メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

不正な組織票で大騒ぎ、ゆるキャラグランプリ。でも、にしこくん…個人的にはぶっちぎり1位。

にしこサムネイル
ゆるキャラグランプリ
もう投票期間は終わってます。いやー大騒ぎでしたね



「ゆるキャラグランプリ」に異変 一時「にしこくん」トップに躍り出る:J-CASTニュース

「ゆるキャラグランプリ」に2ちゃんねるからの大量組織票  「キャラへの愛情がない」と判断され、票数を修正される

ゆるキャラグランプリページ

にしこくんは、あからさまに2ちゃんねるでの組織的な投票がいたずらとして無効にされたけど、じゃあ、ほかのゆるキャラは組織票的なものがないのかというとそこも怪しいような。
地方のテレビ局かなんかが地元のキャラ投票を呼びかけるのは組織票と似たようなもんの気がする。

このグランプリの問題はゆるキャラが300体以上エントリーしてるのにキャラをいっぺんに見れるようなページがないことです。
300体いてもひとつひとつクリックしなきゃ見れないからまず間違いなく、20体程度も見ないで投票することになる。

だから、ただ単にうまく目立てたヤツか、バックに多数の組織票持ってるヤツが勝つ。だからサイトのランキング上位10で表示されてるヤツに票が集まる。

だから、にしこくんを1位にさせようという行動が起きた時点でにしこくんにキャラとして人を引きつける魅力があったんではないか?
こいつを1位にしたいという動機だけでフリメをわざわざ複数作って投票させてるわけで。


結果1位は、「くまモン」とやらになりましたが、個人的には「にしこくん」か「バリィさん」かな。

ゆるキャラ1位、2位
ゆるキャラグランプリより

でも「バリィさん」はありがちな顔なんだよなー
ちょっとモンスターファームのモッチーに似てるし。


それに比べて「にしこくん」は体調不良のポンデライオンみたいでいい感じだ。
にしこくん
Copyright nishikokun
にしこくんウェブサイト(グッズも売ってるみたいだよ!)

話変わるけど、
にしこくんのグランプリの写真はちょっとよく見せようと修正入ってるよね。実物の下半身にぬいぐるみの頭を大きめにくっつけてるように見えるけど。

実際にはこんな感じのはず。
にしこミニ

やべっ!やりすぎた。もうちょっと現実的にでかいか

にしこくんリアル
現実にはたぶんこのくらいの比率かと。

「くまモン」?なんか熊に似てるね。どっちかってゆうと圧倒的にメロン熊のほうが好き。






関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 本日気になったネタ    ジャンル : ニュース


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい