メモゴト・プレス

底が抜けるんじゃないかってほど底の浅い 話題セレクトブログ(ときに濃厚)

 
1
2
4
5
6
8
10
11
12
13
14
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

プリンターのインク、本気で安いところ。まとめ一覧
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引越し先のインターネットの失敗しない選び方
【買う前にチェック】Amazon(アマゾン)で安く買う裏テクニックの数々
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【絶対知っておくべき買い方】Photoshopなどの高価格Adobeソフトを誰でも(会社でも)超得に買う方法

Adobe Photoshop Elements 12 Windows/Macintosh版Adobe Photoshop CS6 Extended Windows版

[最新追記]

現在、一般で販売されているのは、月払いのAdobe Creative Cloudのみです。

一応、まだCS6自体もAdobeサイトでのみ密かに販売継続中です。
「言語を選択」→「日本語」でダウンロード購入が可能。
» CS6正規品(永久ライセンス版)ダウンロード購入

買い切りタイプ(永久ライセンス版)をもっと安く買いたい方はこちらの中古品・新中古品などから。
Adobe ソフトウェア
こちらで買う場合には以下の事に気をつけながら買ってください。

1. 新品か?それとも中古か?
失敗したくないなら新品か新品未開封のものを。

2. それはWin版(ウィンドウズ版)ですか? Mac(マック版)ですか?
自分が欲しい方を見落としたり間違えたりしないように気をつけましょう。

3. それは通常版ですか?アカデミック版(学生版)ですか?アップグレード版ですか?
通常版が普通のソフトウェア。
アカデミック版(学生版)は学生でないと購入できません。
アップグレード版は古いバージョンのAdobeソフトをすでに持っている人専用。

4. 中古の場合、ユーザー登録できるものか
できないと持ち主が違うので商用利用ができない(仕事で使えない)などの問題がでてきます。
5. 中古の場合、譲渡申請の手続きはできるのか
ユーザー登録同様、譲渡申請をしないと購入しても自分は所有者にはなりません。
6. 中古の場合、ライセンス認証は解除されているか
解除されていないとソフトを使えない場合があります。

7. 間違ってソフトじゃなくて解説DVDとか買わないように。



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の賢い買い方はこちらから
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました

【学生はこちら】2014年7月1日確認で学生版が大幅値下げ中。
約3万6,000円→約2万4,000円。

» 【学生チャンス】Adobe CCの学生(学割)版が期間限定でかなり安い(1ヶ月2,000円以下)


2014年『 4月25日 』まででCS6の販売終了が決定
●この記事にある絶対知っておくべき買い方は終了しました。●


今のところ、
誰でも(会社でも)Adobeのソフトを最も安全・簡単・超得に買える方法をご紹介しておきます。
※現在の月額レンタル方式(2,200〜5,000円)のAdobe CC (アドビ クラウド)との比較は後の方に記述してあります。


先に教えておくとここで買うという方法なんですが、
アドビのプラチナスクールパートナー認定校での購入
オススメする理由は以下に↓



Photoshop(フォトショップ)を始めとするIllustrator(イラストレーター)やAfter EffectsなどのAdobeソフト(通常販売品)は値段が高額。一回買ってしまえば半永久的に使えるわけですが単品で約5〜12万円、セットでも15〜33万円というべらぼうな価格帯。

しかし、学生だとその通常価格の半額以下(だいたい6〜8割引き)という価格で買えます。

参考例:学割価格なら約12万円のものがこのくらいまで安くなります。
『フォトショップ』 左がウィンドウズ(Windows)版、右がマック(Mac)版

学生・教職員個人版 Adobe Photoshop CS6 Extended Windows版 (要シリアル番号申請)

新品価格
¥33,831から
(2012/5/25 03:55時点)



学生・教職員個人版 Adobe Photoshop CS6 Extended Macintosh版 (要シリアル番号申請)

新品価格
¥33,831から
(2012/5/25 03:59時点)



でも当然この学割価格、一般の社会人は買えません。
(買える条件が"学生である証明"が必要なので。)

ですが、
実はちゃんと正規の方法で(違法ではなく)新品をほぼ学割価格で買う方法があります。



 
その買い方が、こちら。

アドビが認定した指定校の通信講座とセットで買うという方法で、

ソフトの中身は製品版と同じで、
・通信講座期間が終了した後もソフトはずっと使い続けて大丈夫。
仕事で使っても問題無し(商用利用OK)※法人(会社)の利用も一応可能。


その通信講座とセットの値段一覧がこちら↓
Adobe(アドビ)ソフト一覧。(ストリーミングの動画講座付き)
(しかもソフトはWindowsとMacの両方に対応。WinとMacのどちらかを選ぶ必要も無し)

ここで多くの人が不安になるのが、
「でも最低3ヶ月は講座・授業を受けなきゃいけないんでしょ?」
と思ってしまうわけですが、


実際は、3ヶ月の通信講座なので学校に行く必要はありません。必ず提出しなければいけない課題やテストもありません。だから頑張って勉強して卒業する必要もありません。

ネットでソフトの使い方を教える動画講座などが3ヶ月の間、見れるということだけです。

つまり普通に買うのにプラスして使い方の講座のムービーが一定期間見れるなどの特典付きという感じなのです。


こんな値段で買えるなんて実際、本当に大丈夫なの?
と思うかもしれませんが、これはどういう仕組みかと言うと、

アドビが認めた指定校のオンライントレーニング通信講座(最短3ヶ月の受講)といっしょに買うことで特別にその人は「一時的にアドビソフトを学習(トレーニング)する学生とみなし特別学生版(指定校学生版)が買えるよ」という制度をAdobe(アドビ)自身が実はこっそり用意してくれているのです。

※現在、さらにビデオオンマンド通信講座というのも追加され、さらに値段が安くなっています

Adobe(アドビ)ソフト一覧。(ストリーミングの動画講座付き)
(ソフトはWindowsとMacの両方に対応。どちらかを選ぶ必要もなし。)

特別学生版(指定校ライセンス)のわかりやすい説明はこちら


値段が値段なので不安がる人もたまにいますが、『大丈夫』です。紹介しているのはAdobe自身が明確に認定した指定校で、運営している企業もちゃんとした大手の有名な企業系列です。


これを学生が買うメリットは、WindowsとMacの両方に対応している点
どちらにも対応している方が入れられるPCの種類に左右されないので便利。普通の学生版(学割価格版)はWindows版とMac版のどちらかを選ばなければならないので、値段的にはほとんど変わらず両方に対応しているものが買えるという点が魅力。
» 通常の学生版(学割価格版)の一覧リストはこちら
















最近、Adobeは「月額レンタル方式」に移行して月々2,200〜8,000円でソフトが利用できるようになり、一見今までよりも安くなったように見えますが、便利にはなりましたが、一概に安くはなっていません。「便利にはなりましたよ、便利には。」
参考:Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)は、結局どうすれば一番得になるのか


アドビの以前の通常販売価格と比較すると「約33万円したのが月々5,000円、約7〜9万円したのが月々2,200円は結構安くなった」と思っていたかもしれませんが、ここの通信講座とセットでの価格で比較すると大きくちがってきます。。

通信講座とセット(Adobe CS6)とAdobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)の毎月レンタル方式をトータルで比較するとAdobe CS6のほうが安い。

だいたい2〜3年。この利用期間を超えるとAdobe CC(毎月レンタル方式)のほうがAdobe CS6(普通に購入する方式)よりも出費がどんどん高くなっていきます。



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の良いところは、便利で快適なところです。

どちらを優先するかですね。

最新機能は使えないけどトータルでは安いAdobe CS6か、バンバン最新機能が使えるAdobe CC(クラウド)か。


だいたいプロの人でも新バージョンが出ればすぐ買い足す人もいれば、逆に6〜10年アップグレードもせずにそのまま使い続けている人もけっこういます。

新しいものは不具合やトラブルが起こりやすいことと、Adobe(アドビ)のソフトは古いものでもほとんど完成されていて使い慣れているほうがあまり不満が無い・買い足す必要性をあまり感じないということも長く使い続ける理由なのでしょう。


どうやったらそんな6年〜10年も古いままのソフトを使い続けられるかというと、OSが他のソフト等と合わなくなってきたらそのPC(パソコン)はCS6専用の作業用サブPCにして使い続ければ10年使い続けるのも可能です。


CS6で主要ソフト全部入りのマスターコレクションだと約12万円。10年で比較すると、CS6は買った金額のまま10年で約12万円の最初の出費だけですが、クラウドだと約50〜60万円になります。

10年で考えると金額の差はかなりデカいですね。


Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)情報
初期の頃よりだいぶAdobeがルールを改善して、Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)はより扱いやすくなってきてはいます。


Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)で新しくルール変更された点は、

・今まではAdobe CCで新しいバージョンが出ると1年の猶予の後、強制的に新しいバージョンに移行させられるというルールだったが、猶予が「5年を検討」もしくは「強制移行そのものを撤廃」の可能性に変わった。

・CS6(旧バージョン)もダウンロードして使えるようになった。

・学生料金が4000円という割高価格から3000円へとやっと学割といえるレベルに価格が下がった。



【最新記事・最新情報はこちらから】
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。





関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

自分が被災地に住めよ
福島の原発付近に住めよどうせ自分の地域が震災にあって瓦礫いっぱいになんないと気持ち分かんないんだな
Re: ブログ記事と関係ないコメントなのであとで削除しますね
> 自分が被災地に住めよ
> 福島の原発付近に住めよどうせ自分の地域が震災にあって瓦礫いっぱいになんないと気持ち分かんないんだな

ただのなんの建設的でもない根拠のない独り善がりの罵倒、ありがとうございます。

せっかくなのでここでわかりやすく説明しておきます。

自分が言っているのは、瓦礫は被災地で復興需要に対応したリサイクル・活用をすればいい。
危なくないのに風評被害で受け入れてもらえないと言いたいんでしょ?
じゃあ、その場で活用しても問題ないのでは? 物的資源ですから。
そういうことがスムーズにできるように法改正をすることが必要。
瓦礫を全国にまき散らそうという動きは非効率。

被災者は被災地外が受け入れやすくなるような体制作りをする。

そういった措置を行なっても被災地を離れられない人の理由は、
「そこに復興需要があるから」
「ずっと昔から住んでるから離れる事が考えられない」←これの気持ちはわかる。でも自己責任。
ということが考えられる。

自分の意志で危機回避をしない、もしくはできないのを
他地域の人とただ自分の子供を守りたいという親の人達の「瓦礫受け入れ拒否」という行動を罵倒するのは全くの筋違い。


 > 福島の原発付近に住めよどうせ自分の地域が震災にあって瓦礫いっぱいになんないと気持ち分かんないんだな

私が被災者だと仮定してお答えしましょう。汚染地域よりも離れた場所に「引っ越します」。
「お金がなくても、生活の見通しがたたなくてもです」。
それでも地元愛でいずれは地元に戻りたいという考えがおさまらないのであれば離れた地域からちょいちょい復興に加勢しに行きます。

はい、解決しましたよ。


こういうのを見てると本当、戦争時の頭のおかしい日本人の行動と酷似していて不快。
「一億総火の玉」「欲しがりません勝つまでは」
こんなものはちゃんと未来を見据えた助け合いではない。ただの不幸のおすそわけ。
これは
大丈夫でしょうか?

詐欺とかではないですよね。
36000円+さらにお金掛かりますとか、そういうことは無いと信じたいのですが。

今PhotoshopElements2.0がガクガクしだしたので、新しく買いなおそうとしています。
もともとオマケ(タダ)でくっついてきたソフトだったので、正規版が高くて驚きました。

買い換えたいけれど、元手が無いし、、、と思っていたのですが。

美味しい話には裏がありそうで手を出さずにいます。
Re: これは
事前にしっかりと調べたうえでの記事ですので大丈夫だと思いますが、Adobeは突然ルールをコロコロ理不尽に変えたりするので、一応不安な点が拭えないのであれば「たのまな」へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

「たのまな」はヒューマンホールディングスという優良大企業の系列会社です。Adobeよりも信頼できます。
ヒューマン系列の会社が詐欺まがいのことをしてるなんて話は今まで聞いたことがありませんので。



> 大丈夫でしょうか?
>
> 詐欺とかではないですよね。
> 36000円+さらにお金掛かりますとか、そういうことは無いと信じたいのですが。
>
> 今PhotoshopElements2.0がガクガクしだしたので、新しく買いなおそうとしています。
> もともとオマケ(タダ)でくっついてきたソフトだったので、正規版が高くて驚きました。
>
> 買い換えたいけれど、元手が無いし、、、と思っていたのですが。
>
> 美味しい話には裏がありそうで手を出さずにいます。

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏テクニックの数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


カテゴリ






ブログパーツ

RSSリンク

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。


» 広告掲載のご依頼について


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。


ランキング
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ にほんブログ村 ネットブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログへ

フィードメーター - メモゴト・プレス
BS blog Ranking ブログ王ランキング



あわせて読みたい