メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

ワイモバイルの2000円台でネット使い放題ポケットWiFiの評判・注意点・デメリット

305zt03_01
© Broad-lte.jp
イーモバイルLTEが月額2,856円で使い放題!≪当サイト限定プラン≫月額支払い業界最安値。


<追記>
ポケットWi-Fiの利用を考えているなら現在はWiMAXがおすすめ。

ワイモバイルのポケットWi-Fi系は現在、速度規制が厳しくなり使いづらいと不評。

WiMAXの最安プランなら月額2,856円から始められてネット使い放題で利用できます。




<注意>この記事の内容は2015年2月15日時点での情報です。
現在、ここで紹介しているキャンペーンは終了しています。


ワイモバイル(Y!mobile)が高速データ通信LTEを2年間だけは速度制限(通信制限)を気にせず使い放題にできるポケットWiFi「305ZT」を発表しました。


一応期間限定(終了日未定)でいつ終わるかわからないのでこの機会に305ZTでポケットWiFi(2年間ネット使い放題)を使ってみるのもいいかもしれません。安いので。
(※確定ではありませんが、おそらく2015年5月10日あたりでこの305ZTのキャンペーンは申込受付終了予定。たぶん。)

ということで、
ポケットWiFi「305ZT」の料金と、特徴と、デメリットを順番に紹介していきます。




まず、「305ZT」の月額料金
料金が安い(だいたい2,200円〜4,000円とまばら)のですが、安いところは割引の内容がちょっと複雑なので
料金を分かりやすくしておきます。
知る限りではここが一番安いです。月額で2,075円(税込2,241円)。

» 100円PC市場(2015年8月をもって閉店。)

この100円PC市場のメニューに「パソコンセット」とか「タブレットセット」とかと並んで「データカード単品」というのがあるのでそのページの中の、
Pocket WiFi 305ZT【新規一括払】頭金4980円から申込みできます。



そして、なぜここだと月額で2,241円になるのかの説明。

まず、基本(ベーシック)の料金、
通常の料金だと月額7,500円

それを「にねんプラン」にすることで
基本料金が6,200円に下がります。
2年縛りの契約ですね。解約する時に解約金が発生するヤツです。

そしてにねんプランにすると今度はさらに自動で「おトク割」という割引が適用され、
24ヶ月間、基本使用料から2,504円/月引き。それ以降は、基本使用料から2,004円/月引きに。
だから
6,200円 - 2,504円 = 3,696円

この月額3,696円(税抜)が一般的な料金。
もしかしたら万が一違うかもしれないので自分で公式を見て確認してください→ワイモバイルオンラインストア

そして、ここから100円PC市場の割引です。

pocket WiFi「305ZT」を最初に一括で買うプランで契約することで「月額割引」という24ヶ月間-1,621円が適用されて、
月額3,696円 - 1,621円 = 月額2,075円(税込2,241円)

本体一括4980円というのは305ZTの端末代金で、本当は4万2,000円するけど4980円で一括全額払いしたことにするキャンペーンなわけです。だいたい3万7,020円引きの価格ですね。

普通は契約すると端末代金は「0円」(月額料金にこっそり上乗せ)というところがほとんどですが、それを買取で先に305ZTの端末代金を支払ったことにして、その代金分を24ヶ月間-1,621円で月額料金から値引きしたということです。たぶん。


だから初期費用として事務手数料3,240円と305ZTの端末代金4,980円の2つがかかって他のところより4,980円最初に払う額が多いけどそのかわり月額料金は格安の2,241円(税込)に24ヶ月間はなるというもの。(※一般だと月額料金は税込3,991円)

305zt01_01
http://webss.jp/emobile/305zt_one.php?dc41

ただし、用意した305ZTが無くなり次第終了の限定キャンペーンとのこと。
いつ終了するのかわからないので検討している人は早めに申し込んだほうがよいです。






100円PC市場の次にポケットWiFi「305ZT」の契約が安いところは、
激安&高速のモバイル回線なら【Broad EMOBILE LTE】

こちらも始めに初期費用を多く払う事で月額料金を格安にするタイプ。
現在、支払いをクレジットカードにすることで1万円キャッシュバック中(1年以上利用でキャッシュバック)(※期間終了している可能性もあります。ご自身で確認してください。)
どこから申し込めばいいかわかりづらいと思いますが、
上のメニューから「料金プラン」をクリックして、「月額最安プランで申し込む」をクリック。
そして、機種を選ぶところで「305ZT」を選んで申し込めばOK
申し込みページで月額料金がなぜか3,000円以上になっている場合は、「サポートオプションに加入する」がおそらくチェックされた状態なのいらない人はちゃんとチェックを外しましょう。



ポケットWiFi「305ZT」の特徴(メリット)

まず、
・月額料金が安い
2年間は月額で約2,000円台

WiMAXの場合だと
平均で約3,695円(税込3,999円くらい)

なのでワイモバイルのLTEポケットワイファイ(305ZT)の方が毎月1,000円以上安い。


2年間は速度制限を気にせず使い放題。
2年間は使い過ぎで速度制限がかかっても「通信量500MB追加が0円※本来なら500MBで500円

月間で通信量7GBを超えると通信速度の制限(速度制限・通信制限)がかかりネットのスピードはかなり遅くなってしまいますが、追加料金を払えば元の速度に戻せます。
その追加料金が2年間ずっと0円です。

だから7GB超えで速度制限になっても、500MBを追加すれば速度は戻るわけです。0円だから追加し放題。つまりネット使い放題。


・つながるエリアはWiMAXより広い
スマホで使われている回線(LTE)と同じものなのでつながるエリアが広い。
スマホの回線はカバー率だいたい99%でWiMAXはカバー率90%くらいだったと思います(※うろ覚えです)。




ポケットWiFi「305ZT」の欠点(デメリット)

・実はネット使い放題ではない
月間で7GB以上使っても追加料金0円で通信量を追加し放題ですが、その前に『3日間で合計1GB以上使うと速度制限される』という短期間でのネット使い過ぎによる制限は解除できません

3日間で合計1GB以上使うと速度制限がかかるので実質使い放題なのは月に約10GB程度までです。
だからポケットWiFi「305ZT」は本当はネット使い放題とは言えません

そう考えると本当に通信制限(速度制限)のないWiMAX(WiMAX2+サービス)のほうが魅力的。ただし、毎月の料金で見れば「305ZT」のほうが安い。



・ネット使い放題(月10GBまで)は2年間だけ
契約から2年経過すると月7GBを超えた時に500MB追加に500円かかるようになります。


・月額料金が安いのは2年間だけ
契約から2年を過ぎると割引が無くなるか下がるので、2年後は月額4,530円くらいになります。


・解約金(契約解除料)が9,500円かかる
にねんプランで契約することが原則なので更新月以外で解約すれば最低でも9,500円かかります


・LTE回線だけど本当に快適・速いかは断言できない

現在の305ZTの評判は、スタートしたばかりなので
「快適・サクサク・スピードが速い」と好評な評判が多い(2014年12月時点)ですが、スタート当初は会員も少ないので快適なのは当たり前。

そして会員が増えるにつれてスピードはある程度まで遅くなっていきます。これはどこも同じで開始当初は快適で日が経つにつれて混雑してきてスピードは遅くなっていきます。どこも一緒。

なので会員が増えてきた時にどの程度、速度が下がるのか、つながりにくくなるのかが不安要素です。

このポケットワイファイ305ZTで利用しているネット回線はソフトバンクとワイモバイル。

ソフトバンクとワイモバイルの評判はあまりよくありません。
ちなみにワイモバイルはソフトバンクの子会社なのでソフトバンクと同じと思ってよい。

つながりやすさNo.1とかスピードNo.1というようなアピールの裏で動画へのアクセス等を拒否したりしているというウワサがあり、動画へのアクセスを遮断すればそりゃつながりやすくなるし、混雑も緩和されるからスピードも早くなるでしょう。でも動画見れないならスピード速いのもつながりやすいのも意味が無いのでは?という批判もあります。

現在のポケットWiFi(305ZTより古いタイプ)は、
”つながりにくい、スピードが遅過ぎて使えない。”
”我慢の限界、解約金払ってもいいからすぐ解約したい。”
”毎月の料金より解約金で稼ぐ戦略なんじゃないか?"
と揶揄する声がたまに出ているのも事実です。(もちろん場所・環境によって快適さは違いますが。)

それぞれの主観の意見なのですべてのネガティブイメージを鵜呑みにはできませんが、懸念すべき点ではあります。





もし、そういう悪い事態(使いづらい状態)になった時に強いのは紹介した100円PC市場などではなく「Broad LTE」
激安&高速のモバイル回線なら【Broad EMOBILE LTE】

Broad LTEは契約した回線に不満がある時、0円で他の回線に乗り換えができます。

最初に紹介した「100円PC市場」などは解約する時に契約解除料27,100円(税抜)〜9,500円(税抜)を契約更新月以外では払わなければいけませんが、
Broad LTEの場合はだんだんポケットWiFiのサービスが気になるくらいにスピードが遅くなったり使いにくくなってきたと思ったら契約解除料0円で「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」に移行できるわけです。

ただBroad EMOBILE LTEは「100円PC市場」と比べれば月額料金は少し高く感じてしまいます。そこがBroad EMOBILE LTEの欠点。

しかし、もし例えば305ZTを通常契約して1年以内に会員数がどんどん増えてスピードやつながりやすさがどんどん混雑で悪くなり解約したい!となった場合、2万9268円の契約解除料がかかります。

そう考えると料金の安さでの魅力は少ないけど0円で乗り換えができるBroad EMOBILE LTEは安心を優先するなら選択肢に入ってきます。

例えば、
毎月約2,241円くらいだったとしても契約10ヶ月目で解約した場合、月額料金にすると
結果的に月額約5,168円払ったのと同じことになるので、
Broad EMOBILE LTEの月額3084円(税込)で解約金0円は魅力的。

悩みどころな点です。保険をかけて月額料金の安さを多少妥協するか、保険をかけずに月額料金の安さを選ぶかの判断。

ちなみにBroadWiMAXは、WiMAXサービスの中では月額料金は安い部類なのでおすすめ。




» 激安&高速のモバイル回線なら【Broad EMOBILE LTE】:月額3,084円(税込)

» BroadWiMAX

» スマホで速度制限を受けずに、さらに毎月の料金も安くする方法の話

» スマホを通信制限(速度制限)なしの使い放題にする3つの方法


家の中限定で通信制限無しでスマホもネット使い放題にできるADSL

安さと速さを両立している
楽天ブロードバンドADSL
» 月2000円台で家にネットを。楽天ブロードバンドADSLの評判と注意点

ソフトバンクユーザーしか入れないさらに安くて速いADSL
ホワイトBB
» 料金0円台から使える家のインターネット回線ホワイトBBの評判と注意点



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス