メモゴト・プレス

データ屋が厳選してお届けするゆるふわ情報セレクトブログ(特に光回線系は強め)

 
1
2
3
4
5
6
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

真剣に悪ふざけ。このオモシロ蛇口がヤバいw

大阪の株式会社カクダイという水まわり設備製造会社の水栓金具がおもしろいのでご紹介しておきます。

もちろん、通常の水まわり設備の製造をメインにしている会社なのですが、
あえてふざけた蛇口を作っているのが「Da Reya」シリーズ。
「Da Reya」は、「誰や!こんな蛇口つくったん!」の略かと思われます。

こんな感じのオモシロ蛇口がたくさんあります。


え!もしかして蛇口の中で水、メッチャつまってない?コレ!とか。



 
蛇口がやかん




傾けると水でる。



他にも、昔の井戸水をくみ上げるポンプ式とか。





これなんか外の蛇口にすると便利ですね。「工事中の水道管風」。



夜中に誰かが家の外の蛇口を勝手に使って水盗むかもしれないと心配な人はこの工事中風の水道管デザインなら知らない人はまさかこれから水が出るとは思わないでしょうから。
ただし、この形状だとホース取り付けられなそうなのがめっちゃ不安ですが。




これらの蛇口を作るまでや使い方のショートムービーも用意されています。


こういった蛇口をあえて作った理由は「親子の会話」「子供の想像力を高める」といったことのきっかけにしてほしいとのことです。

まぁ、生活の中でほぼ毎日目にすることになるのでテンションがあがるのは最初の1ヶ月くらいで後は飽きるでしょうから親子の会話がはずむのは現実的には1ヶ月くらいなのかな?と。


ただ家に遊びに来る人にとってはなかなか見れないのでインパクト大で話題や他の友達を家に呼ぶきっかけとしては大きな威力はあるかと思います。


ちなみに幼稚園・保育園なんかで人気だそうです。

なるほど!たしかに幼稚園・保育園だったら最大限にオモシロ蛇口としての威力を長く発揮しつづけられますね。

あと、飲食店でも蛇口をお客さんが使う機会があるところに設置したら面白いかもしれませんね。「蛇口が変」ということで、ちょっとしたお客さんの口コミ効果があるかもしれません。



蛇口なんてそうそう買い替える機会はありませんが、
なんとこれらの蛇口は「amazon」や「楽天」でも買えます。


手軽に買えて、手軽に蛇口のデザインを替えられるのもなかなか。



人にインパクトを与えたて喜ばせたい人は是非。



株式会社カクダイ・KAKUDAI MFG. CO., LTD

» Dareya蛇口(amazon)

» Dareya蛇口(楽天)






関連記事


テーマ : 住まい リフォーム    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏技の数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ
リンク
RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


運営者プロフィール:イワト調査員
元デザイナー。現在、データストラテジスト(通称:データ屋)。


元々はCG・VFX関連映像畑出身。大手企業のインハウスデザイナーを経て、広告デザイン関連のバウンティーハンター(賞金稼ぎ)になり日本トップを維持し続けていたが、超えるべき上がいなくて飽きたのとそもそも賞金額が少なかったので馬鹿馬鹿しくなり賞金稼ぎを辞め、現在はその能力を自分のために使ってまったりお仕事をしている。
経歴が中二病みたいなのが悩み。


ブログで提供している情報の品質は一応高いほう。みんな(大手企業・メディアも一部含む)が結構参考にしていくので。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。