メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

スマホで安く電話するための電話アプリ(通話アプリ)一覧

rakutendenwa_02

スマホでの電話を安くする(0円とか)使える電話アプリ・通話アプリの一覧まとめです。

電話アプリを選ぶ前に最初の基本

スマホの契約プランには
『通常の(音声通話機能付きプラン)』
『ネット利用だけの(データ通信専用・電話回線無しプラン)』
の2種類があります。
※「データ通信専用」のほうが毎月の料金が安いヤツです。

音声通話機能付き(電話番号付き)の方は契約した時点で自分の電話番号があります。(始めが090、080、070の電話番号)
データ通信専用でも電話回線ではなくインターネットを利用した電話、IP電話(ネット電話)で電話はできます。(始めが050の電話番号)

音声通話機能付き(電話番号付き)の契約をしている人は普通の電話アプリとネットを利用して電話するIP電話アプリの両方使えますが、データ通信専用の契約をしている人はIP電話アプリしか使えないので間違えないようにしましょう。



いつもどおり先に結論を言っておくと、

●通常のスマホ(電話番号あり・通常通話機能あり)の契約プランなら
(1)家族や友達とLINEでつながっているならそのまま
LINEで電話。(0円)
(2)LINEでつながっていない連絡先などへの電話は
SMARTalk(1分16円)
(3)仕事などで使う電話には
楽天でんわで電話(1分21円)

●ネット利用のみのデータ通信専用の契約プランの人なら
(1)家族や友達とLINEでつながっているならそのまま
LINEで電話。(0円)
(2)LINEでつながっていない連絡先などへの電話は
SMARTalk(1分16円)
(3)仕事などで電話をかける機会が多いなら
050plusで電話(1分約3円〜18円)※別途月額料金が必要

注意点は、楽天でんわ以外は「IP電話(ネット電話)」なのでネットの通信量(パケット)が発生します。契約プランでのネット使い過ぎによる通信制限・速度制限に注意が必要。
電話でネットの通信量(パケット)を気にせず使えるのは上記のなかでは「楽天でんわ」だけ。

IP電話(ネット電話)アプリの知っておくべき特徴・注意点
SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
●ネット電話(IP電話)のデメリット(欠点)
(1)音質やつながりやすさは電話回線に比べると劣る
(2)ネットを使った電話なのでネット回線の調子に通話品質がそのまま左右される
(ネットがつながらないところではつながらないし、ネットのスピードに比例して通話品質も変わる。つまり通信制限状態で電話した場合なら、何言っているのか聞き取れない。)
(3)ネットを使った電話なのでネットを見るのと同じく通信量(パケット)が発生する。
(4)緊急連絡先の110や119など特定の電話番号にはつながらない

●IP電話のメリット(利点)
(1)基本的に普通の電話回線よりも安い(半額以下)
(2)同じアプリ同士なら通話は無料




 
電話アプリのそれぞれの説明を順に並べておきました。

安いのを選べばいいかというとそうではなく安いのは安いなりの問題があります。

まず、普段使いのものとして安くてそこそこ良い物(月額料金0円の電話アプリ)をまず一つ入れておいて、「他にも使いやすい電話アプリはこういうのがある」というのを覚えておき、状況に応じて使い分ければよいかと思います。


【1】無料通話できるアプリ(IP電話・ネット電話)
(月額料金0円・アプリ同士なら通話も0円


●LINE(LINEの無料電話)(IP電話・ネット電話)

LINE
[ダウンロード]→ LINEアプリ
月額料金:0円
LINEユーザー同士で無料(0円)で通話ができる。

【特徴】つながりづらい。通話品質は悪い。(固定回線のWiFi接続なら品質は良い)
LINEを使った無料通話のかけ方・受け方


LINEユーザー以外にLINEで電話する場合、
●LINE電話(LINE Call)

月額基本料0円
・1分約14円 (ケータイへ)  30日プランは1分6円
・1分約3円 (固定電話へ)
電話するときは前払いでクレジットを100円単位で購入

電話番号は相手には非通知になったりすることがあるので仕事では使いにくい。
発信はできるが着信はできない
LINE電話の始め方



●Skype(スカイプ)(IP電話・ネット電話)

Skype for iPhone
[ダウンロード]→ Skypeアプリ
月額料金:0円
スカイプ同士なら電話もテレビ電話も無料(0円)

【特徴】パソコンで電話するならSkype。ただし、スマホだと使いにくい。
スマホの場合、起動させていないと着信できないなどの欠点がある。

固定電話や携帯電話・スマホに電話する時の料金
1分6,7セント。パックで前もってプリペイド購入
Skypeアプリの始め方



●SMARTalk(スマートトーク)(IP電話・ネット電話)

SMARTalk -スマホの通話料をトコトン安くする-
[ダウンロード]→ SMARTalkアプリ
月額料金:0円
IP-Phone SMART(SMARTalk)同士なら電話は無料(0円)

【特徴】バランスがよいIP電話アプリ。月額0円で固定電話や携帯電話への通話も安く、通話品質もマシ。アプリも使いやすい。
契約すると050の電話番号ももらえる。月額料金0円なので契約しておいて損はない。

「IP-Phone SMART」と「SMARTalk」と名前が二つあるが、「IP-Phone SMART」というのがサービスの名前で、「SMARTalk」というのがそのサービスを使うための電話アプリの名前。
電話アプリを使うときにクレジットカードで契約が必要(無料)。その契約する先が「IP-Phone SMART」。

固定電話や携帯電話・スマホに電話する時の料金
・固定電話も携帯電話(スマホ)へも一律1分16円



SMARTalkアプリを始める手順

よりわかりやすい手順





●Viber(バイバー)(IP電話・ネット電話)

Viber
[ダウンロード]→ Viberアプリ
月額料金:0円
Viberユーザー同士なら電話無料

【特徴】IP電話の中では通話品質が良く、電話料金も国内の固定電話へは0円の期間限定キャンペーン等もあり、料金も安い。
ただし、利便上の理由で電話帳(アドレス帳)の個人情報を抜かれるので注意が必要
電話帳なので自分の情報だけでなく登録している他の人の個人情報も流出して迷惑をかける危険性があるので、セキュリティ面から見れば危険なアプリとも言える。

固定電話や携帯電話・スマホに電話する時の料金(参考例)
・固定電話:1分2.3セント(為替レートで金額は変わります)
・携帯・スマホ:1分9.8セント(為替レートで金額は変わります)
有料で電話をするときはクレジット購入の表示が出てくるのでそこで先に一定額チャージして使う。
Viberアプリの始め方




【2】電話回線を使った電話(音声通話)を安くするアプリ

●楽天でんわ(音声通話方式)

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-
[ダウンロード]→ 楽天でんわ(先に登録してからアプリをダウンロード)
月額基本料0円

・1分約21円  (30秒10円プラン)
・1分約42円  (3分0円プラン)※2015年1月までの期間限定
※6分を超える電話だと(3分0円プラン)のほうが損していく。

【特徴】
通常の電話回線での通話料金を安くしてくれるアプリ。
IP電話(ネット電話)と違って通常の電話回線なので電話がしやすい。
ネットの通信量も消費しないので通信制限(速度制限)を気にする必要もない。
利用料100円ごとに楽天スーパーポイントも貯まる。


http://youtu.be/x2W5s9EdXUA

同じように通常の電話回線での通話を安くしてくれるアプリには
「G-Call」「BIGLOBEでんわ」「U-mobile通話プラス」がある。どれも似たような安さ。






【3】月額料金が必要な通話アプリ(IP電話・ネット電話)

●050plus(IP電話・ネット電話)
050 plus~アプリ間無料通話/携帯・固定への通話も安い
[ダウンロード]→ 050plusアプリ(先に契約してからアプリをダウンロード)
月額料金:300円(税抜)
050plus同士なら無料。(050の固定IP電話も無料) 

【特徴】月額料金はかかってしまうが、IP電話の中では通話品質は良く固定電話への料金が安い。
仕事などで固定電話へよく電話をかける機会が多くIP電話でしか電話をかけられない状態の人にはおすすめ。

・ケータイへは1分17,28円
・PHSは10.8円
・固定電話へは3分8.64円
・固定電話から050へは11円

※アプリは起動させていないと着信できない




本当は、「Viber(バイバー)」が通話品質が良く、通話料金も安いので使いこなせる人にはおすすめなのだが、海外のサービスであることとセキュリティ上の問題点があり扱いが難しいのでおすすめはしていない。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい