メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
28
29
30
31
07

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【飛蚊症の治療方法 結果発表】サプリメントと食生活で改善した話

飛蚊症(ひかしょう・ひぶんしょう)or蚊飛症の治し方

飛蚊症になった時に毎日取るべき食べ物とサプリメントを前回紹介しました。

前回記事:【飛蚊症】治療・改善のために毎日取るべき食べ物とサプリまとめ

飛蚊症は基本的に現代の医学では完全に治す方法はなく、エビデンス(根拠)のない民間療法しかありません。
でもやらないよりはやったほうがマシということで、
実際、自分も飛蚊症になったためその治し方を試していたのですが、結果報告をするのをすっかり忘れていたのでお知らせしておきます。

結果を先に伝えておきます。
『飛蚊症は改善しました。』

その具体的な改善方法・治療方法を解説していきますが、

まず、その前に自分は飛蚊症かもしれないという段階の人は
必ず眼科で診断を受けてください。

飛蚊症よりももっと深刻な目の病気かもしれないし、飛蚊症にも2種類あり、「生理的飛蚊症」と「病的飛蚊症」があります。

「生理的飛蚊症」なら今から紹介する改善方法が効くかもしれないのですが、「病的飛蚊症」は早急に手術が必要なものです。
「病的飛蚊症」は手術しないで放っておくとどんどん目が見えなくなっていきます。「生理的飛蚊症」とは別物です。
ちなみに病的飛蚊症の手術はレーザーでパチパチやってほぼ痛みもなく10分程度で終わるそうです。

まずは眼科に行って「生理的飛蚊症」と診断された人がこの飛蚊症の治し方をチャレンジしてみてください。
「病的飛蚊症」にはこれから解説する治療方法は全く通用しませんのであしからず。


ということで生理的飛蚊症の治し方です。




前回の記事では飛蚊症を治す方法として、

1.「ルテイン(めばえ)」
2.「黒ごま(すりごま)」
3.「ビタミンA(野菜)」

この3つを毎日大量摂取するということで解説していましたが、

やっていくうちに「ビタミンA(野菜)」をより効率的な取り方に変えていって、
その結果 飛蚊症の改善が見られたのでその方法をお教えしておきます。


まず、前回のおさらいも兼ねて3つを解説していきます。

(1)ルテインを毎日20mg以上取る

1日20mgまでの摂取が目の健康の現状維持。
毎日20mgを超える量が目を現状よりも改善する効果がある?というものです。

ちなみにルテインは、危険な目の病気「白内障」や「緑内障」、「黄班変性症」を予防する効果や、皮膚がんや大腸がんの予防効果もあります。

で、このルテインを食べ物だけで取ろうとするとかなり難しい(他の病気になってしまう)ので「サプリメント」で取ります。

しかしサプリで良質なルテインが20mg以上入っていてその効果を補助する成分もちゃんと入っているサプリメントは少なくて値段も高い。
(1ヶ月分だけで4000円〜7000円くらいしてしまう)
例:ルテイン40mg 朝のルテイン


ということでルテイン量が多くてルテインの吸収率を高める成分比率や構成がしっかりしていてできるだけ安く買える買い方としてめばえのまとめ買い&定期購入を紹介しました。



【ルテイン(めばえ)のおすすめな買い方】

めばえ」は定期便でさらにまとめ買いするほど安くなるので、1日40mg(2粒)で考えると、
「数量6個」で、お届け周期が「3ヵ月毎」で購入するのがおすすめ。

mebae_00

1日2粒(40mg)で毎日飲んでいくと考えたら1ヶ月に2袋(60粒)必要なので
3ヶ月分まとめ買い(6袋)の金額で8,865円(税込)。
1ヶ月あたり2袋で2955円という計算です。

普通に定期便で数量2個で買うと3500円になってしまうのが、数量6個のまとめ買い&定期便にすることで3000円以下。1袋計算だと通常1728円がこの買い方だと1477円になります。

ちなみに数量を12個にするとさらに約5%オフで買えます。


飛蚊症が改善した場合、40mg(2粒)も飲む必要がないと思ったら後から「数量を1個」に減らしたり「お届け周期を1ヵ月毎」にも変更できますし、定期便自体を中止することもできます。

» 機能性表示商品めばえ

【注意】ルテインの1日の摂取上限は約80mgとされています。それを超える摂取は体に悪いので多めにとっても1日80mgは超えないようにしてください。





次に、
(2)黒ごまを大量に摂取する

【黒ごまの選び方】

「すりごま」を選びます。
いりごまとかゴマペーストとかありますが、「すりごま」です。

高いやつは有機黒ゴマとかもありますが、それはどうでもいいです。
安いのでいいです。

スーパーで探せば売ってます、

こんな感じの平べったい袋のやつ。



これをティースプーンで山盛りで2〜3杯。
だいたい15gから20gぐらいでしょうか。

そのくらいの量を毎日食べます。




そして
(3)ビタミンAを大量に取る

ビタミンAの大量摂取でさらに眼球を健全な状態に修復します。

前回の記事では豆苗とか小松菜を日頃から食べるのをおすすめしていましたが、やっていくうちに方法が変わったのでそれをご紹介しておきます。

基準は「ビタミンA(βカロチン)」を野菜で大量に毎日取ること。

ということで、
ビタミンAは「人参(ニンジン)ジュース」で取る方法に変えました。
こっちのほうが大量に取れるので。
目標は1日にんじん1本ペースでの摂取です。

人参

まず、スーパーとかで「人参」を買ってきます。
3本入りで170円くらいでしょうか?

スーパーだとβカロチン(ビタミンA)がたくさん入っている野菜ジュースが売ってますが、
あれは買いません。スーパーとかで販売されている一般的な野菜ジュースは効果がほとんど無いという声が多いので。(そもそもビタミンAの量もそんなに多くない)


そして、人参と一緒に「りんご」も買います。

これで人参りんごジュースを自分で作って毎日飲みます。

なんでりんごを入れるのかというと人参だけだと青臭い味でつらいからです。
他のフルーツでもいいです。バナナとかでも。

そして、ついでですが、このニンジンジュースはガンにも効果があり、美肌効果も高いとそっちの方で有名なものだそうで、飛蚊症を治すついでにガン予防にも美肌にもなるというならいいことづくめじゃないですか!


【注意】人参は野菜の中では糖質が多いほうなので、医者から厳しい糖質制限をするように言われている人は担当のお医者さんに人参は大丈夫か聞いてみてください。健康体の人は全然気にしなくて大丈夫です。人参1本糖質15gくらいなので。1日で20本以上食べたらやばいですけど。

それと妊婦さんは何にせよ栄養のかたよった過剰摂取は避けるべきなので妊娠中はこの人参ジュースはおすすめしません。


ということで
【人参りんごジュースの作り方】

ちなみにガンの人が飲んでるのは「にんじん+りんご+レモン」のジュース。
市販でも販売されているようです→常温にんじんりんごレモンジュース
値段高いですね。命には変えられないので自分で作る手間よりもこっちを買ったほうがいいという人も多いかと思いますが、
自分はガンではなくただの飛蚊症なのでさすがにこの金額は日常的には出せませんね。

※人参とリンゴ以外になんでレモンを入れているかというと、人参を加工するとアスコルビナーゼが大量に出てそれがビタミンCを破壊するのでそれを阻止するためにレモン(クエン酸)を入れているそうです。



私は専門店のジュースは高くて買えないので家にミキサーがあったのでそれで自分でジュースを作りました。
なのでジュースというよりスムージーですね。

本当はスロージューサーでジュースにしたほうがいいらしいですが、そもそも効果が本当に出るかどうかわからないのにスロージューサーに約4万円なんて高い金を出すつもりは全く無かったので家にあったミキサーで作りました。

スロージューサーで作ったほうが作りやすいし飲みやすいと思いますのでスロージューサーを買うのもありだと思う方はそっちのほうがいいと思います。

ただし、スロージューサーにもピンキリあって1万円台のものも探せばありますが、そういった安物は水分の多い果物とかはジュースにできますが、ニンジンのように水分が少なくて固いものはほとんどジュースにできません。
ジューサーの値段の高さに応じて人参をジュースにできる量が変わるようです。つまり値段がそのまま性能差。選ぶ時は注意しましょう。
» 人参ジュースも作れるスロージューサー H-AA



ということで私はスロージューサーでは作ってないので一応、ミキサーでの作り方を説明しておきます。使う食材の量は同じでいいでしょう。

まず、買ってくる【ニンジンの選び方】

できれば、「無農薬」。
無農薬の表記がないならできるだけきれいな人参
(土などが付いていないキレイに洗浄されている人参)

そしてできるだけ「色の濃いもの」。オレンジ色が強いもの。
(色の強さがそのままビタミンAの多さになるので。)



用意する食材は、
・ニンジン:1本(だいたい200gから300gくらい)
・りんご:4分の1(ジュースの味をよくするため)
・水:適当な量

あとは、ジュースにするための「ミキサー」か「スロージューサー」。

これで1日分(一杯分)のニンジンジュースを作ります。


まず、ニンジン一本を水洗いして1cm程度の幅に切ってミキサーに入れます。
一本まるごと入れるとミキサーが動かなくなるので。

スロージューサーならまるごといけるのかもしれませんが、残念ながらミキサーなので切って小さくしてから入れます。
だいたい量的には人参1本で200から300mlぐらいです。

ニンジンの頭の部分と先の部分は切って捨てますが、ニンジンの皮は剥きません。面倒臭いので。


そして、次にりんごを4等分に切って4分の1個をさらに小さく切ってミキサーに入れます。
味をよくするためにりんごを入れるので4分の1個で十分です。
私は青りんごを使ってます。青りんごのほうがおいしいので。バナナでもいいです。


そして、水を入れてミキサーで混ぜてニンジンスムージー(ニンジンジュース)の完成です。

※ビタミンCのためにレモン汁も入れたほうがいいのでしょうが、人参ジュースでビタミンCを取ろうとは思っていないので自分は手間をはぶくためにレモン汁は入れてません。



【人参ジュースの飲む頻度は?】

毎日飲めるならジュース(スムージー)として毎日1杯(だいたい300ml〜450ml)くらいの量を飲んだほうがいいですが、
私の場合は一杯のニンジンの量を1.5倍くらいに増やして2日飲んで1日休んでまた2日飲んでというふうにしていました。

なぜかというと
「毎日飲んでいると飽きる」
「作るのとミキサー類を洗うのが超面倒くさい」

一週間分くらい作り置きしておけばいいのではないか?と思うかもしれませんが、

基本的に作り置きができません。

人参をミキサーですりおろした時点で水と酸素でまんべんなくかき混ぜてしまっているのでニンジンの栄養素がスムージーを作った瞬間から減っていきます。

だいたい24時間で栄養素が半分近くにまで減るそうです。

つまり作り置きができるのはせいぜい次の日の分くらい。

なので私の場合は今日の分と明日の分ということで2日分作って飲んでいます。


最初のころは毎日作っていましたが手間がかかりすぎるので一度に2日分作るようにしました。

そして、ずーっと毎日飲み続けていると2週間ぐらい経って気持ち悪くなってきたんです。
毎日すりおろした人参とりんごを450mlぐらい飲んでるので気持ち悪いのと飽きてくる。
なので2日飲んで1日休んでというふうにしました。



そして、そのかわり2週間に1食程度「レバー料理」を食べるようにしました。

レバーだと圧倒的にビタミンAが多くて一食で1週間から10日分くらい簡単に摂取できるからです。

じゃあレバニラ毎日食えばそれでビタミンAが十分取れるじゃないか。
と思うかもしれませんが、
動物系の食べ物から摂取するビタミンAは食べすぎると健康を害するので大量に食べてはいけません。
※野菜系のビタミンA(βカロチン)は大量にとっても大丈夫です。

レバー料理を毎日食べると体に異常が出てきて健康を害します。あとプリン体も多いので痛風になります。

話がそれますが、プリン体つながりで一番プリン体が多い食べ物は鰹節と煮干し・イワシです。
鰹節100gで運が悪ければ1日の上限400mgのプリン体を突破します。
イワシとカツオは毎日大量に食べると痛風になる可能性が高い。一応注意しましょう。



目標としては、毎日ニンジン一本のペースでの摂取です。

ジュースは味をりんごの他にバナナとかのフルーツを変えて味を飽きないようにしたりとか、
ジュースで飲まなくても
ニンジン一本をぶつ切りにして茹でて柔らかく甘くしてシーチキン(ツナ)とマヨネーズなんかと和えて食べたりとか料理で摂取してもいいです。料理の中のニンジンの存在感がエグいですが。

レバー系に全面的に頼るのはおすすめしません。あくまでも補助です。





ということでまとめると

・「人参ジュース(にんじん1本分)」を飲む。

・「黒ごま(すりごま)」をスプーンで大盛り2〜3杯食べる。

・「ルテイン」を毎日40mg(めばえなら1日2粒)飲む。



この3つを毎日やることで飛蚊症の改善がみられました。


順番は、まず人参ジュース(人参スムージー)を飲みながら一緒に黒ごまも食べます。
これはスムージーにそのまま黒ごまを混ぜて飲んだら楽だとは思いましたが、人参スムージーの中には入れずにちゃんと黒ごまは別でよく噛んで食べてます。
そうしないと黒ごまの栄養をあまり吸収できないので。

そしてニンジンスムージーと黒ごまと一緒にルテイン2粒を飲んでました。

ルテインとβカロチン(ビタミンA)は脂溶性で油と一緒にとることでより吸収しやすくなります。黒ごまは油を多く含んでいるのでこの組み合わせは一石二鳥どころか一石三鳥効果です。


人参スムージーを休んだ日は「黒ごま」と「ルテイン」だけの摂取です。

人参スムージーを飲まない時は代わりに人参を入れた料理を食べてもいいし、豆苗を食べてもいいです。



豆苗もそこそこビタミンAは多いので。






具体的な現在までの経緯を説明すると、
飛蚊症と診断されてからこの治療方法を開始したのが2016年9月(ルテインを取り始めたのはさらに2ヶ月くらい前)。それからずっと続けて改善がみられたのが2017年1月頃。
なので約半年かかりました。

で、完全に治ったかというと『治ってません。』

2月中旬から仕事が超多忙になり、1日12時間以上のパソコン作業などを4月までやっていたため、その間はニンジンスムージー&黒ごまもルテインもほとんど摂取せずにいたら5月ごろにはむしろ以前より悪化しました。

2017年1月の時点でだいぶ飛蚊症が改善していたので完全に油断してました。

しばらくやらなくても大丈夫だろうと思って忙しかったこともありルテイン・ニンジンスムージー&黒ごまの食生活を3ヶ月やめた結果、前よりも悪化して
現在再び治療中です。



とりあえず、やってみた結果、改善はみられたので自分としては飛蚊症に効果ありです。


ただし、これは一個人での結果であり、医学的な根拠は全くありません
治す方法・治し方が無いと言われている以上、とりあえずできることがあるならやってみようということでやったものなので、2、3ヶ月やってすぐ効果がある人もいれば、1年以上やらないと効果が出ない人、数年やってもまったく改善しない人もいるかと思います。

とりあえずダメもとでやってみる価値はあるという治療法です。

100%効果を保証するものではありません。全ての人に効果があるとは思っていないので。


でも飛蚊症を治したいと思っている人ならやってみる価値は十分にある治し方ではあると思います。


そもそもルテインを大量にとることは、失明する危険性のある白内障や緑内障など目の病気を予防する効果もあるとされており、ビタミンAの大量摂取はガン予防・ガン抑制の効果と美肌効果もあるとされているので、健康の面から考えても良い健康療法だと思います。




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

サイト概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい