メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【フレッツ光・光コラボ選び】DMM光を選ぶ理由と注意点&申し込み手順

dmm光

高品質インターネット光回線!DMM光


インターネットで光コラボ(フレッツ光)の光回線を家に入れたい時に光コラボの種類が多すぎて悩むと思います。

どれを選んでも品質がアタリなら問題ないのですが、2017年現在はドコモ光の参入で利用者が激増してむしろハズレな遅い光コラボのほうが多くなってきているので選ぶ時にできるだけ失敗したくありません。

ということで、
現在ハズレの確率が極めて低い光コラボの『DMM光』の特徴や注意点、申し込みの流れを分かりやすく説明しておきます。
※実際にハズレが最も少ないのは『NURO光』と『auひかり』です。まだこの2つを検討していない人はDMM光の前にこの2つを申し込んでみるのをオススメします





 

【DMM光を選んだほうがよい理由】

(1)工事費が0円(キャンペーンで5月31日まで)
通常ならフレッツ光・光コラボは初期費用として工事費が1万8000円ほどかかりますがキャンペーンで0円。

※DMM光は「工事費無料キャンペーン」のほかに「月額料金割引キャンペーン」もやってます。
月額2220円!月額2920円!いった具合に謳っているものですが、工事費ではなく月額料金を割引で12ヶ月間300円か1000円引きなので「工事費無料キャンペーン」のほうが割引総額は高くてお得です。


(2)月額料金が安い
光コラボの中でもDMM光は月額料金が安い。
マンションタイプ(集合住宅)なら
月額3,780円

ファミリータイプ(戸建て・一軒家)なら
月額4,820円

さらにDMMモバイルも契約していると自動で毎月さらに500円引きになる。



(3)インターネット速度が安定して速い
DMM光は申し込み時に接続方式を「v6プラスタイプ」か「PPPoEタイプ」を選べます。
これはできれば「v6プラスタイプ」を選びます。

「PPPoEタイプ」は単純に言うと一般道を使うタイプのインターネット。
「v6プラスタイプ」は裏道も使えるインターネット。

v6プラスタイプなら一般道が多くの利用者で混んでいても裏道が使えるので安定して速いインターネットを利用できるという感じです。

それとインターネット速度が速いもう一つの理由としてDMM光は2016年後半から開始されたサービスで新しい光コラボなので利用者が少ないためインターネットスピードも出やすく快適。


(4)解約もしやすい
通常のフレッツ光や光コラボなら2年度の自動更新でちょうど2年目の更新月でないと解約違約金を払わなければいけませんが、
DMM光は最低利用期間24ヶ月(2年)を超えたらいつ解約しても解約手数料は0円です。
※ただし2年以内に解約すると9,500円の解約手数料が発生します。





【知っておくべきDMM光の注意点・デメリット

(1)キャッシュバックが無い
本来なら申し込むと1万円とか2万円ほどキャッシュバックが1年後にもらえるという光コラボがありますが、DMM光はキャッシュバックがありません。
そのかわり、工事費1万8000円がキャンペーンで0円。



(2)基本工事費以外の工事は有料なので注意
土日工事追加費用:約3,000円
(オプションサービス)DMM光電話 工事費:約1,000円〜5,000円
(オプションサービス)DMM光テレビ 工事費:約3,000円



(3)ファミリータイプの「DMM光2段階定額」はオススメしない
ファミリータイプ(戸建て・一軒家用)のプランで
通常が月額4,820円で、
「DMM光2段階定額」は月額3,720円〜
となっています。
これは一見DMM光2段階定額のほうが安そうですが、あまり使わなければ3,720円ですが、月10GB使うと5420円と通常よりも高くなってしまいます。
結局、通常の料金より高くなってしまうことが多い。
そして、インターネットのスピードも通常は1G(1000M)ですが、2段階定額は100Mと遅い。
なので「DMM光2段階定額」はあまりオススメはしません。



(4)申し込みから開通までの説明やサポートがけっこう雑。
安いからでしょうか。サービスそのものの品質はいいですが、申し込みから工事・開通までの案内や説明が結構いい加減です。
なのでインターネットの設定の仕方などは自力でするのは苦手というような人にはDMM光はオススメできません。




以上が、DMM光の特徴・魅力と注意点。



DMM光 申し込みの流れ


DMM光を申し込む前に決めておくことは、

・接続方式は「v6プラスタイプ」と「PPPoEタイプ」どちらにするか。
(おすすめはv6プラス)


・無線LANルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルするかどうか。
レンタルは月300円ですが、これは付けておいたほうがよいです。v6プラスを利用するには必要なので。

自分で買って用意するとだいたい1万円〜2万円くらいです。

DMM光v6プラス対応機器


・DMM光のオプションを付けるか

「DMM光電話」「DMM光テレビ」「端末保証サービス」「その他オプション」
と大きく4つがあります。

「DMM光電話(月額500円)」と「DMM光テレビ(月額660円)」は必要だと思う人は付けてください。

それ以外の
「端末保証サービス」「その他オプション」は必要ありません

» 高品質インターネット光回線!DMM光

DMM光キャンペーンサイトに入ると、
申し込む前にタイアップキャンペーンの詳細に同意するチェックがあります。
タイアップキャンペーンとは「工事費0円キャンペーン」のことです。

これに同意して申し込みます。

あとは、説明にしたがって進んでいきファミリータイプかマンションタイプかを選んだり、付けるオプションを選んだりして申し込むだけです。

いらないオプションはしっかり外しましょう。

DMM光に申し込むのと同時にDMM会員の登録もするので、DMM会員のパスワードを何にするかも考えておきましょう。


「コンサルティング希望日」という日時を選ぶところがありますが、これは申し込みの確認の電話を何時ごろに受けるかです。
インターネットの固定回線はどこでも必ず申し込みの確認はメールではなく電話で来ます。
どこの光回線も同じです。
なのでその電話に出れる時間帯を選んでおきます。


申し込んだあとにDMM担当者から申し込み確認の電話がきます。

電話ではたしか

接続方式は「v6プラスタイプ」にするか「PPPoEタイプ」にするかを聞かれます。
(おすすめは、v6プラスタイプ)

次に
無線LANルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルするか
(おすすめは、レンタルする。月300円です。)

あと、
場合によっては、オプションサービスを2ヶ月無料だから付けておきます。と言われるケースがあるので
必要のないオプションであればはっきりと
「2ヶ月無料でも必要ないので最初から付けないでお願いします」と言いましょう。


工事日の日程もこの段階で決めるのでいつごろに工事に来てもらうか決めておきましょう。工事は立会いが必要ですので自分のスケジュールもちゃんと空けておきます。
工事は1時間ぐらいです。


これで本申し込みは完了


あとは、工事日当日に工事して、家の中でモデムと無線LANルーターを設定してDMM光がつながるのを確認して開通完了です。


» 高品質インターネット光回線!DMM光




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい track feed メモゴトプレス