メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
10
12
13
15
16
17
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

現実ではなかなかお目にかかれない天空都市「東京」の姿

tokyo_fog1_01

深い霧に包まれた東京の幻想的な世界。

NIKONの一眼レフカメラ・レンズを使って映像スタジオWOWによって生み出された作品
「TOKYO DENSE FOG」



 
TOKYO DENSE FOG


TOKYO DENSE FOG by WOW - NIKKOR Motion Gallery
https://youtu.be/wIFeTznNNN0




現実ではなかなかお目にかかれないまるで天空都市な東京の姿。



tokyo_fog3_01


tokyo_fog2_01


これはNIKONの特設サイト「NIKKOR Motion Gallery」に公開された映像作品。

NIKONの一眼レフカメラのムービー機能を使って撮られています。



これ、映像を紹介している多くのところでは朝の濃霧でまるで天空都市になった東京の意外な一面のように解説しちゃっているところが多いですが、残念ながらこれは現実の世界ではありません。


カメラ・レンズメーカーのNikonのサイトにあるのだからカメラ機能オンリーで撮られた作品なんだと勘違いしている人がほとんどですがちょっと違います。


東京の姿自体はNIKONの一眼レフで撮られた本物の東京の姿ですが、
霧はおそらくCG処理されたものです。実際の霧をより濃く加工しているか、がっつり物理演算・がっつり高度なレンダラーで作ったCGの霧を後から足しているかのどちらかでしょう。


こんだけの濃霧、本当にあったら視界不良すぎてクルマなら事故起こしまくりです。
危ないです。
死者がでますよ。



この映像作品を手がけたのはWOWという映像制作会社。
現実とファンタジーのちょうど中間を狙った作品だということで、WOW自体かなり本物とCGの見分けがつかないようなフォトリアリスティックなCG映像を作るのを強みにしているようです。


WOWの有名な仕事といえば、

NEWS ZEROのオープニングCG


https://youtu.be/eVRkRjrqfe8

他には、

ISSEY MIYAKEの2015年春夏コレクションのプロモーション映像


3D Steam Stretch - ISSEY MIYAKE Spring Summer 2015
https://youtu.be/LzVUtYGkGBc



実写映像とリアルなCGの合成とかが得意なのかもしれません。




でも、もしかしたらこんなすごい濃霧に東京が包まれる日が来るかもしれません。無いとは言い切れません。

もしそうなったときは、クルマや自転車で移動するのはやめて徒歩か電車を使って近くの高いビルとかから下界を見下ろして天空都市気分を味わいたいものです。

クルマや自転車とか自分で運転するものは視界悪すぎて危ないけど電車ならまぁ大丈夫でしょう。たぶん。

根拠は全くないですけど。



» WOW inc TokyoYoutubeチャンネル

» NIKKOR Motion Gallery


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 動画紹介    ジャンル : その他


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい