メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
03

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

防災ラジオ・スマホ充電器の失敗しない選び方7つと注意点メモ



熊本・大分でシャレにならないクラスの地震がおきて家が潰れたりなどの映像を見てると鬼気迫るものがあるのであらためて防災グッズとして結構重宝する
「スマホの充電もできる多機能な防災ラジオ」の選び方をまとめておきました。

こういう多機能の防災グッズってけっこう粗悪品(ハズレ)も多いので、ちゃんと買い物として失敗しないものを選んで紹介しておきます。

まず、
防災ラジオ(多機能)を選ぶ時の基準7つ。


(1)手回し充電機能あり

bousai_radio_01
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-B09/index.html

個人的にはこれが一番大事な機能です。
ラジオについているハンドルを回すだけで充電できるという機能。
電池が切れた時でも自分で発電できるという機能は必要。

粗悪品の場合はハンドルがすぐ壊れる。ハンドルをまわしてもなかなか充電しないといったものが多い。

1分間の手回し充電で「20分以上使える」のが理想です。



(2)スマホ・携帯も充電できる機能付き
これもかなり大事。スマホ・携帯が充電できる環境は心強い。

スマホは充電しないと1日もたないなんて普通ですし、スマホで時刻の確認や連絡、情報収集などができるので充電ができるのとできないのとでは利便性が圧倒的に違います。

粗悪品だと「スマホ・携帯も充電できます!」と記載しておいてほとんど充電できないものも多いので注意。防災ラジオの充電機能を使って1時間かけて充電してもスマホ1分程度しか使えないとしても充電「は」できるのでウソはついていません。といった感じの性能のものがたくさんあります。

1分の手回し充電で「スマホの待ち受け状態20分以上が可能な程度」の充電ができるのが理想。



(3)ライト機能付き
LEDライトが良い。消費電力が少ないので。
できれば懐中電灯のように一直線方向を照らすよりも周囲を大きく照らすような範囲の広いライトのほうが災害時は便利。



(4)蓄電池あり
発電した電気を蓄えておく機能です。
コレが無いと自分で手回しして発電してもその電気を後で使うといったことができないのでかなり不便です。

粗悪品はさらっとこの蓄電機能が無いかかなり少ないものがあります。そうなるとハンドルをまわし続けないとラジオを聞けないライトを使えないなどひどいものになります。注意しましょう。



(5)できればサイレン(緊急ホイッスル)付き
これは災害時に命を守るといった点でいえば、一番大事です。
死んでしまってはラジオなんてあっても何の意味もありませんので。

これは夜中に地震で家が倒壊して閉じ込められただとかのときに助けを呼ぶ時に必要です。
閉じ込められている状態では相手から自分が見えることはほぼありません。
自分がいることを知らせなければなりませんが、ずっと声を出していつ来るともしれない助けを呼び続けるのはかなり無理があります。

なのでデカイ音を出すサイレンか笛(緊急ホイッスル)が大事。特に笛なら息を吹くだけでデカイ音で知らせることができます。




(6)できればソーラー充電(太陽光発電)機能もあると便利
便利ですよね。置いておくだけで勝手に充電してくれるので。

ただし、この機能にも粗悪品は多い。
ソーラー充電は性能にピンキリがあります。太陽光だけじゃなく蛍光灯の光でも充電してくれるものもあれば、太陽光でもほとんど充電できないもの、電池の残量が0だとそこからは他の充電を一回してからじゃないと空の状態からは充電できないものなど色々あります。

だいたい1000円〜2000円台程度の商品にソーラー充電機能が付いていた場合、ほぼ間違いなく粗悪品で使い物にならないものです。(電卓などは除く)



(7)防滴・防水機能
あったら助かりますね。水に強いタイプ。

調べた範囲では防滴はありましたが、防水はありませんでした。
「防滴」は軽い水しぶきや湿気の多いところでもある程度までは大丈夫というものです。水の中に入れたりどしゃ降りの中に置いておくとさすがに壊れます。





 
以上の7つの条件からできるだけ多くの条件をクリアしているものを選びます。

筆者がチョイスしたのは2つ。

Sonyの「ICF-B09」「ICF-B99」

「ICF-B09」が通常版の防災ラジオで、「ICF-B99」のほうがちょっと高機能版。


<ICF-B09>アマゾンでの値段 )( 楽天での値段 )( Yahoo!での値段



<ICF-B99>アマゾンでの値段 )( 楽天での値段 )( Yahoo!での値段



この2つのどちらか。

まず、なぜこのSonyの手回し充電ラジオを選ぶのか。

防災グッズってどこの馬の骨ともしれない無名のメーカーとかもたくさん出しています。そして電子機器関連は実際には使い物にならないような「粗悪品」が多い。

無名のメーカーなら表示している機能が実際には使い物にならなくても屁理屈言って逃げ切れます。
しかし、大手メーカーは使い物にならないものを売ると信用問題になります。
大手メーカーであるSonyならまともな製品を作る技術もあり、信用もあることがこの2つを選ぶ理由です。



そして、
条件(1)の手回し充電。
ICF-B09、ICF-B99、2つとも手回し充電です。理想の条件もクリア


条件(2)のスマホ・携帯も充電できる機能
これも2つとも条件クリア

bousai_radio_02
http://www.sony.jp/radio/products/ICF-B09/index.html


条件(3)ライト機能
ここで分かれます。

・「ICF-B09」がスポットライト(懐中電灯のようなライト)とソフトライト(広い範囲を照らすライト)の2つ。

・「ICF-B99」がスポットライト(懐中電灯のようなライト)の1つだけ。

ライト機能の面で言えば、ソフトライトが付いている「ICF-B09」のほうがおすすめ。



条件(4)蓄電機能
これも2つともあるので条件クリア。



条件(5)できればサイレン(緊急ホイッスル)付き
これも「非常用の笛」として緊急ホイッスルが2つとも付いています。

アナログの笛であるところが良い点。アナログの普通の笛なら自分の息だけですぐ鳴らせるなど手間が少ないのでこっちのほうが便利です。



条件(6)ソーラー充電(太陽光発電)機能
ここも分かれます。
ここが悩みどころです。

ソーラー充電が付いているのは「ICF-B99」

ICF-B09では、ソーラー充電は付いておらず、そこの部分にソフトライトが付いています。

災害時の使いやすさを優先するならソフトライトが付いている「ICF-B09」。
普段使いの便利さを優先するならソーラー充電が付いている「ICF-B99」。

個人的に選ぶとしたらソフトライトのICF-B09ですね。
ソーラー充電はあったほうが便利ですが、無ければ無いで手回しで充電すればいいので。
ソフトライトが無いと災害時、停電で夜は真っ暗になることも多いことを考えると手元などを照らしやすいソフトライトがあるほうが便利かと。



条件(7)防滴・防水機能
2つとも、水しぶきや少量の雨から本体を守る防滴仕様(JIS IPX4相当)なので一応条件はクリア。
ただし、防水ではないので過信はしないように。



この防災ラジオの「欠点・デメリット」

1. ラジオの音質。
あくまでも災害時に情報を聞くことを優先しているので音質は高品質ではない。だから普段使いでラジオの音質が気になる人には不満に思う点があると思います。


2. スマホ・携帯の充電
万能ではないので、全てのスマホ・全ての携帯に対応して充電できるわけではありません。

ただし、もし自分の持っているスマホ・携帯が充電対象外だった場合は、自分の持っている携帯やスマホに対応したモバイルバッテリーを用意しておいてそこに防災ラジオから充電→モバイルバッテリーからスマホ・携帯に充電とやれば充電することは可能です。



あと、高齢者やスマホ・携帯関連の使い方に疎い人は充電機能を使いこなすのが難しいと思うので近くに分かる人がいないと宝の持ち腐れになってしまう可能性もあります。
(※どのプラグがどのキャリアに対応しているかなどが分からない人には難しい)


3. コンセントから直接充電はできない
一応できますが、別売りとなる「USB ACアダプター」などを用意する必要があります。

※通常は単三電池2本での使用なのでコンセントにはつなぎません。



4. おそらく、頑丈ではない。
多機能な電子機器で重さも約400g。500mlペットボトルの飲み物よりちょっと軽い程度の重さなので思いっきり下に落としたりしたら壊れる可能性は高い。

衝撃に強いなど謳ってはいないのでおそらく頑丈な作りではないです。



5. 選べる「色」が少ない

黒(グレー)とオレンジと白(ホワイト)の3色あります。
選ぶならオレンジがオススメですが、ICF-B99は黒(グレー)しか無いのでオレンジは選べません。

なぜ、オレンジがおすすめかというと目立つ色だからです。
白やグレー・黒だと周りの景色と同化しやすく、いざという時に見つけにくい。オレンジだと見つけやすい。
だからです。




以上の条件と欠点を考えておすすめなのは、「ICF-B09」。



オレンジ色が選べて、ソフトライトも付いていて、値段もICF-B99よりも安い。



他にもたくさん安い防災ラジオはありますが、1000円〜3000円台のものは買わないほうがいいです。その値段でちゃんとした性能の商品を作るのはそもそも難しいので粗悪品の可能性大です。
安さにつられておもわず買ってしまうと結局、使い物にならず無駄金になってしまうことも多いです。





FM/AMポータブルラジオ ICF-B09

アマゾンでの値段 )( 楽天での値段 )( Yahoo!での値段




FM/AMポータブルラジオ ICF-B99

アマゾンでの値段 )( 楽天での値段 )( Yahoo!での値段



【買ったあとの注意点】
非常用としてずーーーっと使わないでいると内蔵バッテリーがダメになってしまう可能性があるので
内蔵バッテリーの保護のため、1年に1回はハンドルを1分ほど回して内蔵電池を少しだけでも充電しておくと長持ちします。




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス