メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
29
30
06

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

フレッツ光の安心申し込み先。ラプター経由での申し込み手順と注意点

元記事:【フレッツ光】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順



フレッツ光の申し込み手順

rapter_top1

フレッツ光(販売代理店ラプター経由)

このラプターのウェブサイトがフレッツ光を申し込む時、条件が良心的なので現在のところ一番おすすめ。

<申し込みの時のコツ>
直接電話よりネット(申込フォーム)から申し込む

※この手の販売代理店の申込みや問い合わせは、直接書かれている電話番号に電話するよりも申し込みページ(申し込みフォーム)からしたほうが結果的にスムーズで速い。
電話でも受け付けているがちょっと質問などをしようとしても一旦専門の担当スタッフが折り返し数時間後に連絡(営業時間内)します等と言われてしまうなどがあり結局ネットからの申し込みの方がスムーズなケースが多い。


※ネットからインターネット回線を「申込み」や「問い合わせ」する時、必ず折り返しの連絡は「電話」で来ます。
この手順はどこから申し込んでも、必ず同じ手順。
なぜかは知りませんがどこも全て同じ対応だったので何かルールでもあるのではないかと。


申し込みの手順、
まず、「現在のキャンペーン」の確認。

ラプターはウェブサイトの作りが結構ごちゃごちゃしていて分かりづらいので以下に書いておきます。

キャッシュバックはたしか、
「ビックローブ光」ならキャッシュバックで1万円もらえる。
「So-net光」ならキャッシュバックで1万円もらえる。
「Marubeni光」ならキャッシュバックで2万円以上もらえる。
「OCN光」ならキャッシュバックで5000円もらえる。

となっているかと思います。(※金額が変更される可能性もあるので一応ご自身でも確認を。)

※他の販売代理店だと現在、キャッシュバックは0円か5,000円程度です。昔(2〜3年前)なら多い所は3万円ほどのところもありましたがNTTの方針変更で現在はほとんどキャッシュバックはありません。ラプターは高額なほうです。


» フレッツ光(販売代理店ラプター)

販売代理店ラプターで申し込んだほうがいい理由
理由はいくつかありますが、全体的にお客さんが損しないような良心的な料金にしている点です。

他のところと違って毎月の料金が高額になる有料オプション込みの契約などをする必要がなく上記のような高額キャッシュバック金額がもらえるという良心的な点。(※So-net光は除く)

そして、キャッシュバックは「フレッツ光が開通、サービス利用を確認後すぐ申請」と他と違って「もらい忘れをねらった罠」が無い。


他のところで申込むとキャッシュバックの申請が7ヶ月後や11ヶ月後と忘れた頃に申請をする必要があり、その指定した月の内に申請しないともらえない等、結構な割合の人が「もらい忘れ」をしてしまうようにしています。

ラプターはそういった「もらい忘れ」を狙わず、最初のフレッツ光支払い確認後すぐ申請できてキャッシュバックがもらえるというところも良心的。



●キャッシュバックの適用条件は、

「フレッツ光 + プロバイダー」の申し込み。
または「光コラボ」での申し込み。

つまり普通にフレッツ光を契約するだけです。
フレッツ光とプロバイダーは必ずセットで契約しないとインターネットそのものが使えないのでこれは最低限の契約。光コラボも中身はフレッツ光とプロバイダーのセット。

それ以外の有料オプションをいろいろ付けないと実はキャッシュバックはもらえないといったような難しい条件などはありません。(※So-net光は除く)

※プロバイダーについては後のほうで説明します。



 

そして、
次にフレッツ光の金額(料金)の確認。

ラプターだと料金を確認しづらいので
こちらの記事を見ていただければだいたいの料金がわかると思います。
【フレッツ光】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順

集合住宅(マンションやアパート)の場合の料金は、
月額 約3,600円〜約5,200円
この金額差はフレッツ光をいれる場所・環境によって変わります。なので自分で安い月額料金のタイプを選ぶことはできません。自動で決まります。
平均的にはもろもろ込み(プロバイダー料金も合わせた月額合計)で
月額4,000円台(4,200円〜4,800円くらい)。

戸建て(一軒家や戸数の少ないアパート)タイプの場合の料金は、

光コラボ系の場合は約5,300円前後
(プロバイダー料金も込みの価格)

フレッツ光+プロバイダーで契約する場合は、
[ 東日本 ]での月額料金は合計で 約6,200円前後
[ 西日本 ]での月額料金は合計で 約5,000円前後


難しく考えなくても前もって決めておく・確認しておく事は「3つ」


【1】家は戸建て(一軒家)か、集合住宅(アパート・マンション)か
戸建てはネット回線を実質ひとりじめできるのでスピードは速いがその分料金が高い。
集合住宅はネット回線を共用で利用するかたちになるのでスピードは戸建てより遅めだが建物の部屋数が多いほど料金が安い。


【2】有料オプションは付けるか、付けないか

ラプターで申し込むと良い意味でも悪い意味でも他のところと違って有料オプションの押し売りをしてきません。なのでそのまま申込むとシンプルな契約だけになります。
付けておきたい有料オプションがある場合は、事前に自分で確認して申し込む時に有料オプションを追加してもらいましょう。

フレッツ光の「有料オプション」の内容はだいたいこのような感じ。

(ここで紹介しているのは東日本フレッツの有料オプション。西日本や光コラボだと名前などが微妙に違ったりすることもありますがだいたい同じオプションサービスがあります。)

1.「電話」機能(サービス)は付けるか?ひかり電話
安いので無いよりはあったほうがいい家の固定電話。スマホやケータイがあれば必要ないという人や貧乏学生などには必要ない。個人事業などをやる人はあったほうが信用度はあがる。

2.「テレビ」機能(サービス)は付けるか?映像サービス
通常のテレビ放送から専門チャンネルなど種類はいろいろ。ひかりTVなどのメリットは「アンテナを付けなくても放送が見られるところ」

3.「リモートサポート・お助けサポート」は付けるか?(困った時の安心サポート)
ネットは設定とか使い方・始め方がわからなくて不安という人用の365日困った時に専門スタッフが助けてくれるサービス。→リモートサポート

4.「セキュリティ」機能(サービス)は付けるか?(フレッツ・ウイルスクリア)
※すでにセキュリティソフトを持っている人はいらない。自分で買ってきて自分で設定したほうが安く済みます。ネットで探せば無料のセキュリティソフトもあります。



【3】そして、プロバイダーをどれにするか。
現在、光コラボが主流なのでプロバイダーを選ぶということはそのまま一緒に光回線を選ぶということになります。

<フレッツ光(FLETS光)の主なプロバイダー>
  • BIGLOBE(ビッグローブ)
  • So-net(ソネット)
  • Yahoo!BB(ヤフービービー)
  • OCN(オーシーエヌ)



今のところ一番のおすすめ候補は
光コラボの「ビックローブ光」(プロバイダーはBIGLOBE)

キャッシュバック1万円 + 初期費用が4000円
マンションプラン月額4,080円
ファミリープラン(一戸建て・一軒家)月額5,180円
※初期費用は工事費を合わせて他では約1万円から2万4000円ほどするのが4000円で済むのもおすすめする理由。



二番目の候補は
光コラボの「Marubeni光」(プロバイダーはMarubeni BB)

キャッシュバック2万円 + 無線LANルーターが無料
または、キャッシュバック2万5,000円
マンションプラン月額3,880円
ファミリープラン(一戸建て・一軒家)月額5,230円
※無線LANルーター無料は期間限定のキャンペーンです。

なぜ一番のおすすめ候補ではないのかというと、
(1)最近出てきた光コラボなので品質・信用の程度が未知数
(2)初期費用の合計が1万9000円〜2000円。(ビックローブ光は4000円)
(3)契約単位が3年でしかも解約金が最大で4万1000円。(ビックローブ光は2年単位で9500円)
ということから二番目の候補として紹介しています。

※工事費は現在、1万円〜0円に割引キャンペーン中です。
※解約金の内訳は、
12ヵ月目以内の解約:36,000円
13~24ヵ月目以内の解約:24,000円
25~36ヵ月目以内の解約:12,000円
それ以降の解約:9,500円
さらにプロバイダーの解約金5,000円が発生します。(※更新月以外での解約)

なので、2・3年以内には絶対に解約しないだろうという人ならMarubeni光もおすすめです。


他、
「So-net光」は、キャッシュバックの条件に「くらしのお守りワイド」という有料オプション(月450円)の申込が必要。
さらにauセット割というauユーザーは月額料金が割引になるサービスがありますがそれを適用すると初期工事費2万4000円無料が適用できなくなる。
など選ぶには魅力が弱い。



「OCN光」は会員数が多く、さらに安さ優先なのでこれもあまりおすすめはしません。

OCNなどの安いプロバイダーというのは会員が多くなってくると、ネット回線が混雑しやすくなったりスピードも遅くなる可能性が通常のプロバイダーよりもあります。

『安いとみんなが加入する→安くしてるからなかなかネット回線設備を増強するお金が無い→会員が多いのにそれに見合った太いネット回線設備にできない→混雑して遅くなる』
だいたいこういう図式になります。
追記:OCNは光回線でもついに速度制限も始めてしまいました



フレッツ光のプロバイダーそれぞれの特徴は、

快適さや質を中心に選ぶなら「BIGLOBE(ビッグローブ)」。サービスの細かいところまで気を配るイメージがある。

BIGLOBE(ビッグローブ)と同じくらいの快適さや質なのが「So-net(ソネット)」

「OCN」は安いので加入者が多く、回線の混雑などが多めなのが欠点。

「YahooBB」はYahooBB自身の有料オプションが大量にあって結構ごちゃごちゃしてるので個人的にはあまりおすすめはしない。




そういった総合的なことから考えて、
選ぶなら、「ビックローブ光」
3年以上継続して使う予定なら「Marubeni光」を選ぶのもアリ。


フレッツ光+プロバイダーの契約なら現在はTikiTikiがおすすめ。




ということで、
以上の3つのことを決めておきます。

【1】家は、「集合住宅(アパート・マンション)?」「戸建て(一軒家)?」

【2】付けたい有料オプションはある?

【3】プロバイダーはどれにする?(どの光コラボにする?)


そして、だいたい決めたら、ページの上メニューにある「お申し込みフォーム」をクリックして申し込みページで必要事項を入力して申し込みします。

rapter_re1


スマホの場合は、ページの中にある「お申し込みフォーム」のボタンをクリック。
rapter_re2


» フレッツ光(ラプター経由)
「お申し込みフォーム」ページに行ったら各項目を入力していきます。

最初に「法人・店舗・個人事業主の方 」と「個人の方」のどちらかを選びます。

普通は「個人の方」です。お店や会社にフレッツ光を入れるという人のみ「法人・店舗・個人事業主の方 」。

「個人の方」を選ぶと回線の種類が出てきます。
現在は、
・OCN光
・ビッグローブ光
・So-net光
・Marubeni光
・フレッツ光+プロバイダ
・わからない
になっているかと思います。

NN_form_01


希望の回線(光コラボ)のおすすめは、
現在は「ビックローブ光」か「Marubeni光」。




入力したら申し込みしてひとまず完了。


申込みをしたら、その後に折り返しの連絡が来るので具体的に
・「その地域のその建物だと月額料金はこの金額」とか
・「プロバイダーはどれにするか。このプロバイダーだとこれぐらい得」とか
・「有料オプションは付けるか」などを
決めていきながら本申し込みを完了させます。

折り返しの連絡はまず確実に「電話」で来ます。
これはどこから申し込んでもインターネット固定回線は必ずこの手順のようです。
※キャッシュバック申請のやり方はどういう手順ですればいいのか等は一応この折り返しの連絡の時にくわしく聞いて確認しておきましょう。

<申し込む時に決めておくこと>

  • フレッツ光のプラン(普通の定額プラン? それともネットをほとんど使わない人用の安いライトプラン?光コラボレーション?)

  • プロバイダーはどれに?

  • 有料オプションは付ける?

  • 開通工事はいつ頃に?(ネット開通工事の当日は本人の立ち会いが必要なので自分がその家に居られる日時)

  • 毎月の支払い方法は?(クレジットカードにすれば無駄な手数料などが発生しません)
    カードを新しく作る場合は、メジャーどころは楽天カード
    それかP-oneカード。(P-oneカードは何もしなくても自動で支払いが1%引きになる)

20代でクレジットカードをまだ持っていない人は1枚は作っておきましょう。30代以上でクレジットカードを1枚も作った事がない人はカード審査にも通りづらくなるので。


【フレッツ光系の申し込みをする時に知っておくべき注意点】
フレッツ光系は初期費用として工事費がかかります。
建物の環境によって約4,000円〜2万4,000円ほどかかります。
実際は30ヶ月程度の分割でだいたい毎月100円台〜800円台を料金に上乗せで払うので大きな負担ではありませんが、工事費が実質0円にできる「auひかり」に比べるとちょっと高くなってしまうイメージがあります。

フレッツ系は限定のキャンペーンで工事費が0円、もしくはかなり安くなっているところが一応あるのでその中から選ぶことをおすすめします。
※土日祝日などの休みの日に工事を依頼すると3,000円の追加費用が発生します。



光回線(光インターネット)の申し込み後、
「本申し込み」から1週間〜2週間ぐらいで「申し込み受付完了」の通知がきます。
「この内容で申込みします!」→「お申込み受け付けました」※この手順だけでなぜか返事に1週間〜2週間かかります。

この時点で契約内容がちゃんと自分が申込んだ内容通りか念のために再確認しておきましょう。

そして、工事日は実際にいつにするのかを予約確認。
2、3日後が予約できる場合もあれば、1ヶ月先まで予約が埋まっていることもあります。
それと、土日にお願いすると追加料金3,000円前後が発生する場合があるので注意です。


早いと申し込みからインターネット開通まで10日ぐらいですが長いと1ヶ月以上かかってしまうこともあるので引っ越しの時は、引っ越し日の2週間前〜1ヶ月半くらい前に申し込んでおくとインターネット開通までスムーズにできます。
1ヶ月前に申し込んでも工事日の予約を2週間後や3週間後などの入居日後の日にちに調整ができるので。

ただし、2ヶ月以上前からの申し込みはやめたほうがいいです。申し込みから開通まで2、3ヶ月以上かかるとキャッシュバックなどが対象外になってもらえないことがあります。


» フレッツ光


もし、フレッツ光の開通工事がダメだった場合は、「auひかり」か「ADSL」で。




<スマホでフレッツ光を使う(通信制限無しの使い放題)には>
スマホやタブレットでフレッツ光(光コラボ)を使ってネットをする場合、無線LANルーターが必要です。無線LANルーターを持っていない人は買っておきましょう。










関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい