メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
21
22
23
24
25
26
27
28
02

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

スマホも通信制限無し!auひかりでWiFi(無線LAN)の始め方

au_wifi
http://www.au.kddi.com/support/internet/guide/connection/auhikari/wirelesslan-wifi/

auひかり
元記事:auひかり、失敗しないための注意点&スムーズな申し込み・契約の手順


家の中でauひかりを利用すれば、スマホやタブレットは通信制限(速度制限)なしのネット使い放題にできます
が、
スマホやタブレットでauひかりを使うには「無線LAN」が必要になります。


無線LANをすでに買っているならそれを使えばいいのですが、
無線LAN持っていない場合は、
レンタルで借りるか、自分で買ってくる必要があります。



 
【auひかりの無線LANレンタルサービスを利用する場合】

レンタルするのが一番手っ取り早くて
月額利用料(税抜)0円・400円・500円〜の料金です。


» auひかりの無線LANレンタルサービス

簡単に説明すると、
auひかりを使うのに「ホームゲートウェイ」という家でひかり電話などを利用するのに必要な機器があります。auひかりに契約すると家に送られてくる宅内機器です。
その「ホームゲートウェイ」にすでに無線LANの機能が付いています。

そのホームゲートウェイの無線LANは通常ではOFFの状態で、
無線LANレンタルサービスに加入することでスイッチをONにして使うというもの。


ホームゲートウェイに付いている無線LANの規格(チャンネル)よりも高性能な規格(チャンネル)の無線を使ってより快適にネットしたい場合は、外付けの別の無線LANもレンタルできます。



0円(無料)でレンタルできるのはauスマートバリューに申し込んでいる人。
対象のauスマートバリューが適用されていれば無線LANのレンタル料は無料になります。

※この0円のサービスはホームゲートウェイの無線LAN機能をONにして使うサービスが対象。外付けの無線LANをレンタルする場合は対象外。


月400円・500円〜が通常のレンタル料金。
選ぶ無線LANによって月400円・500円があります。だいたい500円のほうです。



無線LAN「親機」と「子機」の説明

無線LANには「親機」と「子機」があります。

「親機」は電波(インターネット)を飛ばすもの。
「子機」はその電波(インターネット)を受け取るもの。

無線LAN機器として必ず必要なものは親機。
子機は基本的にパソコンやスマホ・タブレットの中にすでに入っている場合がほとんどなので基本的に必要ありません。

子機が必要なのは古くて子機の機能が入っていないパソコンを使っている場合とか
より速いスピードでネットをしたい場合に子機が必要になることがあります。


なので、子機も必要だと「親機」と「子機」の2つをレンタルすることになり、
540円+540円で月1,080円ほどの高めのレンタル料金になってしまうこともあります。


無線LANレンタルの設定方法





【レンタルサービスは使わず、自分で無線LANを用意する場合】

レンタルサービスだと、月400円・500円なので
年間で4,800円〜6,000円(税込みで実際は5,184円〜6,480円)

自分のものになるわけでもなく一年間だけでもそれだけかかるなら自分で購入して用意した場合のほうが当然安いと思う人もいるかと思います。


自分で買ってくる場合、
基本的に自分の環境にあった無線LANを選べばいいだけ。




例としては
安いのがいいなら

AtermWR8165N(だいたい2,400円)

子機もセットで欲しい場合は
AtermWR8165N(USBスティックセット)(だいたい4,280円)

→ AmazonでのAtermWR8165N一覧
→ 楽天でのAtermWR8165N一覧
→ Yahoo!でのAtermWR8165N一覧



多少高くても良い物で長く使いたいなら


Aterm WG1200HP(だいたい7,500円)

→ AmazonでのAterm WG1200HP一覧
→ 楽天でのAterm WG1200HP一覧
→ Yahoo!でのAterm WG1200HP一覧




その他の候補としては

Aterm WR8370N

Aterm WR9500N

など。


ただし、
注意点としては、自分で買ってくるということは接続や設定も自分でする必要があり、レンタルサービスのようにサポートはしてもらえません。
そういった機器の選び方や設定に自信が無い人はおとなしく「無線LANレンタルサービス」にしておくのがおすすめ。





» auひかり、失敗しないための注意点&スムーズな申し込み・契約の手順

» 【買う前にチェック】Amazonで安く買う裏テクニックの数々

» auひかり

» auひかり(公式サイト)




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : インターネット関連    ジャンル : コンピュータ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス