街占拠の直接民主制「コンセンサス」とは?




群衆は牽引する者がいないとまともに機能しない。それは当たり前のこと。
一つの目的で集まった集団はリーダーを立てて、リーダーの指示に従い行動すればいい。
でも、ウォール街デモは主張が多数あって一貫していない。
じゃあ、どうやってその集団をコントロールしているのか?

実際に民衆が戦い、権利を勝ち取ってきた歴史のある国であるだけに
一人一人がちゃんと自分が主であるとの主張と行動力があり同時に今では他者の意見も受け入れようとする土壌がある。
民主主義の経験がしっかり蓄積されている。

このデモではリーダーの代わりに群衆の意見を集約し、群衆に納得してもらい指示を出す組織がうまく集団を牽引している。しかも組織のメンバーは固定ではなく自主制。誰でも参加できる。(運営の仕事も含め、潜り込んでくるスパイ・工作員の排除とか色々大変だろうけど)

だいたい集団の5〜6割程度がちゃんとコントロールできていれば正常でしょう。軍隊ではないので。


では、日本はどうなのか?
日本はこのアメリカの状況よりもっと楽な環境「主張すべきことがある程度決まっている」にも関わらず、
ぎこちない(目標を達成するまでの明確な戦術・戦略が見えない)、あるいは行動しない。

デモは自分のうっぷんを大声で叫んで憂さ晴らしをする活動では無く、自分たちの主張を相手にのませるための活動。

日本はアメリカの手法からまだまだデモの進行の仕方について学べる部分がたくさんあるのでは?
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス