メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
8
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

約3万円で買えるノートPCクロームブック(Chromebook)は買いか否か



Googleのノートパソコン「Chromebook」。
3万円台で買えるノートパソコンでAmazonでも「Chromebook ストア」というところから販売されており、これは買いなのかどうかという推察。


「Chromebook(クロームブック)」は、海外で大人気らしい。
参照ニュース記事:
Googleの激安ノートPC「Chromebook」のシェアが急増、WindowsノートPCを脅かしている実態が明らかに
Google Unseats Apple In U.S. Classrooms As Chromebooks Beat iPads

アメリカでのシェア、特に学校などの教育機関への販売台数が2014年時点でiPadを追い抜き、ついでに一般でも既存のノートPCの35%以上がすでにChromebookという状況らしい。

そんなアメリカで大人気のChromebook、買いなのかどうなのかを推察していく。


まず、
「Chromebook(クロームブック)」の特徴
・安い
・起動が速い(約7秒)
・セキュリティの強さ
・OSはWindowsでもMacでもなく「Google Chrome OS」
・基本的にネットを活用して使うパソコン




結論を先に言うと、
「節子、これノートパソコンやない、ノートパソコンの形をした使いづらいタブレットPCや!」

ということのようです。


安いノートパソコンだと思って買ってはいけません。
結構インターネットをうまく使いこなせる人でないと買ってはいけません。
基本的にあまり買うことはオススメしません。


あまり買うのをおすすめできない理由は、
・性能が低い。
・自由度が低い。Windows、Macのアプリ(ソフトウェア)は使えない。そしてネットにつながった状態でないとほとんど使い物にならない。
といった点から。


このクロームブック(Chromebook)にそっくりなヤツ、過去にもありましたよ。

昔あったけど今はほとんど無くなった0円パソコン(ネットブック)と特徴はほとんど同じ。
ネットブックとは、2〜3万円と格安もしくはネット回線と同時契約で0円でもらえるノートPC(ノートパソコン)。
基本的にネットを見る程度だけの性能にすることで安くすることを実現した主にネットを見る用のノートパソコン。


ではなんで今ネットブックはほとんど見かけなくなったのか。
ネットブックより優れたものが登場して駆逐されたからです。


安くて(1万円〜3万円台)、性能は低い、ネットにつなげて使うことが前提。でも画面をタッチしたりして使う事ができて初心者でも使いやすい。

そう、タブレットPCです。


だからChromebookを買うくらいなら
タブレットPC買えばええやん
値段も安くてChromebookよりも使いやすくて自由度も高いし。
ということになります。



じゃあ、なんでアメリカで大人気なのか?

値段?
でもiPadも型落ちなら2万円〜3万円台で買える。

アメリカでは教育機関向けのクロームブックは割引価格で約1〜2万円、iPad Airは約4万円らしいので値段も理由としては大きいらしい
でも同じGoogleのOSのAndroidタブレットも安いやつなら2〜3万円です。
必ずしも値段が理由とは思えません。



耐久力?
繊細な作りのApple製品よりも中身がシンプルだからこそ多少頑丈っぽいChromebookが良さそうという決断?



ノートパソコンの形をしていてキーボードが付いているから使いやすい?
タブレット用のキーボードも売ってるのでキーボードが使いたいなら買い足せばいい話。



もしかして、使いづらさ?
もしかしたら程よい使いづらさ(自由度の低さ)が魅力なのかもしれない。

iPadは自由度が高いのに比べてChromebookはまずネットをうまくフル活用しながらでないと使えない。

学校などで生徒に使わせる場合、あくまでも教育なので自由に全方位で使える必要はない。
必要な機能を必要なだけ準備・追加・削除できる
「必要なものだけの最小限の状態で利用できるという不便さ」
が逆にウケたのかもしれない。

アメリカ企業でもChromebookを導入するところが増えているらしく、自由度が高いパソコンだとパソコン操作に弱い人が何かやらかしてトラブルが発生する確率も高く、トラブルの原因を特定するのも大変なのに対して、Chromebookは目的に合わせて必要最低限の状態で使うのでトラブルも起こりにくく、起きてもトラブルの原因を特定しやすい。
中身もシンプルゆえにセキュリティも強いということがウケるのかもしれない。



英語圏だから?
あとは、Googleは当然アメリカの会社なのであらゆる開発はまずは英語ベース。公開するサービスも英語圏用なので英語圏のユーザーならGoogleのサービスをフルに活用できる環境も大きい。
日本だと日本語バージョンにローカライズしないといけないので提供されているサービスの量は当然少なく、日本語バージョンの利用開始も遅くなる。





つまり、
「利用目的が明確」でそれはネットにつながっていればその目的は達成でき、それ以外の用途ではむしろ利用できないようにコントロールできるネット端末を探しているならクロームブック(Chromebook)は買いなのでしょう。



とりあえず、世間一般の人には買うことはあんまりおすすめできないもののようですね。
メインではなく2、3台目のサブマシンとしてはアリなのかもしれませんが。







関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい